スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうそろそろ

終了っぽいかな・・・?
あれからハナゴンドウ、そしてラストのイロワケイルカもLv.3となりまして。いや長かったな…。そして最近「!!!」が思うように出せんくて参った。一旦そうやって出させないとフリーでもやってくれんからねぇ。まあしかしー、これでイルカはコンプしたといっていいでしょう。
そして残るはサルベージの一種類。絵画でねー、何がまだかは判ってるんだ。浮世絵なんだ。そいういうわけで、出やすいと思われるコルティカ川上流とかヴァルカ城とかを攻めてみる。せっかくだからイルカたんにも頼ろう。確かベルーガが絵画とか壷?を好んで見つけてくるんだっけか。
そうやって川を攻めること数回、で、つーいーに、ゲットしました!!ヽ(´▽`)ノ"
やー、これでようやくサルベージもコンプですよ。ご褒美は何だろう、またどうせ髪型とかだろうな。
あとー、依頼で比較的こなしてるのは写真なんですけど、ちょっとはコンスタントに表紙を飾れるようになってきました。でもラブカとかアトランティックターボンとかで表紙になったとき、それはもう見事に顔がちょん切られていたのが笑えました。おま、どんだけ苦労して撮ったのか判ってんのかwみたいな。
しかしペンギンでなかなかいい評価がもらえません。できるだけアップで撮ってんだけどなあ。

あとね、久しぶりにイルカたんが訓練中に貢物持ってきてくれたりとかね。しかも初物ですよ(笑。
ハナゴンドウたんは「キュイーン!(いいもの、あげる!)」で、マイルカたんは「キュキュキュ?(なんだろ、これ?)」ですよ。可愛すぎます。
萌え死ぬかと思いました。(大げさです)
いやそれにしてもまあ、こんだけよく仲間にして、んでLv.3にしたよワタシも・・・。どんだけ暇なんでしょうかね(笑。
すぺさる技で一番好きなのは白ハンドウたんのブルームーンサルトかなぁ…カマイルカのスパイラルシックルもなかなかです。横方向のスピンて結構すごくね?
あと面白いのはピンクイルカのポロロッカ。テールウォークなんだけど、なかなか捻りの利いているナイスな技です。
シャチも平気で6mとか7m跳んでます。実際に見てみたいです。


で、関係ないけど今日は歯医者さんに行って定期健診してきました。半年に一度のお務めです。まあ結果はほぼ良好でした。の、わりに1時間ほどかかったけど…長いな…だからどんなお菓子や飲料にどんだけ砂糖が含まれてるのかなんてクイズは要らないんですけど…。
まあこれでとりあえずは気が楽になりました。

スポンサーサイト

図鑑もコンプリート

昨日日帰り旅行行ってきたんですが、まあ楽しかったんですが、帰りの高速で事故渋滞に巻き込まれてきっちり予定より二時間遅れで帰ってまいりました。おい、帰宅したの22時前ってどうなんだorz
長時間座りっぱなしでエコノミー症候群に罹るところでした。しんどかった…。

さてまた潜りました。
図鑑コンプに向けてあと3種。深海でホタルイカと、北極でえ~…何とか言うクラゲと貝の一種?です。深海はハヤコさんの方がいいのかなあ、とか思いつつ行ってみたんですが空振りだったので、オセアンヌ連れて昼夜潜りました。まあな、小さそうだったからおそらくはズームだろうとは思ってたんだけどね。昼行って見つからなかったんで、こりゃ夜だなと。で、ズームなら地面じゃなく壁面が可能性高いなと思ってたらその通りだったんでよかったす。ホタルイカゲット。
次は北極。これもズームですな。ポイントは結構数あったので、まず昼行って、貝を見つけました。氷の下のズームポイントね。で、クラゲの方が見つからなくて(ポイントは2箇所ほどあれどどっちも貝だったので)夜に行くと、いました。クラゲって北極にもいるんだなあ。
そういうわけで、めでたく図鑑コンプリートです!^^
何かご褒美はあるのかな~とハヤコ先生に話しかけてみたら、案の定髪型がもらえましたよ…。ワイルドとかいう…それほどワイルドじゃない髪型。
ちなみに今はノルディックにしてる。せっかくゲットしたので(微妙だが)やってみた。

もうそろそろ称号もええとこいってんじゃないか、と確認してみたところ、155個だかのうち130個近くゲットできてました。なかには「無理だろうこれは」と思えるようなのもあるんで、これのコンプはできる自信ないですけどね。
で、称号ゲット数が90個と120個でもらえる装備があってですね…。
どっちがどっちか忘れたんだけど、えーと『導きの加護』というフィンと『大気の加護』というタンクです。
これがねぇ…また微妙というか、微妙という言葉すら微妙なほど何だかなというシロモノでね…。
『導きの加護』てのが、天使の力で素足でも大丈夫というね…普通のフィンだとヒレ状のを足につけるんですが、これは背中というか腰の辺りに二人の天使がいてですね…(笑 で、『大気の加護』というタンクは(もう予想つきましたね?)背中というか背後に天使が両手上げて守ってくれてるんですよ。
つまり、これをどちらも装備すると、計3人の天使が背後に憑いているという状態になるんですね(笑。
…面白いから写メ撮ってやった。続きに格納しときます。一見の価値はあるんじゃないかと。

しかしまあ、ここらでほぼ終わったかなこれは…あ、でもまだイルカが全部Lv.3になってないんでそれやんないとな…。
いやだから、4プレ書かないと。

続きを読む

コインコンプリート

久しぶりに潜りました。
目的は図鑑埋めで、深海でいくつかまだだったよなーと。そのなかでも、前作でも出てきたのに会えなかった『クダクラゲ』を探すことにしました。
調べてみると、これってイベントつきだってね。夜に潜って、北から南へ抜けるといいとか聞くんですけども…でも底までいかないと抜けられないよね。て、ことは南側の上の方なのかな?
まあいいや、行ってみよう。他にも『チムニーフォレストの上方』とかも聞くし、とりあえずそこを目指す。よし来たぞ、チムニーフォレスト。ついでにサルベっとこうかなあ…とか思ってたら、イベントがキター。
何やらゆら~んと玉すだれみたいなのが漂ってきます。ああ、これかー。なるほどなるほど。大きいなあこれ。何でも40mはあるらしいけど、でも正体はプランクトンの集合体らしいよ。大きいのに小さいんだねえ。
2作越しの逢瀬も果たしたので(大げさ)、機嫌を良くしてサルベります。で、ふと、「そういえばラストコインのエリダヌス座のも深海だったよな」と思い出して、とりあえず座標のとこに行ってみた。
今まで昼間に潜っても全然見つからなかったので、少しは可能性があるかとわずかに期待しつつ。
で、攻略にあった『B-3北部側』てのを頼りに探してみる。B-3ねえ、南側には双子洞があるよね。その上に、つまり北側に、ちょっとした袋小路がある。あ、なんか、ここ怪しくない?
深度は149m。あれ?ちょうど底でそれくらいじゃない?てことは崖の途中じゃなくて地面なんだな?
…すると、地面に光るポイントが。これかー!?これだな?これに違いない!
 …ビンゴ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
やったー。やりました。これで100枚揃ったよ!嬉しいなあ。
島に戻って、早速コインコレクションを開いてみる。すると無線が混線して、ご褒美がもらえました。
ノルディックとかいう、神秘的な髪型が。
…髪型…?コンプリートのご褒美が、髪型…?
なんだそれは。なんだそれは!!
喜んでいいんですかこれ?(超微妙)
あとなんか、太陽の金貨発見ご褒美が太陽の岩屋にあるらしい。ウェアだそうだけども…太陽の岩屋ってどこだっけかなあ、めんどくせぇな…。

サルベージ品もあと2種出たらコンプなので、もうひと頑張りです。図鑑もあと少し。それが終わったらどうしようかな、イルカをとりあえず全部Lv.3にすることくらい?あ、まだ称号コンプもあるか…。
とりあえずゴールは見えました。

ううむ

FOREVER BLUEはあれですな、コンプ魂をつつくゲームですな。図鑑とコインは何気にアツくなる。なまじ普通にやっててもそこそこ埋まるから、コンプしたくなる。
で、コインがとうとうあと1枚でフルコンプ、てとこまで来たんですが…残り1枚が、場所は判ってるんだけど、ない。見当たらない。くそぅ。しかもそこ、鮫がうろうろしてるもんだから落ち着いて探索できないときたもんだ。パルサー有効時間短すぎ。
そういうのを探すついでにサルベってたら、100万P達成前より何だか順調に溜まっていってる件(笑。


なんかブクマしてるサイトさん巡ってると、みんなベヨネッタ買ってはるわー…。ロードがちと長いとか、それなりにマイナスポイントはあれど、やっぱり面白いらしい?でも結構即死トラップとかあるみたいだし、そもそもノーマルとイージーは激違うゲームになってるっぽいな、なんか。(ネタばれかな?一応反転しました)
いやー…ワタシ、死ぬのいやなんですよ。ゲーム内で。だからDMCも最初敬遠していたのに。バイオも結構簡単に死んじゃうんでしょ?プレイ日記とか見てるとそれっぽいもん。まあアクションゲーなんてそんなもんなんでしょうけども。
まあ、あれだ、DMC4と同じように、攻略が充実してソフトが安くなったら買いますよ。うん。他にもやってみたいゲームあるんだけど、ついつい自分の腕がヘタレだということを忘れちゃうからいかんね。
FF13もね…いや、やりたいんだけど(買うつもりだけど)それほどでもないというか…。FFはなんか、12で満足しちゃってるんですよね。あれ面白かったなあ。戦闘が良かったなあ。それまでのドラクエ方式じゃなかったから新鮮でね。10はそれが苦痛だったな。仲間が多いから入れ替えがホント面倒で。12でガンビットの便利さを知ってしまったら、もういちいち自分で指示出すなんてできませんよ面倒で。

