スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13.5回(まだまだ9章)

え~…物語的にはまったく進んでないんですけど、とりあえずCP・チップ稼ぎから脱したので…。
次のエリアへの通路ですかね?の手前に、ぷかぷか浮かんでるトレジャーと敵(機甲兵ヴィーキング&コマンド2匹)がいるんだけど、うゎ手ごわそう~と相手にしてなかったんで、相手します。じゃないと進めないし。最初スニーク使おうかなとヘタレらしく思ってたんだけど、いいやもうどうでも、とそのまま突っ込みました。そしたらほぼ目標タイムでいけた(笑。なんだ…それほど怖い相手じゃなかったな。
馴れてきたのか、奇襲すればだいたい5つ☆でいけるかな?で、そやって5つ獲ったとき、ドロップアイテム見たらプレミアムチップと(まあこれはね)、なぜかバリアスモークが出た。
バリアスモークて…。
スモーク出るのはたいてい☆獲れなかったときとかじゃないのか。レアと一緒に出るってのはなんか解せん。いや、嬉しいけどね。

場所が切り替わって今度はヴァニラ&サッズ組へ。移送しようとしたPSICOM兵たちをなぎ倒して脱走を図ります。短いパートだけども新手の敵もいてね。プリン電機兵だっけか。もうめんどいんでライブラしませんよ。何度かやってりゃいらなくなるし、こいつら奇襲が簡単なんでね。
5つ星連発しながら(それでもドロップがしょぼい)進みます。トレジャーもゲットして。…でも予想以上に短いというか…すぐ次のドアに来ちゃったよ。こりゃリポップしないな多分、てことでもう先に進むんだ。
このコンビ、話的には好きだけどバトル的には好きじゃないので(笑、でも武器を強化したせいか与ダメが上がってて嬉しかったなあ。
脱走がバレたのか?それまでケース『緑』だったのが『紫』に変わりましたよ。てなところで、再びライトさんたちに視点が戻ります。
で、一旦終了。


延々と、そら延々と稼いでたわけですが、結果、なかなか楽しいことになっております(笑。
ff139章途中 (2)
…あかん、字が潰れてるわ('A`) テレビが良くなっても携帯で撮ってりゃダメかやっぱり。
ちなみにCPはライトさん・ホープが36万超、ファングが34万超、スノウが37万超となっておりますたぶん。で、ギルが20万4140。いやよう貯めたわここまで。
サッズたちにチェンジしたときステータス見たら、二人ともCP35万超でした。
…楽しすぎる(笑。
まあぼちぼちとパラメキア散策を楽しむことにしますよ。

楽しんでま~す(´∀`*)

続きを読む

スポンサーサイト

風邪コンボ

何ということだ…('A`)
思えば今月8日から体調が怪しくなり、2つの病院を経由してまで治癒に努めた風邪が全快しないうちにまた新たな風邪を貰ってしまいました。
今度は腸風邪だと。
しかもいきなりだもんな。2日前の明け方だったか、吐き気で目が覚めて、それを胃薬で緩和したら今度は下痢だよ。もちろん食欲全然なくて、かろうじてその日の夜におかゆ一杯がやっと。
でもそんな体調でも仕事は休まなかったぞ!(正確には休めなかった)
ちなみに熱も出た。昨日には平熱に戻ってたが。それでも相変わらず食欲はダウーンしたままで、下痢も続いてたから、こりゃもう無理だなと思った。
何がって?
この土日の雪国行きさ!
当日(つまり今日)の早朝、断りの電話を入れました。こんなんで行ったら確実に救急車呼ぶ羽目になる。もしくは車内が(バスなのでね)とんでもないことになるか。
でも意外とあっさり許可されて良かった。いやまあ当然かな。

それにしても風邪がダブルでやってくるとは…まあ時間差ですけど。咳が治まりきれないところにもってきて腸風邪。神様ワタクシ何か罪を犯しましたか。



サントラですが。
あれ、発売日過ぎても相変わらずトラック名を取得できやがらねぇので、しょうがないから手打ちしました。4枚組という無謀な枚数でしかも一枚につき20曲以上入ってるので凶悪です。しかもしかも、一番最初の曲の情報をちょっと間違えたためにずっとそれが末尾に来る。オープニングの曲なのに。(編成はゲームに沿ってるので)
…なのでもう、プレイリストを作って自分で曲順を編成しました。聴くときはこれを聴くさ!
FF12のときはパソに入れなかったから(そのときまだコンポ壊れてなかったから)かもだけど、なんだよFF…!超メジャータイトルのくせになんでウェブで拾えないんだよ!!ヽ(`Д´)ノ
DMCんときは余さずできたぞ!くそう!サントラでこれをやられると大変な労力を必要とするので非常に迷惑です。

FF13進行状況。まだ9章で延々とチップ狩り。ただいま約14.5万。んでCPが27.5万(ファングが)。その他の3名は30万突破してます。それからサッズのデネブを★にした。もう散々迷って迷って。付加はなくて魔法がやや強いやつ。それでも物理もデフォルトのヴェガと大して変わらんのでこれで…サッズに与ダメは期待しない。それなら魔法強化した方がいいし。
チェーンゲージup系のアンタレスが売りに出されるのは13章らしいので、それまではこれを使おうかと。

フラゲ?