好奇心に負けて、バイオ4の…↓

続きを読む

イルカもコンプリート

さて、石窟も開放できたので、ラストのイロワケイルカを仲間にしに行きました。
いや~100万P貯めてようやく再訪できたところですからね、さぞかしサルベージのしがいがあるんでしょうね!とワクワクして行ってみたんですが…、
 案外ショボいなネフィリム。(´д`)
…まあとりあえずの目的はイルカですから。
で、ライト・ピラー・ルームに入るといましたイロワケイルカ。でも仲間にはならないっぽいんだが…どういうことだ?んー、まあ何か条件があるんでしょう。だったら今回は他のことをやるかな。というわけで、ハヤコ先生と一緒だったので、未発見のお魚ちゃんを見つけにいきます。お、ここにもいますよ。なんかものすごい数なんですけど…そんないっぱいいないんですけど?ここにはイロワケたんとシンギング・ドラゴン(何頭もいた)とエチゼンクラゲしかいないんだが。
反対側のシャドー・ピラー・ルームに行きますと、伝説の生物が。シーラカンスのなんだっけな…名前を忘れました(笑。てかここ、いいのかってくらいシーラカンスいますね。
でもここにもいないな…、どこ行ったウラァ!
財宝の部屋にも行きまして、そしたら社長が『ここの財宝には手をつけんとこう』なんて消極的なことを言いましたが、無視です(笑。この部屋でサルベったら2個くらいゲットできるんですが、おそらくそのうちの一つはほぼ確実に彫像(ファラオ像)ですね。これいいわ。4400Pの儲けですよ。ウハウハですよ(笑。
それにしてもあの『???』がいやがらねえ。どこだ。どこにいるんだ。なんか意地になってきたぞ。
しかし未発見はそいつだけじゃないので、ぐるぐるうろつきます。いくつか見つけたな。覚えてるのだけで「アバチャン」とか「アカマンボウ」とか。アカマンボウはおもしろいね~、暗いところで出会うとびっくりしそうだけど。
うろうろするうちに廊下つきあたりの像のところに来ましたよ。ホルスとかイシスとかの。したら、そこに小魚が群れている。と思ったらそれが『???』の正体だった。名前?ええもう忘れましたとも。
ああ~ここってあれだ、何層かに分かれてる構造なんだな。いうなれば何階立てのマンションを真上から見た感じ。(マップがね)だからか。
すっきりしたので一旦浮上。で、サルベったものを鑑定も兼ねて一旦島に戻る。それから出直して、改めて財宝の部屋に。
そしたらいましたよ。ツートンカラーの黒地に白い曲線が入ったイルカが。
近づくと、何か言ってるんですよ。「貢物をしろ」だって。どうやら無線の向こうにも聞こえたらしく、社長が驚いて「ちょ!早よ戻って!」って急かすので戻ります。半信半疑の社長は放っておいて、貢物をしにまた潜る。めんどくせぇ。
まずは、何だっけ?『女王を守護するもの』を2つだっけか。もうすでにナンシーから抜かりなく購入しているので、無問題です。
結局貢いだ品物は、お守り・スカラベ・真っ赤な口紅・装飾付き手鏡・ミサンガ・ブレスレット・カーネーション・バラの花束・ソフビ怪獣人形。多いぞ!(^ω^#)
しかも最後の怪獣人形、『女王の守護聖獣』がどうたらとか言ってたんだっけな?(笑
まあいいです、とにかくこれでめでたく仲間になりました。口調がなんか偉そうだけど、このイルカ。
名前ですが、学名の『Cephalorhynchus commersonii』…これなんて読むの?(´д`) セファロ…リンチャス?コメルソニイ?判りません。なので最初のをとって『セファロス』にしました。セファロ、でもよかったんだけどメガネイルカのシャルロとかぶるなと思って。なんか某FFのボスキャラと似てしまいましたが(笑。
で、訓練初日、こいつも貢物をしてくれました^^ いや久しぶりだな。でも持ってきたときのセリフ?が笑えた。「キュー、キュー!(そなたへプレゼントじゃ!)」だって…(´∀`) そなた(笑
ウィキで調べたら、こいつの別名はパンダイルカだそうな。ああそうなんだ~、前作でパンダイルカいましたよ。仲間にもできてたなあ。
あのツートンカラー、ゲーム内でだけなのかと思ったらそうじゃなかった。
イロワケイルカ
これですよ。見事じゃないすか?
結構小柄なイルカで、1mくらいしかないのかな?可愛いなあ。シャチなんかマイクロバスくらいあるってのになあ。
もうこんなゲームやってると、水族館に行きたくて仕方ない(笑。イルカショー見たくてたまらん。

追記。
そういやようやくホワイトマザーに会えましたよ。ハヤコさん連れて北極海をうろうろ。ニシオンデンザメが怖すぎる。怖すぎてムカつきます。で、別段会いたくもないシロナガスクジラにばっか遭遇してて、もう帰ろうかなーと一周してアイスステンドグラスまで戻ってきたらイベントになって、会えた。
なんだそら。
まあ会えたからいいかな…。でももうたぶん用がないと来ないけど。
イルカの訓練をしていて、Lv.3のもたまにはやったらんと能力が下がるとかいう噂なので、やる。今日はメガネイルカたんを鍛えよう。
…グリーティングのとき、いつも思うんですが、抱きつきたい腹No.1はこのメガネイルカたんです(笑。あのボテり具合とテカリ具合がたまりません。好き。

100万達成

いやーようやっと100万P貯まりました!^^
長かったなー。80万超えてからが長くてね。しかし95万までいくと後はラクだったな。なんか、サルベるついでにコインとかも探してたんですけどね、まあ何かのシリーズがコンプされたんでしょうね、無線が混線してなぜか24000Pもらえましたよ(笑。良く判らないがありがとう、みたいな。
サルベージと撮影の依頼で南極行ったときに、なかなか依頼の品が見つからなくて焦った。特殊氷山に○入れてあって、上陸もできないし(まあしてもセンサー使えないけど)なあとうろうろしてると、穴が開いてるのに気づきまして、何とかゲットできました。結構穴って開いてるもんなんだなあ。
後は特別な依頼を少々、それとイルカの試験。ハナゴンドウとシャチに早速Lv.2の試験ですよ。大丈夫かなと思いつつ受けてみると、まあジャンプ系が結構ギリギリだったもんの、2頭ともめでたく合格。あとベルーガのLv.3試験のオファーも来てるんだけど、さすがにこれはまだまだ。

キケロス行くついでに、まだ会ってないお魚ちゃんと対面を果たすべく、うろつきました。しかしなあ、鮫ゾーンはヤバいですよさすがに。しかもいないし、タナトスはうろついてるしで怖いんで戻ってきました。また夜行ってみようか…しかし怖い…。
まあ、とりあえずネフィリム再調査を攻めようかな。久しぶりだよなネフィリム。そういやプレイ時間もそろそろ100時間だな(笑。

巷ではベヨネッタが発売されたそうですが。
体験版配信されてたんだなー。しまった。ダウンロードしとけばよかったか…。店頭でプロモを偶然見て、反射的に「や…やりたい!」と思いました。うーんどうしよう。相方は「YOU買っちゃいなよ」と唆しますが…。
でも今なんかバイオがやりたくなってきてる件(笑。4なら安そうだな…でもなーどうしようかな・・・・。なにせバイオはまったくやったことがないので、どんな感じなのか皆目見当がつかないのです。面白そうではあるんだがなー、いかんせんヘタレなもんで躊躇するんですよ。

またまた2頭

まあやることないんでゲームしてます。DMC4プレの続きはどうしたとか自分で突っ込んでますが。
勘弁してくれ、今は創作する気分じゃないんだ…

そういうわけで(?)、今回はハナゴンドウとシャチを仲間にしました。
まずハナゴンドウ。こいつは深海にいるらしいです。ああ、そういやいたな1頭。あれか?だったら判り安いんだが…と実際行ってみると、2頭に増えていました(笑。紛らわしいな!でもサクライ教授と一緒に潜ると『???』で表記されるから判りやすいとか攻略にあったのですが…そういや某にちゃんスレでも『ハヤコレーダー』で云々って聞くけど、それって何?
例えばG.G.と潜ると、海中でマップ出したときに右隅にマークでるんですよ。宝箱と升目の。これ最初判らんくてね、何かの拍子に押しちゃって、するとサルベージ依頼で見せられるマップが出たんですよ。宝箱のアイコンで。ああー、なるほど!こりゃ便利だ!
…実はそれまで、判んなくなると一旦島に引き揚げて改めて依頼を聞きなおしてたので、大変手間だなあと思ってたんです。こんな便利なものがあると知らないから、そのうち依頼の地図を携帯で写してそれ見ながらサルベってた(笑。
でもまだそのときはその下の升目アイコンが何なのか判らず。これは要するに、元のマップに戻すアイコンだったんですね。最初それも判らんから、いちいち『-』ボタンで消してたよ…。
で、『ハヤコレーダー』で『???』の所在が詳しく判るって情報を得ましてですね。まあとにかく彼女と一緒に潜ってみればいいだろうということで、深海へ行ったわけですよ。
でも、『おねがい』しても「ここで出会った生物を見に行く」か「神秘の生態」しかないんですよ。だからレーダーって何なの?
結局そのときは2頭だけだったんですぐ判りまして事なきを得たんですがね。何だよ教授役立たずじゃんーと思いつつ、大食漢らしいハナゴンドウに貢物をして仲良くなってもらいました。
さて次はシャチか…しかしこのレーダー、どうしても使いこなしたいぞ。
G.G.のときは右隅に宝箱アイコンだったんだよな…とすると教授んときは…あれ?虫眼鏡アイコンですよ?これは何だ?
判らないなら押してみれ、ということでやってみたら…、宝箱マップのようにズームになって、赤い点々がいくつも!上を見ると魚の名前が!
…なるほど、レーダーね。確かにレーダーだわこれは。こういうことか…!
『???』の点も示されています。うーんこれはいいわ。簡単に未接触の魚を発見できるじゃないですか。ウハウハです。
そしてですね、これならと思い、前から保留していた撮影依頼をこなすことにしました。ウバザメなんだけどね、これが見つからなくて困ってたんですよ。図鑑の生息地域を見ても範囲広いし、昼なのか夜なのかさっぱりで。(おまけに鮫の多いとこでな)でまあ、ハヤコさんにおねがいしてもみたんだけど、いや運よく見に行けるラインナップにあったんだけど、本当に『見に行く』だけでね…。イベント終わったらそれで終わりでしたよ。
要するに自分で探せってことね…。そういうわけでレーダーで探しまして、ようやく見つけました。無事写真も撮れたし、いややっと終わりましたよ。
そういえば、これの依頼って例の記憶喪失のカメラマンのイベントだったんだけど、このウバザメで終わりかと思ったら「卒業試験だ」つって続きがあった(笑。それがシロナガスクジラでね、ちょうどというか運良くというのか、ちょっと前の別の依頼でそいつを撮ってたんですよ。それがBとれた写真で、ワタシ普通なら元の写真は処分するんだけど、たまたままだ残ってたのね。
じゃあこれ流用してやれ~ってことでそれにしたら、うまいこといったみたいでした(笑。

で、えーと、シャチか。
目指すポイントに行きましたら、いっぱいいるんですよ。そのなかで『???』を探しましてですね、したらハヤコ先生が見覚えあるシャチらしいんですね。座礁してたシャチの群れを助けたときに、こいつがいたらしい。しばらく水族館で面倒みてたからそれでより人懐こいんじゃないかと。
『シャチの浮き具』がお気に入りだったんですと。また貢物ですよ。でも抜かりなく買ってましたんで、さっさと潜ります。そんでさっきのポイントに行きましたらば…、
 どれが奴だったか判んねぇ(泣
レーダー使ってももうどれも同じ『シャチ』ですよ。そらそうか。だもんでもう片っ端からアタックですよ。でまあ、どうにか見つかって仲間にできました。しんどかった…。
ちなみに名前は学名の『Orcinus Orca』から『オルシナス』にしました。読み方間違ってるかもだけど、どうでもいいです。
ハナゴンドウは英名の『Risso's dolphin』から『リッソ』。これも適当です。
ハナちゃんはオキゴンドウよりは可愛い顔してます。そしてシャチはでかい!(笑。前作でも思ったことだけど。こいつが何mも跳ぶようになるんですね。訓練のとき、オセアンヌたちがいるボートなんか絶対ひっくり返ると思います。

狙ったように

潜ってます。
イルカはちょっとお休みして、伝説の生物ハントを再開しました。ピンクイルカたんのお陰でコルティカ川のマップが完成したので、そこにいる『マーマ・コルティカ』に会いたいと思いまして。
それの前に、偶然新月になったのを確認できたので、夜中にも関わらず歓び勇んでガタマのスプリング・ガーデンへ出かけてブラック・デスに会ってきました。潜って、さてどこらへんにいるかな~とうろうろしかけたとき、大きな魚影が見えたんでザトウクジラかな?と思いつつも追いかけてみると、それがブラック・デスでした。まあ、黒いクジラですよ。
で、えー、コルティカ母です。正体はアマゾンマナティなんだね。何やら、雨の日にクイーンズ・レイクに行くといいらしいんだが…
…いない。
雨だぞ?ちゃんと降ってるぞ?でもいない。なんだあそれぁーと一旦浮上。解せん…。でもまあ、コルティカはまだ財宝関係で用事があったのでいいや。夜にしてから、マングローブ・プリズンでサルベージ。水晶の髑髏らしいんだな。でもここ、ワタシのキライなデンキウナギがいてね…。せっかくサルベってもDANGER表示があるとゲットできないんだよ!(`´)
それでもどうにかそこにあるお宝はゲットしまして、ついでとばかりに底をさらう作業しました。あれです、オセアンヌ同行でコイン探しね。川はほとんど探してなかったので、もう見つかる見つかる。ウハウハです(笑。10枚くらいゲットできたんじゃないか。いつもは危険生物に出会ったらとにかく早く通り過ぎようと必死だったのが、これのせいでチクっとかビリッとやられても「ウゼーんだよテメエら」程度ですから。
怪しいポイントでゲットしたのが球体だったのでちと不安だったんですが、無事目的の髑髏だったので安心しました。
で、マーマ探しですよ。攻略見てたら、雨の日の他に『早朝or正午?』とあったので、それに合わせてみます。雨で早朝はダメだったので、正午で。したら、「なんか視線を感じる」って主人公が言い出して、でクイーンズレイクに入ってみたら、いました。
 すぐ背後に。(ちょっと怖ぇ)
今までの伝説の生物って、同種の他の個体に比べてでかくなる傾向にあったんですが、このマーマ・コルティカは普通サイズでした。ちょっと色が違ってたかな?いややっぱり大きかったのか?アマゾンマナティ自体が大型なのでよく判りません。
まあしかし、めっかってよかったな。

イルカ訓練は順調です。新入りはどっちもまだ2回くらいしかやってないのに、カマイルカたんにもう試験のオファーが来ました。ちと気が早いよ、教授。
そして白ハンドウたん、遂にフロント・バック・スピンを極めました。すげぇ。メガネイルカたんもまだフロントしか極めてないというのに。(マイルカたんに至ってはまだ全然…)
これまでショーの常連はメガネたんだったんだけど、ちょっと考えてしまうなー。

何気なく映画情報サイトを見てたら、『オーシャンズ』という映画が紹介されていて、そのムービーが今現在のワタシにはドツボでした(笑。いややっぱ本物はすげぇや。
このサイトの『特報』ってとこで予告編が観れますので、よかったらどうぞ。すげぇぞ。

さらにもう2頭

どんどんいきましょう。
次は深場に住むイルカということで、ガタマのディープホールにいるカマイルカ。この『カマ』ってなんぞ、と思ったらどうも『鎌』のことらしい。背びれがそう見えるんだと。
そういやディープホールにイルカいたよな。ということで、向かいます。なんでも背びれの白いのがそれらしい。
いました。でも臆病らしく、逃げちゃった…。日を改めてまた来てみようということになりました。で、サルベージとかがてらに翌日また行ってみた。
ちょっとは馴れてきたのか、逃げはしない。何とか撫でられたけど、仲間になるところまでは至らない。ということで、また改めて来ようということに…。
…いい加減しんどいんですけど(´д`) 何回も出直しさせるなんてなんてツンデレなイルカたんなんでしょう。3回目にしてようやく仲間にできました。
さあ、名前です。今回、英和辞典で鎌は何ていうのかな?と調べましたらば、『sickle』だそうで、よしじゃあキミの名前は『シックル』だ!ということにしました。
…とか言ってたらこいつのスペサル技が『スパイラルシックル』…。ま、まあ、冠名だと思えばいいさ!(いい加減)
早速訓練しましたよ。水面から顔を出したこいつ見て思ったんですが、
 「いやーんなんかつるっとしてるー」
…ごめんよ、素直な感想で…。
口の大きさはマイルカたんとかとさほど変わらない(つまりでかい)んですが、模様的にそこまで大きいとは思えないので、口を開いたときに予想GUYなでかさにびっくりします(笑。口が…口が裂けている…(←失礼
しかし!こいつも訓練初日、貢物(違 を持ってきてくれたんです!
「キュー…(何か見つけた…)」だって!ちょ!可愛いじゃないか!!