FINAL FANTASY ⅩⅢ オリジナル・サウンドトラック(初回限定盤)
今日、セブンアンドワイでFF13のサウンドトラック(初回限定盤)を買ってきました。昨日メールが来たとき、「え、明日?26日だっけ?」って思ってたらやっぱり発売日は明日の27日でした。
なのでiTunesに入れようにもトラック名がウェブで取得できないときた。スクエニメンバーズサイトでもポイント加算できないし。
要は、明日まで待てば解決するんだな?
フラゲできて嬉しい反面こういうこともある、と…。
初回限定特典のドラマCDはまだ聴いてません。シナリオも入ってたじょ。
まあ明日にでもパソに入れて、ゆっくり聴きます。


ゲームは相変わらず9章のままです。まだチップ漁ってます。ふとCPを見たら、ライトさん・ホープが26万超、ファングが24万くらい、スノウが27万くらいで笑いました。よし、こうなったら30万突破を目指すぞ!
順調にいけばあと3往復くらいでギルも10万を超すなぁ。どうしようかなあ。もっと貯めようかなあ。とりあえず10万&CP30万(ファングが)超えてから考えよう(´∀`)

途中経過(まだ9章)

相変わらず9章で金稼ぎしてます。で、武器をせっせと改造する。今のところ、ライトさんのブレイズエッジとホープのホークアイとヴァニラのベラドンナワンドを★にして、あとアクセのシャーマンサインを★にしてホープに。HP増加のアクセも強化したいところなんだけど、これからそこそこ手に入りそうなんで我慢。
問題は他の奴らの武器なんだよね…。さてどれを強化すべきか。このパラメキア内でファングのパンドラスピアかな?が手に入るんだけど(目の前のトレジャーw)、これ、弱体成功率upとはいえ攻撃力が心もとない。デフォルトのブレードランスをそのまま鍛えるべきか…最終的にはニムロッドにしようと思ってるんだけど、はてそれまでに使うのをどれに絞るべきか。
サッズはチェーンゲージ持続のアンタレスかなと思ってるんだけど、これって店買いしかないのよね…とするならそれまで用でどれをチョイスするか。スノウも迷うところなんだよな…めんどいから初期のワイルドベアにすべきか、今使ってるエナジーサークル(物理寄り)にすべきか。基本的にスノウにブラスター的役割は期待してないので、もうこのまま行くべきかもな…。

それにしても、ここは効率のいい狩場と聞いてたんですが…どうも倒すのに時間がかかる。最初なんて☆なしがザラだった(笑。回復しようとしてヒーラーの入ってるオプティマってことでATK+HLR+DEFで延々とやってたりして…これだと攻撃が独りしかいないから逆に時間がかかると気づいて、B+H+Aでやるようにしたら時間短縮になったとか。
それでもなー、ジャマーがほしいときに相変わらずATK+ENH+JAMでやってるから余計な援護がついたりする…って、ENHをBLAにすればいいのか…。(けどオプティマ設定めんどい)
だけど☆5つ獲れても何もなしってのもザラなので悲しい。モチベも下がるでしょうよこれじゃ…。
逆に☆なしでチップ出たりね。いいんだよもらえたら星なんてどうでも(笑。
とりあえず、もっと稼いで各キャラの武器を鍛えていこうかと。で、なおかつ10万くらい貯めようかと。しかし、それまでにCPがどんだけ貯まるのかと思うと何だか楽しみです(笑。だって今で平均15万くらいあるんだよ…消費してないサッズとヴァニラは多分20万超えてるんじゃないかと…。まあCPはいくらあっても足りないくらいなので気にせず貯めたいと思います。

なんということでしょう…\(^o^)/

続きを読む

第13回(8章~9章初め)