さあ次はようやくピンクイルカたんですよ^^
えーと、まずは普通に潜ってコアティアマル神殿へ。するとお目当てのピンクイルカが…、いたんだけど、いや、これは…
 …あの、全身がピンクなんですけど?(゜□゜)
社長はなんか伝説クラスのどうのこうの言ってるんだが、ワタシとしてはなんというか、イロモノにしか思えません。
普通にいるピンクイルカはグレーとピンクのツートンなんですが…これだって初めて見たときは「正直、キモい」と思ったのに。(重ね重ね失礼です)
で、なんか、その伝説によるとこいつは『無類の女好き』らしくてですね…。
…。
…ああ、それでイッカクを連れてけって攻略にあったのか…。メスだもんな、あれ…。
そういうわけでイッカク同伴で神殿までやって来ました。んで、ライド状態で近づけって無線が言うわけ。いや、それは判ってるんだけど、イッカクが見当たらないんですよ。あれ?いないよ?ちょっとスカーレットどこ行ったの?
しまったなあ、あらかじめライドして入ってくれば良かった。一旦出てみるか…と出ようとしたら社長が「ライドで行け言うとるやんけ」とうるさい。最初は一旦開けたところ(神殿前庭)に入ろうとしただけでそう言ってきたんだけど、そのうちちょっと身動きしても言ってくるようになって…。
「うるさいんじゃワレ!」とどれだけ怒鳴りたかったことか。
まあ、そのうちスカーレットも戻ってきまして、めでたくピンクイルカを引っ掛け仲間にできたんですが。
ただ、コイツが仲間になったろうという気になったのは、やっぱりイッカクが気に入ったかららしくてですね…。女好きなイルカ…どうなんだそれ…。
そして恒例の名づけ。今回一緒に潜ったのはイッカクなので、案を出してはくれないので自分で考えます。もうなんのこだわりもありませんので(まあ『ピンク』をもじってもねぇ)、適当に『ラトフィー』とつけました。意味なんてありゃしねえよ。
まあでも、これでようやく川の倒木を退けられます。その前に…
以前、ザッハーブで『ギギデの聖片』なるものを拾っていたんですね。これね、話には聞いてたんだけどどこにあるのかさっぱりでして、まあまたそのうち…くらいに思ってたんですよ。それが偶然、たまたまその問題の場所らしきところに行った折に、ホントにたまたま、キラキラ光ってる箇所を見つけまして。何じゃらほいと思って調べてみたら、それだったと…。「あら!こんなところに!」でしたマジで。
んで、これを見つけてからコアティアマル神殿の神室へ行くとイベント、伝説の生物キング・ギギデ登場となったわけで。白いワニでしたが。
で、まあ、倒木ポイントですよ。あっさり通れたその先は、『クイーンズ・レイク』というちょっとした深さのある池みたいなところでした。アマゾンマナティがいたよ。社長解説によると、川とか浅瀬にいる海獣がマナティ、外洋にいるのがジュゴンなんだそうな。え?同じ種類のを呼び分けてるのか?
ウォーターレタスを両手に持ってもしゃもしゃ喰ってるところが激可愛かったです。たまらんわ。

で、さっき新入りを訓練してみました。
水面に顔出したこいつは…ごめん、やっぱちょっとキモい(酷。
なんでも淡水に棲むイルカは目が退化してるのが多いとかなんとか…だからなのか、目が小さいんだ。そのかわり?前ビレがでかいよ。クチバシなんか細長くて、一瞬ノコギリザメが頭に浮かんだ。(まああそこまでじゃないが)それにしても全身ピンクだからか、口の中と皮膚が同色なんだ(笑。まさに全身。オールピンク。
それでもこいつなかなか優秀じゃないの?記録塗り替え連発してるし。こいつもいずれは8mほどもジャンプできるようになるんでしょうかね。

新たに2頭

はい、また潜ってます。イルカです。
あれから白ハンドウたんも試験受けて合格しまして、めでたくLv.3になりました。それからイッカクもLv.2になったのかな。
白ハンドウたんのスペサル技は『ブルームーンサルト』。スピン系だったかな?空中で身体をキュッと捻るところがナイスです。
それでっと…ルカから情報を貰っていたので、仲間を増やすべく出かけることにしました。
行き先は北極。ベルーガです。
群れてるところへ行ってみると、一匹だけ花のような模様?があるベルーガがいる。ベルーガは鳴き声に特徴があって?歌声に聞こえるとか?で、こっちも海笛で応えてみようやということで、向こうが鳴いたらすぐにこっちも吹くみたいな感じで。最初はタイミングが合わなかったんだけど、そのうちうまくいくようになりまして、3回ほどやったら仲間になりました。(正直めんどい)
名前なんですが、最初はベルーガったら真っ白だから、『ブランカ』にしようかなと思ってたんですよ。どうやらコイツもメスらしかったんでね。
でも実際見てみたら、模様がホントに花みたいだったんでつい、『フルーレ』にしました。確かフルールで花って意味だったような…フランス語だっけかな?
他のイルカより若干サイズがでかいせいかはたまたまだ訓練が足りないからか、鈍いです(笑。ジャンプなんて『たっぷん』って感じで。それでも数重ねるごとに見られるようにはなってきましたが。今のところ、Lv.2への試験オファーが来てんだけど保留状態。まだまだ。
そしてコイツも訓練初回で魚持ってきてくれたし。「クルルルル♪(いいもの、あげる!)」だって…!
可愛すぐる。
しかしこれまで、記憶では初回しかもってきてくれてないんじゃ?と思いつつメガネイルカの訓練してたら、また貢物を…!こいつこれで2回目ですよ。可愛い。可愛すぎる。
そういえばメガネイルカたんは、フロントジャンプを遂に究めました。これが最高レベルらしいよ。テールウォークも『相当上達』したし、究めるのももうすぐだね。

さてさて、次なる情報を得ましたので、今度は地中海キケロス海峡・ヴァルカ城へと向かいます。傷ついたオキゴンドウがいるらしい。額に十字の傷があるんだと。
こいつってば城のあちこちを逃げ回ってくれたんで、最後マーメイドステージでパルサーにて治療して仲間に。そういえばもともとここにオキゴンドウいたっけね。そいつより大分小さいんだな。
まあめでたく仲間になったので、名前をつけなくてはいけません。しかしうっかり考えてなかったぞ。そのとき一緒にいたのはG.G.だったんですが、
「俺だったらゲオルグってつけるけどな」
とか言ってきたんですが、ちょっと迷って却下しました(笑。だってなんか…モビルスーツの名前みたいじゃん…。
しかしワタシもろくなのは思いつきませんで、結局額の十字から『クロス』。ああ捻りもなんもない。
メスだったらこれをもじって『クロッシア』とか何とかにしてもいいかなとか思ったんですが、コイツはどうやらオスらしかったんでもうこれでいいやとか。

後はー、そうそうイッカクもLv.3への試験を受けて合格しました。いやー、一発では無理かなとか思ったんですが。偉いゾ!
そしてコイツのスペサル技は、スピンジャンプ系の『ユニコーンドリル』。ええもう、読んで字の如くってやつでね…。
それでなくともLv.3のフロント・バックも怖すぎる。あのツノは立派な凶器ですよ。それか空中で3回転ですよ(笑。危険です。近寄ってはいけません。
オキゴンドウも訓練したんですがね…ほめてあげるときに餌やるんですが、口をあーんと開けたときのずらっと並んだでかい牙が怖かったです。大きいなあ…そしてコイツは目がなんか怖い。もうここまでくるとミニサイズのクジラですよ。クジラの目ですよ。どこ見てるか判んないような目をしてますよ。
あんまりじっと見ていたくないな。(ひどい)

まあこれでルカがすっかりこっちを信用しやがったので(笑、いきなり4種のクエスト解禁です。ふむふむ、あと1頭加えたらピンクイルカを仲間にできるのかな?いやもうできるのか?確か6頭だったから…あ、6頭いってるわ。おお、じゃあもうできるのか。
…でもまあどうせだから順番にやろうかな。焦る必要はないのだ。

侮りがたしイルカショー その2

引き続きです。
今度はイルカショーです。またですけど。
そういえば、マイルカが遂にレベル3になりました。いやいや嬉しいな。これで固有のスペシャル技が出せるようになりましたよ。
マイルカ固有技はスピンジャンプ系の『フライトゥザスター』。でもその前に、フロント・バック・の両ジャンプも最終レベルになりまして、なんとトリプルができるようになったらしい。なんとういか、すげぇですよ。となると、勢いこっちもリモコン操作の精密度が求められるわけで。
リモコンの振り方によって、強度を選べるんですよ。「Go!」→「Go!!」→「Go!!!」というね。だから、「!」の数によって技が違うわけ。いわば、シングル→ダブル→トリプル、というやつ。
これがまた、狙って出すのが難しいんですよ。レベル3を意識的に出そうとしたら、まるで居合い抜きのような速度が必要というね…。トレーナーの方も大変です。
そんで、ショーやったんですよ。その客はバックフリップ系が好きみたいだったんで、ラストのリクエストもそれかなと思ってたら、とんでもなかった。

「シングとテールウォークとフライトゥザスターのトリプルコンビネーションをお願い!」

お客さん、別料金いただいてよろしいですか?(ひきつった笑顔で)
まあどうにか「!!!」出せたんで良かったんですが。そして客にも喜んでもらえました…たぶんランクはAだったと思います。やれやれ。

今のところ最終レベルまでいったのはマイルカだけなんですが、メガネイルカもそろそろ昇格試験受けたいところ。オファーは来てるんだが…。それから残りの2頭もLv.2までいきました。早くみんな最終レベルまで上げて、固有技を見てみたいもんです。
あと、訓練のとき、合間に『ヤル気をみせている』ときがあるんですよ(笑。白イルカたんがよくやってますね。いいからさっさとこっち来いやと思ったりもしますが、意欲があるのはいいことです。
しかしイルカのレベルが上がるのはいいんだが、こっちのレベルも上げないとならんのは辛い。なんだかリモコンの振り過ぎで腕がだるいです。「!!!」はポインタを画面からすぐ離して、画面にあまり入れない心意気で振りぬくと出やすいみたいです。ちょっとでもポインタがだらっと横切ると2つどまりになる感じ。
客もな…いやほんと、スペサル技リクエストするならホント、別料金払えやな!!(`´)
実際さっきやったショーで最後のスペサルが出せなくてショーは失敗に…ううう でも客の評価は良かったな…不思議。しかしショーが失敗しても1回は1回なのでいいのです。これでショー16回になったから、あと4回でまたルカが来るでせう。