ぜえぜえ…あの九十九折のパーク内を何往復したことやら…どうにかCPが5万越えたので先を進めます。いきなりボス出現~突撃砲レーヴェとかいうらしい。開始早々こっちをバイオ状態にしてくる。サポート&キュアで治療しつつヘイスト。サポ&ジャマにしてバッドステータスつけてから攻撃攻撃~。一応ライブラもして。何段階かの準備の後、レールキャノンという強力なのをしてくるので、それまでできるだけ削る。一回喰らったか喰らわないかで倒せたんだけど、なんか妙に時間かかって星は3つしか獲れませんでした。
それからイベント。ドS美人のナバート中佐登場~。おいおいいいのか軍服でそんなムネ強調して(笑。軍と共にドッジも。「父ちゃん、捕まえた!」そしたらドッジがクリスタルになっちゃった。(てかこれ、水晶のなかに閉じ込められたって感じだな?彫刻っぽくなるんじゃなかったの?)
ドッジをルシにした張本人はヴァニラだった…たまらず逃げ出すヴァニラ、追おうとする兵士を止めて、ナバート中佐はアフロに告げます。「ご自分でケリをつけたら」ドS!すばらしいドSです!(笑 後を追ったアフロ…いい加減名前呼ぶか…サッズを見送りながら、「ルシ同士の殺し合いよ?いいデータがとれるわ」ムチを持ってないのが不思議なほどですな…。
奥でもひと悶着あったんですが、いきなり召喚獣戦が始まったのです。ブリュンヒルデか…FFでは初登場らしいですね。火属性らしいので、火の指輪を装備させて挑みます。ヘイストしつつブラスター×2で攻撃攻撃。やばくなったらアタッカー+ヒーラーで。でも頻繁にやばくなるので、なかなかチェーンが繋がらないな。途中でヘイスト切れちゃうし、そしたらまた最初からですよ。
ブラスター+ヒーラー作るの忘れててね、まあアタッカーでも代用にはなったと思うんだけど…それでも4分かからずに終わって5つ星取れたのでいいんです。
戦いの後、ヴァニラに銃口を向けるも撃てないサッズは、ついに自分へと銃を向ける…。
囚われの身となった二人、というところで8章終わり。

続いて9章です。
旗艦パラメキアへ潜入。どうでもいいけどリグディかっこいいな。
いや~敵のど真ん中へ飛び込んでいくわけですから、当然のことながら敵の数が多いです。その分稼ぎに向いているわけですけど…でもしんどいです。
最初、『まだクリスタリウムは進められない』と漠然と思ってて、だから結構苦戦してたんですが、『ホントにそうかな?』と思って開いてみたら進められました。しかもCPが10万とか超えてて笑った。一番少ないファングでも8万超えだし。
まあそれで半分くらい使って埋めて、戦ってみたらこれがラクで。ただやっぱ、ファングが入るとどうしても主戦になるので、ライトさんは必然的にブラスターの役割を担うわけでね。
となるとやっぱり、グラディウスを鍛えていたワタシは何だったのかということになってね…。
そういうわけですので、もう路線を変えることにしました。ブレイズエッジ(初期武器)を改造しました。チップとか売って素材買って、ただ今ブレイズエッジLv.14。あとファングの武器(これも初期の)をLv.2にした。チップ稼いでもっと進めるつもり。
メンバーも入れ替えできるみたいだけど、スノウは今のとこリザーブです。
それにしても、パラメキアに潜入したてのところは怖いですよ場所が。お、落ちるー!(落ちないけど)
あ、そうだ、リンドブルムを出発するときに、ライトさんがホープに「怖くないか?」と訊いたとき、「怖いけど、皆がいるから大丈夫です」つって、スノウだけ呼び捨てなのね(笑。「なんで俺だけ呼び捨てなんだよ」それはスノウだからです(笑。
…しかしザコとはいえ敵が強いわー。しかも一回の戦闘に出てくるのが多いので、せっかく奇襲成功しても満足に片付けられないで時間が経ってしまう。HP多いんだよテメエら!(苛
まあでも、繰り返しやるうちにマシになってくんじゃないかな。少しずつ与ダメがあがってくんですよ、不思議なことに。まあそうやってCPもだけどアイテム稼いで、金にして武器をガンガン改造していこう。もうどの武器を伸ばすか大体決めてるからね。
それにしてもグラディウスは悔しい…。ライトさん絶対アタッカー!と思ってただけに悔しい…。

第12回(8章初め)

今回はストーリーは足踏みです。歓楽都市ノーチラスにやってきたアフロとヴァニラ。無理やり楽しもうとしてますが、アフロは実は軍に投降しようとしてました。必死に止めるヴァニラ、そのためにドッジがルシになった原因…つまり事件の犯人を知っている、と口にする。
どんどん自分を追い込んでゆくヴァニラ…辛いな。
しかしそんな内面とは裏腹に、周囲はこれでもかなテーマパークっぷり。チョコボだ~♪雛チョコボを探すミニゲームなんかもあったりして。
パレードはキレイだったですねえ。子供だましだけどね。