んでさっき、メガネイルカたんも昇級試験を受けて合格したので、最終レベルになりました。新しい技はまだ見てないけど、またやります。しかしコイツ優秀だなあ。マイルカは試験1回落っこちてるんだけど、こいつは一発合格ですよ。やるなおぬし。

イルカが増えました

まあメインもクリアしたんで、後は金貯めるのとかバディアニマル増やすのとかあるんですが。
サルベージの依頼とかもちょっと少ないし、かといってガイドとか写真もねぇということで、伝説の生物を捜索してみようかと思いまして。
やっぱりほら、図鑑コンプしたいしね。
というわけで、攻略wikiとにらめっこしつつ探索開始です。まずはラクそうなところからということで、南極かな?アイス・キューピッドというクリオネのでかいやつ。あいや、これ北極だ。なんでも最初きたときの上陸地点(シロクマいたところ)とな?え?そんなんいたっけ?
とりあえず行ってみる。すると、穴の縁っつの?あそこがキランと光っておりますよ。ズームポイントかぁ…最初来たときそんなのあったのかな?まあいいや。注目してみたらば、いましたよキューピッドちゃんが。通常のクリオネの倍はあったな。そんで赤いとこが青なのね。恋愛運が上がるんですってよ、こいつに遭遇すると(笑。
後は、ヴァルカ城にいる、え~…アイルーロス・パールという白いトラフカラッパ…って思い浮かべられる人などいるんだろうか(笑。カニです、まるっこいカニ。
それからグングニルというバショウカジキ。こいつ結構マップの隅っちょにいまして、結構深いところで周囲に何もないとこなんで怖かったんです。さ、鮫とかいねーよな?(ビクビク)
クチバシ?と背びれの赤い、でっかいバショウカジキでした。
次いきましょう。えーと、夜のガタマ環礁・ディープホールにて、金色のマンボウ・アポロ。これね、最初金色なんて判らんくて、「普通のマンボウしかおらんがな」とか思ってた(笑。
まだまだいるんだけど、サブストーリー進めないとだめなのとかもいまして、やれるのも限られてくるんですよね。
で、そのなかでいけそうなのというと…、南極にちょっと固まってるな。これいこう。
まずオーゼっていうヒョウアザラシ。これ、メインクリアが条件らしいのね。してるから楽勝?とか思ってたんだけど、メモ帳にこれの項目が出てないんすよ。じゃまだダメかぁ、というわけで他の。ジャイアント・ボビーという、クソでかいコウテイペンギン。これは『助けを呼ぶ声』第3話やってればいけるらしいので、いきます。
ポイントに上陸しましたらば、いた。おお、これはでかい。皇帝ペンギンて普通でもでかいのに、こいつ、体高2mくらいありそうだ(大げさです)。でも冗談抜きで主人公とタメ張るくらいのでかさでした。
抱きつけるコマンドがあればいいのにと思いました。
他何かあるかな?そういえば、この前何気なく昼間に望遠鏡覗いてみたらば、『スプリング・ガーデンの方角に黒い影が見える』とか出て、行ってみたけど何もなくてってのがあったな。
これ、どうもブラック・デスというクジラらしくて、新月でないと出てこないらしい。しょうがない保留だ。
あとは…、ココ・マハラジャとかいうオサガメ?これはあの犬がポイントらしいです。犬が吠えるイベントがフラグだそうな。いやしかしこいつもデカかった。人が乗っても大丈夫そうだった。
どんどんいきますよ。あ、そういえば例の人食い鮫・タナトスも伝説扱いだったよな…でもこいつパルサー効かないのよコワイのよー。ただ、ペチッとやられた直後にポイントするとできるらしいので、勇気出して特攻してきます!
してきました。こ、怖かった~!(涙目) 口のまわり真っ赤に染めた通常の倍サイズの鮫ってなんであんなに怖いんですか!
と、ここまで来てようやくオーゼのフラグが立ったようなので、行って来ます。フラグさえ立てば簡単なんだよなあ。これまたデカい傷だらけのヒョウアザラシでした。
あともうひとつ、シー・サーペントという首長竜(笑 にも会いに行きました。いやこれね…、まさか恐竜が出てくるとは思いませんでしたよ。伝説というか幻だろうこれは。普通は餌やったり写真撮ったりとかしてご機嫌をとらないと豆知識まで出ないんですが、これはさすがに見ただけで全部登録されてました。触れなかったしな第一。
これだけでもまだ半分程度なので、また頑張って会いに行って来ます。


さてイルカです。
あれからショーを2つくらいこなしまして、するとルカがやってきました。テストしてやるぜ!とか偉そうに…。結果はまあ、まあまあ?だったんですけど、耳寄り情報を教えてもらいました。
なんでもキケロスに白いハンドウイルカがいるらしい、とのこと。ハンドウちゃんかー、前作では一番最初のパートナーだったんだよねー。
早速行きましょう。クロース・リフトの近くらしい。向かってみると、十字の切れ目のところで確かに白いイルカがいます。でも鮫に襲われてるYO!しかし幸い一匹だけなのでさっさとパルサーで沈静化させてクリア。白イルカたんとオトモダチになれました。
それを聞いたルカが早速やってきて、「アルビノは自然界で生き残るのが厳しいから、俺が保護しようと思ってた」んですと。ふーん。そして『客が満足するショーを3回』やったらまたテストしたるわ、だって。つくづく偉そうだな…そして啖呵きってそれを受けるオセアンヌもどうなんだオマエ。
まあいいや。で、ショーをつつがなくこなしまして(Lv.2のマイルカがいて助かった…。ありがとう)次なる情報をもらいました。
北極にいるイッカクを仲間にできるかもしれない、とのこと。へえー、あんなんも仲間になるのか。というわけで行ってきました。なんか、ツノが赤いやつがそれだって?
イッカクの群れを見つけまして近寄りますと、いました確かに。でもなんか警戒心が強そうで近寄ると逃げていく。どうすんの?と思ってたら社長がなんか変なこと言い出した。神話だか伝説だかで少女が赤い角のイッカクに姿を変えてどうのというのがあるらしい。だから、少女であるオセアンヌになら心を許すかもしれないとかって…。それでオセと一緒に潜れって言ってたのね。
一旦上陸しまして、オセが縁に立っておびき寄せます。赤い角が見えたらすぐに潜れだってさ。って、赤いつってもそんなすぐに判るほど真っ赤じゃないっつの。しかも動いたりしてたら判んないっつの。穴からにゅうと鼻先を出すんで、まあ判りやすい…のかなあ…。晴れててよかったよ。これで天気悪かったり吹雪いてたりしたら最悪だよ。3回か4回目に「…赤いような気がする」角が見えて、まあいいやとダメモトで潜る。するとどうやら正解だったようで、イベント。オセアンヌがまず仲良くなって、主人公もつつがなく(笑 仲良くなれました。しかし、他のイルカと同じように周囲をくるくる回ったりしてじゃれてくるんだが…正直ツノが刺さりそうで怖い…。
なんでもこのイッカク、メスらしいのでそれらしい名前をつけてやってね、ということらしく。
どうでもええんだが、オセアンヌとかサクライ教授のネーミングセンスは最悪なので(白イルカに『ぼええん』て…それはないだろうそれは)、頑張って考えてあげました。
ちなみに今までのイルカたんは、
 マイルカ → ドリー (前作のハンドウたんの名前)
 メガネイルカ → シャルロ (教授案『シャーベット』から)
 白ハンドウイルカ → ルヴィ (アルビノから)
 イッカク → スカーレット (赤い角とメスってことで)
さてこれからどうしようかな…もう名前のネタが尽きかけています(笑。
そうそう、イルカのトレーニング中にあったことなんだけど、この白イルカたんがね、『これ贈り物!受け取って!』って魚をくれたんですよ!(もちろん「キュー、キュー」つってるのを訳してあったんですけどね・笑)
後日サルベったのをナンシーに鑑定してもらってたら、ナンシーが「そのイキのいい魚売ってくれ」つってね、3000Pの儲けになったんですよ。しかも「お礼よ」つってさらに3000Pと魚礁くれた(笑。そんなに嬉しかったか、ナンシー。
しかしデキた子だ、白イルカ。(ちなみに他の子はしてくれてない)しかしサルベージに連れてったら、こっちそっちのけでどっか行っちゃいました。まあ海笛で呼んだら来るんだろうけどね。
訓練項目にシングとかあって、これは最初にイルカが顔を出すくらいの近さでやってくれるんですが、イッカクだけ他より妙に遠いな、と思ったらツノ分の距離だった(笑。うん、確かにあのツノで他と同じ距離はヤバいわ。(ツノ刺さります)
レベルや習練度が上がってくると、例えばフロントジャンプでボートを飛び越えてくれたりする。ショーのときに初めてマイルカがそれやってくれて、ワタシも客と一緒に「おおー」て言ってました(笑。
レベルが3になると、その種族固有技やってくれるみたいなんで、頑張って訓練したいと思います。フリートレーニング万歳(笑。



…とか言ってたら、メガネイルカたんも拾ってきてくれました。「キュー、キュー!(いいもの、あげる!)」だって…。か、可愛い…!

一応クリア

こんな夜中に潜ってきました。
さて、メインを進めましょう。えーと、紅海の北西だっけか確か。まあマップに印入ってるんでそこへ向かいます。すると海底に亀裂が。そこのちょっと広いところを探すと、下に空洞があるモヨウ。でも人が入れるほど亀裂は広くないので、別の入口を探します。空洞が繋がってる場所を見つけましょうということで、見つかる。(早いな)でも岩で塞がれてるので、発破で壊す。すると向こうに広がる空間が。そこをずんずん進んでいくと、ありましたよ神殿が!ネフィリムの石窟だっけかな?
端っこに入口があったので入ります。通路を進んでいくと壁画とか。そうか、エジプトだっけなここ。じゃああちこち調査しますか、と思ったら水流に邪魔されて進めない。いけるところに行った先には、エジプトの神様の像。ここで竜の笛を吹いてみると、あら水流が流れを変えた。てことは、行けなかったところに行けるということですね!
そうやってうろうろするうちに、エアが心細くなる。が、とりあえず行けるところまで行く。
そのうちに地下玄室かな?発見。…でもここ、特に何もないのよね。しかし先に進むにはここしかないし…やっぱりないよ。しょうがないな…て、あれ?入ってきたのと同じような穴があるよ?てことは、別の部屋に通じてるってことだな?
果たしてその通りでした。そうだ、エジプトのピラミッドとか、左右対称だもんな。というわけで反対側へ。しかしまた詰まる。通路は瓦礫で埋まってるし、唯一ヒントになりそうなのは壁画。オシリス…だっけ?確か太陽信仰とかだと、東は生、西は死をあらわすとかってサクライ教授が…。
西?西ですか…とくるりと西を向いてみると、壁。壁画っぽいのはあるけど、特に何もな…。
…あった。キラキラが(笑。判りやすくて大変よろしい。
しかしここで調査一旦中止。エアが!(笑 出直してから、キラキラを調べるとどうもボタンらしい。当然押します。すると、さっきの壁画がごごーんと開きまして、さらに内部においでませ。
ここ何ていったかな…ナントカ・ピラー・ルーム…何か違うような気がする。まあいいか。
ここにはなんと、シーラカンスの群れが!早速お触りします。写真を撮ったら懐いてくれました。そしてどうやら上部に部屋があるらしいので向かう。
入りたいんだけど扉は開かない。何か仕掛けがあるはずだとG・G。それを探そうとしたらいきなり、2匹の鮫がゆら~んとこっちキタ━━━━━━(゚□゚)━━━━━━ !!(違
て、また時間稼ぎかぁーい!!(ヤダもう
しょうがないんであんまり近づかずに、鮫が向かってきたら撃つ。1匹はそれで良かったんだけど、もう1匹がなかなか来やがらねえ。しょうがないんでこっちから出向いて撃つ。完了。(しかしシーラカンスで赤表示のがいてね…そっち撃ちたかったな。撃てばよかったギリリ)
首尾よく扉も開きました。
するとそれっぽい豪華な部屋が。壁画の文字を読むと、朝と昼と夜の三つの太陽になんちゃらとかどうとか。部屋にはそれぞれを象徴するらしき石像が。確かスカラベと…鷹…?それとあと何かひとつ。ああうろ覚え。
まあ調べるんでしょうけど、朝とか昼とか順番とかあるのかなあ。朝は何だっけなあ?とか早速忘れてるよこの人。
そしたらまたさっきの鮫が…て、あれは何ですか?鮫なんですか?
デカすぎるんですけど。
さっきの鮫の3倍くらいありそうです。当然襲ってきます。まあ宝物の番人ってやつなんでしょうなあ。とりあえず竜の笛の3つのパーツそれぞれを、3つの像に捧げるとかで?しかも鮫をおとなしくさせながら?
嫌です。
…やらないと話が進まないので、しょうがないんでやります。撃ってー、捧げてー、さてラスト!と中央の台座みたいな上に載ってるスカラベの石像に近づくも、反応がない…。えええ何故!どうして!?
…壁際のやつと間違えてました。さっさと捧げてハイ完了。
すると鮫が引き上げてって、代わりに真っ白いクジラが入ってきた。新種らしいですよ。小さめのシロナガスクジラって感じでした。
ここでさっきの中央にある台座登場。ぐりっと回すとクジラが反応して、壁に頭突きかましはじめました。そうしたら隠し扉?が開いて、奥にあった財宝部屋が解禁です。どでかい黄金像とかね。いかにもだけどね。
しかしどうしたわけか、クジラはおとなしくなりません。あちこちに身体をぶつけだして、このままだと10分くらいでここ崩壊しちゃうよとかってちょっと待って冗談じゃありませんよ?
まさかの脱出ゲームですか…しかも10分。某悪魔狩人のM12を思い出すなああ!!!(笑
まあでも、先にネットで攻略ゲットしてたんで落ち着いてこなせましたが。残り7分くらいで脱出成功です。
そうやってラストです。ああ、終わったのね。エンディングの後、社長は「まだまだこれからやで!」と気炎を吐いて「ネフィリムの石窟再調査のために100万P必要」とかとんでもないこと言い出しました。
100万。1,000,000。あのー、今まだ20万くらいしかないんですけどー?
ひょっとかして100万溜めないとあそこにはもう入れないんですか?
ええー。
…くっ、そんなことならもっと何回も潜って調査しまくるんだった…!ちょ、サルベージ全然やってないのにー!!(泣
え、でもマジで?あれからまだ行ってないんでホントに入れないかどうかは判らないんですが。ウソだー入れないって、ねえウソですよね?
いや、また行ってみるけどさ。だって行かないと!

侮りがたしイルカショー

サックがラージサイズになったのにウハウハしてサルベージしまくってたんですがそろそろ飽きてきました。サルベージ依頼も来ねーしな…そういうわけでサブストーリーやります。(メインは?)
しかし、青い鳥は南米はクリアしたからなあ…ならば、と『助けを呼ぶ声』とかやりましょう。ペンギンですか。南極か…まあいいや。えーなんですか?大型のペンギンか…すると皇帝ペンギンだな。小型氷山群ね、了解です。
行ってみると、穴近くでペンギンがわらわら泳いでます。で、どれが調子悪いって?
オセアンヌに訊くと教えてくれたけど、はっきり言って区別がつきません。皆同じだからなあ…とりあえずよたよたっと泳いでるのを片っ端から治療していく。なんか、5匹くらい撃ってどうにかクリアしたのかな?めんどくせぇな。
それが終わると今度はコルティカ川ですか。あ、南米の川です。さすがに覚えました。なんか、外来の魚が迷い込んでるそうで…。
嫌だなあ~ピラニアとかワニとかデンキウナギとかがいるんだじょ…。なかでもデンキウナギが一番イヤ。ピラニアも映像的にイヤ。
まあそんなこと言ってても仕方ないので、やります。で、いざ行ってみたら、対象はアトランティックターボンだっけ?が5匹…。
…ちょっと多くないか?(汗
で、これがまた中流域ほぼ全域に散らばってくれててですね…。ウナギんとこに2匹、ピラニア&ワニのとこに残りがいたのかな?シルバーアロワナと区別がつきにくくて参った。
そんでそれが終わったら、同じく川のとある場所が流木で塞がれてるとかで…また川か…力仕事だなと思ってイルカたんと出動。で、問題の箇所に来たんですが、びくともしやしねえ。すると「淡水で活動するイルカならできるかも」と無線が…。
なんだとう?
とすると、ピンクイルカか。あれ仲間にせねばできんということか。
早速神殿に赴いていろいろちょっかい出してもどうにもなりません。今はまだ無理なのかな…。
てなわけで、このミッション(違 はしばらく保留。