さてと、それでも軍の追っ手は迫ってくる。さぁ、CP稼ぎの時間だぞ☆
ここは3種類しか出ません。なかでもツヴェルク市街型ってのがCP高くてウマー。だって一匹で128ってウマー。一度に5匹出てくるところがある。ウママー。
4千くらい溜めてはクリスタリウム進めて、てのを4回くらい繰り返したかな?いや5回か?だからもう2万くらい稼いでるんですけど、まだ上限行きません。ぜえはあ。主要三つのうち二つが上限になった程度かな。だからまだ1万くらいは溜めないとダメか。
しかしそれでも5万くらい余裕欲しいな。スタート地点からボス前セーブまで行って戻ってとやると2300くらい?溜まってるので、ひたすら走り回るのです。
効率は良くないけど、ホープ邸に比べりゃましかと。攻略にあるCP稼ぎはまだ先ですからね…とりあえず次の章に行かないとね。
クリスタリウムは一時にヴァーッと進めるのが快感なんですから。上限行ってさらに5万を自分に課す。
では行ってきまーす´ω`

第11回(7章終わりまで)

長い…7章長い…。
引き続きファング+ライトさん。この二人のパートはフィールドは短いんだけどそれなりに歯ごたえのある敵が出るなぁ。ベヒーモス魁皇は残りHPが少なくなると立ち上がるという…そんでもってスロウも効かなくなるから、できればラッシュで片付けたいところ。でもそんなうまくいきませんよ人生なんてものは。だからさー、こいつ一匹ならまだしも、余計なものまで相手してられんですってば。もうスニーク使っちゃうよ。ブレイクさせてどんどこ攻撃しないとやってられんよ。(でもかなりスムーズにいっちゃって、☆5つとか…スニーク使わなくてもいけた?)
で、またスノウ+ホープに視点が戻る。
気がついたホープに、スノウは謝罪をする。ようやく、ホープの憎しみを理解したわけか…そしてライトさんがホープにあのナイフを渡した意味も。前へ進むことを言い訳にしていたんだ、だからこれからはその責任を果たすために何としても生き延びる…償いをさせてくれ、と。
そんなにすぐにはわだかまりは解けないけど、でもようやく理解できたかなホープは…?でも、スノウも認めちゃって謝罪したけど、戦いに参加したのはお母さんの意志だったんだけどねぇ?それともそれを含めた上で、なのかな。
ナイフをスノウへ渡すことで、それを伝えたホープでした。
と、そこへいきなり強そうなのが登場!てかさっき倒した奴じゃねえか('A`) しかもホープ独りで戦えってか!
少年に特攻させんなーばかーと泣きながら戦う。でも回復してんのがやっとだよ。これでもかこれでもかってくらい連続で攻撃喰らって、ああ、死ぬ…となったとき、ライトさんとファングが合流。3人で立ち向かいます。
しかし用意されたオプティマでは足りないので、いったんリスタートしてメニュー開く。オプティマ整えてから、再開。
ファングがスロウかけてる間にプロテス・シェルをしたら、改めてボコしにかかる。ボス戦ではブレイク2回はさせないと終わらないなあ。こいつ、HPが38万くらいあるから時間かかるかかる…。☆いくつだったか忘れた。
「ノラ作戦は失敗です」と言うホープを、ライトさんは黙ってぎゅっと抱きしめる。「私が護るから」とライトさん、そしてホープも「僕もライトさんを護れたら」ですって。…告白大会ですか?(笑 てかライトさん、『こいつぅ』って…もうすっかりホープの前ではデレさんですね!(笑
そして一行はエストハイム邸へ。
ホープん家ってお金持ちなのね。庭にプールがないのが不思議なくらいです(笑。家の中でいろんなものをチェックしてたら、高価そうな掃除機とかありましたよ。
ホープはお父さんのことをあまり好きではないみたいでしたが、普通にいい人でした。ここのイベントはいいね。お父さんはきっと、最初からちゃんと息子のことを考えていたんだな。それが通じてホントに良かった。
しかし追っ手は迫ってくるのです。広いとはいえ一家屋のなかで連続バトル。てか、無限にリポップするからここでCPとか稼ぎたいところなんですが、5000くらいまででやめました。効率が良いとはあまり思えないしな…。それに、兵士たちが落とすチップがそれなりな値段で売れるって聞いてましたけど、落としてくれないんですよ。星5つでも落とさねぇぞコンチクショウ。
なので早々に見切りをつけて、話を進める。ボス戦前の長いムービー…説明ははしょります。(だってしんどい)ヤーグ・ロッシュ大佐かね?アンタ、あれであぼんなの?(だとしたらなんて小物)
えーと…ボスは飛行戦車グライフ、ですか。本体の他に左右機関砲・左右舷ありか。まあこういう場合、大抵は本体は一番後だよね。これも例に洩れず。
ファングをディフェンダーにしてライトさんは攻撃、ホープは強化。それから周りから攻めていく。あ、ちなみにパワースモーク使ってます。
本体に行くまでに一回プロテスとか切れたんでかけ直し。地道に削ってって、ブレイク2回させたんだけどまだかかるな。そのうちにパワースモークの効果も切れちゃったよー。そして3回目のブレイクが終わって少ししてどうにか勝利。それでも星は5つ獲れたな…10分くらいの目標で7分半くらいだったかな?
ご褒美で閃ウラン鉱がもらえたので嬉しいです。
戦闘が終わるとそこに新たなグライフが!おかわりかよ!と思ったらさらに新たなグライフがそいつを撃沈。実はお迎えでしたというオチ。