うーん、となるといよいよメインを進めんといかんくなったな。(またか)
次は紅海、ザッハーブ海域だっけ?何でも沈んでる潜水艇を見つけるとかで?
…また深海か…('A`)ウンザリ
前作での深海はチョー怖かったんですよ、真っ暗でね。音楽もなくてね。しかも入口付近のエリアでかかる音楽がもろホラーでね。そんで真っ暗ななか、ライトの光に怖い顔の深海魚がぬぅと出てきたりするともうね…。ナデナデしてキラリン☆となると、ついてくるんですよ懐いてね…怖い顔の魚がね…。
とても憂鬱になりつつ紅海へ行きました。いきなり深海へ潜れとか言いやがる…。酸素ボンベの中継ステーションを底に沈めて、それでエア補充しろだってさ。
…つまりそれだけ深いってーことだ…。
でもしょうがないから潜る。て、エアの減り具合がパネェ。怖ぇ。
ただ、周囲はそれほど暗くはない。いや、暗いんだけど真っ暗じゃないのでまだ怖くない。音楽かかってるし。(キレイな音楽だし)
ずおーっと潜っていったら、ありました中継ボンベ。助かった…!エアを満タンにしてから、周囲を探索。するといかにもなキラキラが。どうも日付とかを記した金属板のようです。ヘンゼルとグレーテルのパンくずのようです。んで、辿っていったら洞窟?の奥に何やら怪しいものが・・・。
出たー大王イカ!!(゜Д゜)
待て待て待て触らせろ!と近づこうとしたら、危険だから方法を考えようだって。んで、マッコウクジラだかな?の周回ルートが近くにあるから、誘導してこようだって。
何回か笛吹きつつ誘導してったら、始まりました王者決定戦。(違
くんずほぐれつ(…)してクジラとイカがどっか行きまして、その先へ進みました。すると「魔王の洞窟」と言うところに出て、そこに潜水艇が。(こんな名前ついてるからてっきりまたなんか主みてーなのがいるのかと…いなかったが)内部から防水袋をゲットして、とりあえず帰りましょう。
…でもまだエアあるしね?補充できるしね?ということで、うろつきます。いくつか生物をキラリン☆したり、サルベージしたり。エアが半分切ったので補充するべ、とボンベに行ったらキラキラがなくなってる…。そうですか、補充終了ですか。
しょうがないので戻る。袋の中から、笛の最後のパーツと、オセアンヌのお父さんの手紙が。ちょっとウルっとなりつつ、学者先生の調査が終わるのを待ちました。
そんで次は同じく紅海の北西部の…何とかいう場所ですが、当然まだ行きません。
メイン進めてる間に依頼溜まっちゃったんでね。てなわけでいくつかガイドとかこなしてから、そういえばイルカ訓練やってねーなと思って、やってたんですよ。
今回の訓練はラクです。だってフリートレーニングアイコンがある!こっちがいちいち指示しなくても、勝手にやってくれる上、同じように熟練してくんだからナイスです。
んでそのうち、先生が試験を受けてみないかとか言い出した。ほほう…イルカの試験てか。
幸い合格しまして、そしたら「世界一のイルカトレーナー(自称)」ルカって野郎が来た。腕を見てやる、だって。そんでいろいろ技を見せてって、ラストにリクエストつって「フロントフリップ系とグリーティングのコンビネーションが見たい」だって。
…コンビネーション?何それ?いやまあ、二つの技をやればいいのね?ということでまずフロントフリップをやったらば…。
「リクエストした技と違うぞ?」だって。
大したことねーなあ、とか言われつつ(ムカつきつつ)『イルカショーを3回成功させたらまた来る』と言って去っていきました。サクライ教授にオファー確認できるらしい。
まあそれでそれからも訓練しまして、技のバリエーションも増えまして、知識も得まして(Goサイン出すときのリモコンの振り具合で技の難易度がチョイスできるらしい)、じゃあってんでショーを受けてみました。
途中までは好評だったんですが、ラスト(またか)のリクエストで同じようなコンビネーションをもらってしまい…コンビネーションて何?の疑問も解けてないまま、当然不評を得てショーは失敗に終わってしまいました。
ええーコンビネーションてどういうことなの?まだ覚えてないの?だったらしょうがないけど。
それでまたネットで調べてみたらば、『技』ではないらしい…。じゃあどういうことだ?うーんと考えまして…、

「もしかしたら、指示出すときのアイコンを続けてポイントしてみるとか?」

ということに思い当たりました。例えばシング→グリーティング、でGoサイン。これなら続けてやってくれるんじゃないだろうか。
で、試しにやってみたら、その通りですた^^ そうかこうやるのか…。よーし、ならこれでもう成功間違いなしだな!
そんで依頼を受けてみて、リクエストにも応えて、一応ショーは成功したんですが…。
クライアントはうかない顔で「期待はずれだったわ」だとさ。テメェ…リクエストに応えてやったじゃないか!すっげ喜んでたじゃないか!
報酬も基本に申し訳程度に色ついたくらいで。フン、成功に違いはないからいいんだもんね!

今作は最大で何と11匹も仲間にすることができるらしいので(そしてピンクイルカは6匹仲間にしないと無理らしい)、なんとも賑やかで嬉しいな。前作は3匹までで、新しいのが来たら泣く泣く1匹カットしないとダメだったからねえ。
早くシャチを仲間にしたいな。掴まって泳ぎたい。


自己解決

えーあれから何度もトライしては挫折を繰り返してまして、煮詰まったのでしばらく他のクエストで気を紛らわせることにしました。
…とはいえサックがまだ中サイズだから、サルベージしても持ち帰れないのが結構あって逆にストレス溜まるんだよなー。なのでガイドとか、お馴染みの撮影依頼をこなします。
そう、ガイドでちょっとしたイベントがあった。ナンシーの品揃えのなかにギターがあって、最初は「ギター?そんなもん弾いてる暇はないな」とスルーしてたんですが、メモ帳に意味ありげにギターについて書かれてたので気になって、まあ買ったんですよ。んで一回くらい弾いてみるべさ、と弾こうとしたらオセアンヌが「ガイドこなしてよ」つって邪魔してたんですね。
で、ナタリアって客が来て、いきなりギター見て「これはお父さんのギター!」って言い出してですね、どうも依頼が「沈没したアテネ号から父親の遺品を引き上げたい」というもので。
アテネ号ねーどこにあったかなそれ…と思いつつダイビング。するとノースキャニオンすぐ近くにプライド・オブ・アテネ号ってのが沈んでまして、あぁこれかな?でもナタリア何も言わないんですけど、と思ってたら「D-1あたりに沈んでると思います」だって…だからここがそうなんですけど。これでしょアテネ号って?
まぁそうだったわけですが、キャビンが無事そうだったので入ってみようかとしたらいきなり鮫が!て、ちょ、このデカさは…城イベントで出てきたタナトス!やべぇ、こいつパルサー効かねぇんだ。どうすべと慌ててたら無線が『ナタリアがドア開けてる間、おとりになってタナトスを引きつけろ』ですって。
なんという人使いの荒さだ!(笑
タナトスのでかい尻尾でビンタされつつエア減らされつつ、周囲を付かず離れずぐるぐる回って回って…3分くらいそうしてたのか?ようやくドアが開きまして、遺品回収成功しました。タナトスもどっか行った。
で、ゲットしたのはスーツケース。中身でめぼしいのは楽譜くらいですか…主人公が弾いてあげました。そんなこんなでガイド終了。
撮影はランクEばっかです。ひとつC獲ったかな。雑誌掲載されました。
サブクエストとか小ネタ(満月の日の朝に望遠鏡を覗くと…)とかいろいろこなしました。青い鳥イベントが南極・北極とクリアして、熱帯とか言い出したのでこれもストーリー進めないといけません。
うーんこりゃどうにかして南極クリアしないといかんくなったな。
これまでにもうマップ完成の勢いで調査し尽くしてるので、もうあの氷山をどうにかする以外ないのです。さて、どうしたもんか…。
まあちょっと冷静に考えてみよう。今までからして、そんな難しいことはないはずだ。ヒントをよく考えてみよう…『氷の壁のすぐ傍で吹く』…氷の壁かーこれまで散々いろんな場所で吹いても何もなかったから、やっぱり問題のあの穴なんだよな。しかしあそこ、アイスコフィンだっけ?そのなかで吹いてもヒョウアザラシが突進してくるだけなんだが…。
あそこでの目的は、進路を邪魔してる氷柱を壊すことだよな。人間やイルカの力じゃ無理なんだよな。
…じゃあアザラシの力だとどうなんだろう?
少なくとも人やイルカよりあるはずだよな。でかいし。あのヒョウアザラシ…
…もしかしたら『氷の壁』って問題の氷柱なんじゃないか?そのまん前で吹いて、突進してくるアザラシを避けたらどうなる?
よし、やってみよう。
やってみた。すると暗転して、それがこれまでのとちと違う。いけたらしい。
「アザラシの力を利用するとはねー」ってパートナーが感心していた。…他のところで吹いて、突進したアザラシが他のとこに頭ぶつけたら『カワイソウ』つってたくせにオマエ…。
まあこれでどうにか道は拓けたのです。やれやれ。
その先はえー…名前は忘れましたがかなり広い空間が。綺麗だなあーところどころに生えてる氷柱が水晶柱のようです。で、ここにはメガネイルカたんがいまして、どうも迷い込んだらしく、竜の歌っぽく聞こえたのはこの子のSOSだったと判明。
しかしこのイルカたん、可愛いっす。主人公に懐いてしょうがないよ!^^ 一緒にくるくるダンス踊ったりしてこのう!
しかも帰還した船が猛吹雪で進路見失ってると、道案内してくれたし。どこまでできたイルカですか。
名前もつけたのできっとパートナーになるねこれは。

どんどん進めますよ。
次なる目標はなんと、川。南米のアマゾン…じゃなくてどこだっけ…まあ川です。(いい加減な)
ここで以前にも遭遇したサルベイジャー、G・Gが参加。楽しいなコイツ。
しかし川だからか、水が濁って視界が良くない。しかも、危険動物がたくさん。海だと鮫くらいなんだけど、ここではワニとかピラニアとかデンキウナギとかいますよ。ワニとピラニアは餌で懐柔できたんですが(しかしピラニアに餌やるの怖い。手が喰われそう)デンキウナギはどう対処すればいいですか。
なんかパルサーの効きが悪いとか聞くし、何かで驚かせればいいとか言うけど…海笛くらいしかないんですけどいいんですか。
…あ、でもまあどうにか効果あったのかな?判らんですがもう関わり合いたくないのでさっさとスルーします。
で、上流の『精霊の滝』まで来ました。
ここの水門?を開くのに、両脇に鎮座してるカエルの石像でちょいとしたクイズが。瑠璃瑠璃銀瑠璃銀だっけな?まあ簡単簡単。Too Easy !
その先の神殿?にはピンクイルカが!可愛いぞコイツぅ。そしてまたしてもラピスラズリの合板です。川で淡水だからなのか、保存状態がよろしいようです。
外に出ると、クジラがお出迎えです。ミンククジラ…だっけ?(もう忘れてるよ)
まあそういうわけで、川でのイベントはとりあえず終わり。
次は紅海だそうですよ。そろそろ後半なのかな?