これでようやっと7章終わりました。そういえばここではなにかとスノウのてぃ○びが話題になりますが(笑、ワタシはそっちより奴の腕の血管に目が奪われていました(笑。ムービーつっても最高画質のじゃないムービーでだからすげぇなあ、と。すごいリアルだったですよ血管が…(血管フェチなもんで)いい身体してるよなあスノウ…。
それはまあいいとして、8章もさわりだけ。恒例のようにクリスタリウム進めたんですが、さすがにここいらまで来ると全部埋めはできませんな。アフロ・ヴァニラ共に28000弱あったんだけどね。まあでもレイズとかヘイストとか覚えられたからまだいいか…。
こいつら二人パーティもこの章でラストのようなので、もうひと踏ん張りです。

第10回(7章その3)

はい続きです。スノウ+ホープでしばらく延々と兵士を狩ります。思い出したようにCP見たら、スノウがそろそろ2万いきそうだったんで、とりあえずそこまで。んで、超えると今度はホープが1万超えそうだったんでそこまで。超えたらその先を行きます。あ、何か新しい奴が出てきた。PSICOM飛空狙撃兵…だって。HPはそれほどでもないんだけど、多連装ミサイルとかがクセモノ。結構威力あるうえ、喰らうとのけぞっちゃう。複数相手でホープがこれを連続して喰らうとすぐにHPが黄色くなる。3人もいたら軽く憂鬱。
CPも微妙だしなー。まあでもしょうがないから相手してやるよ…。
そうやって頑張ってるといつの間にかホープのCPが13000くらいになったので、もうそろそろよかろうということで先へ進む。
ここへ来るとき、兵士に集められた民衆を助ける意味で、スノウはわざと目立つように兵士から銃を奪い、『凶暴なルシ』を装う。まったくこいつは同行者のことを考えてないな!もう少し方法もあるかもなのにな、うーん。
そして混乱に乗じて路地へと逃げ込むわけですが。
すると、逃げ遅れたのか、ぬいぐるみを抱えた女の子がいました。「大丈夫?」とホープが手を差し伸べると、女の子はぬいぐるみを投げつけて(ついでにホープも突き飛ばして)逃げちゃった。見ると、逃げてきた方向からは得物を手にした民衆が…。自分たちの身をルシから護るために、二人に迫る彼ら。
いや~、あるよねこういう展開。護ろうとした対象に追われるという、ね。(何気に大好物です)(黙れ)
とはいえ、彼らを傷つけたくないスノウは、頭上の看板を落として道を塞ぐ。その隙に飛行ギミックで逃げ出します。
おまえの家はまだ遠いなあ、とスノウ。家族に憧れる気持ちを話す彼に、ホープは「もしそれが奪われたらどうする?」と問いを投げる。遠まわし。
あくまでも楽観的に、意固地なまでにポジティブに考えるスノウに、ホープの苛々も頂点かな。
ここから先には、例の快速機ファルケが出てくるんですよ…('A`) ガトリングガンでライトさんを昇天させてくれためんどい奴ですよ。まあでも、スノウのディフェンダーがあるからなあ…。ということで挑んでみました。
うーん、まあ何とかいけるんだけど、『ガトリングガン』の文字が見えたら即座に『シールド&キュア』にしないとヤバいです。うかうかしてるとホープが狙われそうになる。一度やられちゃって、貴重なフェニックスの尾を使っちゃったよ。
で、こいつ単体ならまだいいんですが、飛行兵とかと一緒に来られると地獄。1体ずつでもそらぁ苦労したので、奥のセーブポイント付近にいるファルケ×1と飛行兵×2はスニーク使ってスルーしました。
そしてボス戦です。えーと…侵攻制圧機ウシュムガル?とかいう。最初にシールド&サポートにして、ライブラの間にホープに強化させる。とはいえ、ガード面だけ。始まる前にパワースモーク使いました。ブレイブやフェイスもだけど、何よりヘイスト!これがあるのとないのでは天地の差。
がっつり強化を終えたらひたすらボコす。ブレイクさせてまたボコす。で、勝った。楽だった。
「あそこで少し休むか」、とスノウは近くの自販機で買ったジュースを差し出すも、ホープったら「それ好きじゃない」と。あ、そう…、「俺は好きだけどな」と自分で飲んじゃった。
ちなみにこのジュース、ミルクソーダというそうですよ。いや、正式名は『もこもこミルクソーダ』だっけな?(はみ通に書いてござっした)…甘そうな名前だよね?スノウこんなのが好きなんだね。てことはこいつ、結構甘党かな?…きっとセラとのデート中も、太るのを気にしてあんまり食べないセラの分まで平らげてそうだ…って、妄想タイムはここまでにして。
ホープは先程と同じ問いを口にする。スノウは同じ答えを、「戦っていつか手に入れる」と。
「戦って、人を巻き込んだら?」
「誰かの希望を壊したら?」
「死なせたら、あんたの責任は?」
「その人たちにどうやって償うの!」
矢継ぎ早に投げかけられる、そのときスノウの脳裏に浮かんだのは、ホープの母親か。そこでようやく、スノウは認める。巻き込んで、死なせた。でも謝ったって取り返しはつかない、謝り方も、償い方も判らない。生きて、求めていくしかできないんだ、と。
ここでようやく、ホープはお母さんのことを告げるわけですね。ようやく、話が通じたわけだ。長かったな。
この後、スノウを追い詰めようとしたホープは、敵兵器が放った弾?の爆発に飛ばされてしまうわけですが、落下していくホープをスノウは身を挺して庇うのです。
…途中、あちこちにぶつかって緩和されたとはいえ、あんな高いところから落ちたのに…丈夫だな、スノウ…。
道程は、まだまだ険しい。

場面変わって、ファング&ライトさんサイド。
「セラがルシになったのは、うちらのせいだ」とファング。追われるごたごたでヴァニラとはぐれて、ずっと探していたらしい。ライトさんはファングにビンタ一発でとりあえず矛を収める。
さてこれからまたしんどい道程が始まるわけですが。
さて、どんくらいCP溜まったかな~とメニュー開いて、笑った。100しか残ってなかったのに、1万弱あるよ(笑。稼いだなワタシ!早速埋めていって、上限まで。ふーやれやれ。
少しでも回復の足しになるかな、と医療の技術だっけ?アクセの。あれのLvを上げました。1段階上げたら★になって上限。あれ、そんなもんなのか…。回復量増えたらいいな。
とりあえず今日は、ここまで。

第9回(7章その2)

いやぁもう、この章は急転直下もいいとこです(´Д`;) はしょれるとこがないよ
えーと、スノウ+ホープになったとこからか。シヴァのせいであちこち凍り付いてオブジェみたいになってるよ。なかには空洞になっていて通路になってるとこも。…楽しいな…
兵士たちを倒しつつ進んでいくわけですが。だいたいはいいんだけど、なかには連続して魔法攻撃してくる上位っぽいのとかいる。しかもこいつがHPかなり高くて手こずる。結構集中攻撃してくるから、ホープが狙われたら大変。なのでディフェンダー+ヒーラーでしのぐ。挑発にちゃんと乗ってくれるので嬉しい(笑。まあでもブレイクさえさせられればラクですが。打ち上げ覚えてるから、それはまるでお手玉のよう(笑。
しばらくここでCP稼ぐかな~とか思ってたんだけど、こいつらリポップしない。くそぅ…でも最後に相手した集団とはやりあいたくないから、いいか。
広場を出たところにあたるのか、住民が兵士の指示に従って移動してるところに出くわす。ライトさんにホープを護れと言われたけど、あの人たちも護りたい…欲張りなスノウ、出て行って場をかき回すか、と。俺は考えなしのバカだから、そうやって何も考えずに戦うのはバカだけで充分だ。
…ここまでくると、いっそ天晴れだよ、スノウ…。その空気の読めなさ、判っててやってるとしか思えん。
「ノラは軍隊より強いってな!」そやって下手くそなウィンクかまして笑うスノウに、ホープはどんな感情を抱くのか…
 もうね、何この主観同士の行き違い('A`)
それを言っちゃあ、おしめえよ、みたいなね…('A`) 無知は罪だと、誰が言ったか。