それはそうと、川が終わってようーやくサックがラージサイズになったので、これでもうどんな大物も持ち帰れます。いやーようやくだよ。早速ヴァルカ城に行きました。ウハウハです。
川はまだ全然サルベージできてないので、また通います。ウヒヒヒ。

潜ってます

風邪が治らん。辛ぇ。
しかしゲームはやる。相変わらずバーチャルダイビング真っ最中。もう10時間に迫る勢いです。
で…あれからとりあえずメインストーリー進めまして、お城とか攻略してたんですが。まあそこはあまり苦労することもなく終わりまして、それでようやくサック(サルベージ品をストックする袋)がミディアムサイズになったのかな?これでツボとかインゴットとか小箱とかも持ち帰れるようになりました。ラージサイズのが早く欲しいんだけど、もっと進めないと無理っぽい。
てなわけで、城で入手したラピスラズリの石板だっけ?に彫られた文字解読を、日本人の考古学者?に頼んだら、代わりに北極でシロクマの生態調べて来いって言われた。
北極…。南の楽園からいきなり極寒の世界。厳しい。
水面に氷が浮いて、なんかやたら圧迫感。しかもまた鮫が襲ってきますよ。イルカたんに掴まって切り抜けるはずが、なんかまた鮫に殴られて離されて…でもまぁ何とか逃げ切った。怖い。
で、氷にあいてる穴から顔出したらそこにシロクマがいました。
まあ適当に観察してたらオッケーもらえたので、もっかい日本に行く。解読も終わってて、どうやら次の目的地は南極らしいよ。
南極ウェッデル海・特殊氷山。そこに空いてる洞窟に入ると、ヒョウアザラシがいて(どうも巣らしい)、奥に氷柱で阻まれた道がある。これがねー、どうにもならんくてね…。
同行した考古学者さんによると、妙な声の主(潜ると聞こえる)に向こう側から来てもらおうってことで、海笛使ってみようということになって。
んで、早速使ってみたら、ヒョウアザラシが突進してきた。避けたが。
アザラシたんが氷に頭ぶつけてカワイソウだから別の場所で吹いてみたら?だって。
しかしこれがな!どうにもならんのよ!
ここの他にも2箇所ほど穴があるんだけど、問題の場所のちょうど裏に当たる穴の奥で吹いても何も起こらない。この洞窟の入口でやっても同じ。ちょっとでも中に入って吹くとアザラシ突進。
…もう何回やりましたかね。でもダメ。早速詰まってますよー
攻略ウィキもまだ全然埋まってなくて参考にならず。どうしたもんか・・・

さて持ち越していた迷子アザラシ、クリアできました。ブルーホールだっけ?ドームだっけ?の場所が判らんくてコンプできなかったんだけど、ようやくブルーホールの場所が判ったんで。やれやれしんどかった。
ガイドも何件か受けたが、なぜカスザメなんてマイナーなのが人気なのですか。一度なんてホホジロザメうようよのとこにいて、ビクビクしながらガイドしました。村の遺跡にいる。覚えとけ。

とりあえずヒョウアザラシ何とかせんといかん。

フラフラ頭でダイビング

発売日に届きました、『FOREVER BLUE 海の呼び声』。シルバーウィーク初日にダイビング開始。
FOREVERBLUE海の呼び声
前作はスタートすると事務的にプレイヤーキャラ設定画面に入ったけど、今回はストーリー仕立てですね。ダイバーサービスの社長さん(船長さんか?)と話しながら決めてくんですねえ。
前作でも女性にしたんで、今回も。だって男のケツ見ながら潜りたくないし…(笑。肌の色(色白・普通・小麦色)と顔立ち(あっさり・濃い)をチョイスした後は、履歴書の写真がないから撮るよつって(笑 ボブスタイル黒髪の、ってあっさり顔選んだのに結構濃いぞ。ちなみに肌は普通にしました。
社長さんとその孫娘のレクチャー受けつつ入社試験開始。クジラの親子に出会ったり(突進してくるのを避けろって…リモコン振り回して避けた)、ディープホールっていうちょっと深いポイントに行ったりしてたんですが、ここでサメに出会う…。今回、危険な生物に近づくと『DANGER』表示が出ますよ。怖いじゃないか!(でもなんかあってもちょっとショック受けたりするくらいで済む)
で、興奮したり怪我したりしてる生物にはパルサーという電磁波の銃みたいなのを撃ち込むんですがね…興奮してるサメに5発連続でどうにか沈静化。怖いな結構。癒し系ゲームのくせに(笑。
まあ、ここまでは順調だ。
バディアニマルのマイルカちゃんと協力して岩壁を壊したりしてから、サブストーリーをこなす。なんでも調子の悪い奴がいるらしい。パルサーで治療しろってか。まあいい、やってやろうじゃないか(偉そう
えーと、なに?マンタにマナティにナポレオンフィッシュか…はいはい。
でもこれがまたあちこちに散らばってんのよね。パルサーの使い方もなんかイマイチよく判らんなー。
確かディープホールの入口にいたよなあ。ということで早速向かう。あ、いた。パルサーを構えた画面にすると、ターゲティングできるんですよ。その色によって体調がわかるらしい。緑は健康、黄色は軽い病気とか怪我、紫は重症、んで赤は瀕死らしい。
ほうほう、周囲の小魚の体調がわかるじゃないか。なるほど。しかしキミらは対象じゃないんでスルーだ。よしいたな、ナポレオンフィッシュ。パルサー撃ち込…、て、あれ?
マークが出ませんよ?
おかしいな。周囲の小魚は(ry
…訳が判らん。しょうがない、エアも少ないし一旦戻ろう。(どうでもいいけど今回エア減るのめっちゃ早いっす。すっげ焦るっす)
…そやってマンタもマナティも(なかなかマーク出なくてもう)訳が判らんままにとにかくパルサー撃ち込むんだけど、いっくらやってもこのミッションは(違 クリアにならない。
えーなんでー?もう訳が判らないよー。
船に戻っても社長さんとかとも話したりできないしさー。あ、でも島に戻ってまた出航すると依頼のシーンになるんだよな…。なんか「保護してる途中で戻ると最初からやり直しになるぞ」とか言ってるな…。
そうやって何回か潜って、ハタと気づいた。
 依頼シーン→潜って治療→全部終了してから戻れる
…これなのか?
試しにまずナポレオンフィッシュ。あ、今度はマーク出た。黄色。よし撃ちこめ撃ちこめ。すると一緒に潜ってる孫娘(オセアンヌとかいう)が、「後はマンタとマナティね」だって。
そうですか、これでいいわけね…。(何というか疲れた。今まで何回撃ちこんで…)
治療終了になると「ピロリン♪」って音が変わるので判りやすい。撃ち込んだパルサー弾?あ、電磁波?が対象の身体にしばらくぶら下がってんのが何か笑える。
というわけで、さっさと行かないとエアが持たないので急ぎます。もう何回も(ムダに)潜ってるからどこにいるのか判るのが助かった。
まあそうしてどうにか終わったわけで…。うん、いや、いいんだけど疲れるわ。リモコン片手で持ってずっと画面向けてるから腕がね。
しかし今回、ナデナデできないのかな?まあ、初見の生物に関しては前作は撫でないと名前が判明しなかったんですが、今回はマークするだけで判るので撫でなくていい。というか撫でられない。可愛がるのはエサでですか。
なんかそれつまらんなあ…。ナデナデしたい。

あと、前作は1つの海域だけだったんだけど、今回はいくつも移動できるようなので楽しみです。早速エーゲ海が行き先に加わってるけど、出発点のところもまだ満足に探索できてないのでしばらくはお預けです。ぼちぼちやっていきます。



トモコレ。
あれからぽつぽつ増やしまして、ようやく30人に到達しました。やれやれ。
そうそう、よんてとアヤコさんが結婚しましたよー。おっさんが女子高生と…。ワタリとトリッシュはラブラブなくせにまだらしい。で、新たにまたカップルが3組か?できまして、えーと流川と粧裕にやなぎはらかなことタモリ(笑、それとネロとDQ夢主…。いやー意外な組み合わせばっかでびっくりだ。
そして我が分身とバージルですが…、
一度夫婦の危機を迎えそうになりました(笑。いや、二人とも最初はお互いに対して『満足』どまりだったから、大丈夫かと思ってたんだけども…、そのうち分身が『まあ満足』、バージルがなんと『不満』になっちゃって、ああウソ終了?とか思ってたのね。
したら、分身の方が『大満足』→『超満足』→『かけがえのない人』にグレードアップされてくのに、バージルときたら「(分身)とは合わないと思ってるんですが」とか言い出すし!(´д`)
考え直してくれバージル!(笑
ということで、無理くり『相性バッチリ!』を押し付けてみたら、持ち直したようで今のところ『大満足』です。
今現在とりあえずハート飛ばしまくってますので、もうしばらくは大丈夫かと思われます。たぶんな



あ、何が『フラフラ頭』かといいますと、どうも風邪ひいたみたいで微熱あるっぽいんでそれで。休みにあわせて風邪引いて、いいのか悪いのか(笑。

プロフィール

chimosan

Author:chimosan
かゆいところに手の届く人生って理想じゃないですか?


連絡先:kaorumarginal☆yahoo.co.jp(☆→@)

最新記事
名言

地球の名言 -名言集-

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

クリックでエサをあげられます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。