場面変わって、ファングさんとライトさん。何者だ?と不審な視線を向けるライトさんに、ファングはあっさりと正体を明かす。彼女と、そしてヴァニラは下界(グラン=パルス)のルシで、クリスタルになって眠っていたところを目覚めさせられた、とか。だからセラにも希望はあるということか、ふーん。
セラやドッジ、そしてライトさんたちがルシになったのも自分たちが目覚めたせい、だとか…何といいますか、うん…。
スノウとの通信で、合流場所をホープの家と決めた後はファングさんリーダーで行動です。
早速、ファングさんのクリスタリウムを埋めていくわけですが、え、何このCP。2300しかないよ('A`) 攻略にあった必要最低限埋めたらなくなっちゃったよ。しょうがないけども…。とりあえず、この二人のオプティマとしては、まずジャマー+アタッカーか。ファングのスロウガの後、アタッカー+ブラスター。パーティ入りたてだからってのもあるけど、心もとない…。だけどファングは物理攻撃の人らしいので、ライトさんはブラスター役が多くなるそうな。むしろ向いているのか?
…なら物理攻撃主体で選んだグラディウスの立場は…('A`) 基本的には何でもいいらしいけども、うーん…このまま伸ばしていっていいものかどうか…。
ザコ戦3回くらいでこの二人のパートは終わって、再びスノウ&ホープ。ここらでそろそろしんどい。風邪が全然完治してなくて、むしろひどくなってる(ならやるな)んで、適当に終わります。これまでほとんどリポップしなかった兵士が、ちょっと戻っただけでまた復活してるのでしばらくはここでCP稼ぐ。何か落とすかもしれないし。

第8回(7章少し)

この7章はいろいろありそうなので、いつも以上に小刻みになると思われます。では開始。
そういえば前回ではムービーに触れませんでしたが。アフロ(名前呼んでやれよ)の息子・ドッジ登場ですな。アフロの息子はアフロなのだね…かわいいなあ。おチビさんのわりに声変わりが早すぎやしないか?(汗 そしてドッジがルシだった(しかも聖府の)とは…。親子揃ってルシか…きついな、アフロ。(だから名前を)
しかも、なんかヴァニラが絡んでたっぽい?言ってしまいそうになる、けど言えない、辛いやね…なんか痛ましいよヴァニラたん。
…で、えー、話を7章に戻しますと。商業都市パルムポルムでは、すでに厳戒態勢が敷かれていました。兵士、しかも警備軍まで動員してやがる。こいつらは軽いもんなんですけどねぇ。(余談ですが、FF13発売前のTV特番?にバトル操作画面の映像があって、それがどうやらここだったモヨウ。確かに、パーティもライトさんとホープだったし。でもあれ、二人のHPが明らかに多いんですけど?二人とも4桁いってたよ?ちなみにこの時点でクリスタリウム上限でも4桁はいきません。どういうことだ。アクセとかで増やしてたのか?なわけはないよな…ワタシだって増やしてもいかないのに)
子供だけが知っているという抜け道を進みます。途中、快速機ファルケとかいうバイク系が巡回してまして、これも攻略には「避けるべし」とあったんですが、アホなのでいっぺん挑戦~とかって挑んでみたら…
ガトリングガンでライトさんが昇天→\(^o^)/オワタ
ちょっとそれはないだろう…プロテスしてるのにダメージが900超えるってどんなんだ…orz なので「すんませんした~」とそそくさと避けて先を進みます。…いやもうね、最近CP稼ぐ気力ないんだ。兵士とかで稼ぎたい気持ちはあるんだけど、どうせここらあたりぐるぐる戻ったりするとまたホープがぐちぐち言いそうで気が重いんだ。
…まあ、兵士はこれからいやでもごっそり出てくるだろうから、いいやもう。(自棄)
途中までしか判らない、としゅんとなる少年にライトさんは「なら、この先は探検だな」と軽く。ちょっと角取れてきたのかね?(笑 このときのホープが可愛かったなぁ。
そして奥はなんと、カーバンクルというファルシがいました。なんでもコクーンの食料とかを管理してるそうな。ここでホープが大変的を射た発言をしてましたな。『人間はファルシのペット』…理解した上で言ったことじゃないだろうけど、それだけに真実を突いてしまうというか…。
だけどさ、そういう、人間の力の及ばない『何か』によって生かされているということを理解していなかったのかな?コクーンと下界という違う世界が存在していると判っているなら、コクーンの成り立ちというかそういうのも判ってるはずだと思ってたんだが…。
でなかったら、ペット以下じゃないか?
ここらでライトさん、ホープを巻き込んだのは完全に間違いだったと後悔する。そしてノラ作戦は中止だ、おまえは『希望』を持って生きろ、その名の通りに…と告げますが。
それを聞いてホープはただ混乱するのみ。そらそうだわな、挫けそうになるのをやっとの思いでそれだけを支えにしてついてきたのに、今更それはないでしょう。
…だけど少年、ライトさんもいっぱいいっぱいなんだよ。でもそれはお互い様だね。
ここらのホープがもうね、なんかもう、可哀想とはちょっと違うんだけど、「負けるな、坊ちゃん負けるな」って精一杯励ましてあげたいようなね、なんかもうたまらんかったんですよ。だって倒れそうだよ、この子。たった14歳の子にそんな無理背負わすのはもう不憫すぎて、もうね…!
どんだけライトさんになってぎゅっと抱きしめてあげたかったか!(黙りなさい)
…ホープのお母さん、あの後こんなになると思って、ああいう行動に出たんですか?残された者の事をもう少し考えて欲しかったな…。

で、えー。ここに出るのは当たり前ですが初見の敵ばかりです。でもほとんどライブラしませんでした。どうせ繰り返しやってくうちにいらなくなるんです。(要するにめんどいんです。かなり投げてます)
数はさほどないけど、ウザさMAXの敵ばっかです。2種類だけだけどね。プリン衛生兵というのと、あとあのスケイルビースト系のシルトパット月光とかいう奴。まずこのプリン、自分以外の敵のHPを回復しまくるという最高にウザいことをかましてくれます。最初これで絶望を味わった。際限がないじゃないか…!でも実際は、ちゃんとブレイク値が溜まっていくので、ブレイクさせて集中攻撃で何とかなるんですけどね。むしろ、それまではお互いに回復しあっているだけなので、こっちを攻撃してこない分助かるんですが。でもウザい。
それからシルトパット月光。こいつはね…、スケイルフォトンていう、結構きつい技オンリー。これ、ダメージある上に転ばせられるので行動が遅れるの。おまけに固いからなかなかブレイクさせられないし。どっちかに狙いを定めて集中攻撃してくるのでウザいんですよ。ライトさんならまだしも、ホープ狙われるともうずっと回復してなきゃならんから時間がかかるかかる。こいつ相手にしてまともに☆なんて獲れない('A`) こういう固い系はどうやったら素早く始末できるんですかねぇ。ブレイクさせることが鍵なのは判るんだけど…。
トレジャーを抜かりなくゲットして、地上に出ました。
するとそれを待っていたかのような包囲網。あらTV中継までされてるじゃない!(違 もんのすごい兵士の数だなあもう。進退窮まったか!? と思われたそのとき、遅れてきたヒーロー(自称)たちが乱入です!(゚∀゚*)
ここのムービーはちょっと興奮した!ちょ、どうしたんだスノウ、カッコイイじゃないか!(笑
駆けつけたスノウとファングに、ライトさんはホープを託して突っ込んで行っちゃった。ファングがその後を追って、スノウはホープを連れて逃亡を図る。そして取り囲んだ追っ手たちを相手取って、バトル突入!
…は、いいんですけども、最初どうしていいか判りませんで…いや、召喚獣で戦えばいいんだけど、適当にボタン押してたらドライビングモード終わっちゃってね…そんで強そうな機械が残っちゃって、そしたらまだクリスタリウム進めてないスノウがぽつーんと独りで…(笑。
案の定、ヤバくなってます。なのでリスタートしました。そしたらメニュー開けたので、もう早速強化強化。てか、CPどんだけ溜まってんのかと思ったら28000超えててさすがに笑った。(ひょっとしたら3万行ってるかと思ったんだけど、そこまでじゃなかった)全部埋めてもまだ1万以上残ってます。
バトル前からやり直し。今度は○ボタン連打でできるとこまでやって、ラストは△でフィニッシュ。で、一掃できました。やれやれ。
ここからはスノウ+ホープみたいですね。とりあえずオプティマ整えて、セーブして終わりました。ディフェンダーという新たな要素が加わるわけか…。できるかなワタシ。

第7回(6章)

さあ続きいきましょうか…気が重いけど…。
進みますと、チュートリアルがありました。スケイルビーストとかいう、超固い敵は戦わずに避けた方がいいよという…。うん、その忠告には従いたいところなんだけど、トレジャーの前で頑張ってるのがいるのでね…というわけで、無謀にも挑んでみました。
地道に何度も何度も何度もデプロテ・デシェル・バイオかけて。これがなかなかかかんないんだな…しかしうまい具合にどうにかかかりまして、全部じゃないにしろそれでブレイクさせれまして。そしたら殻が剥がれるんだねぇ!(笑 いやもう、まんまトカゲで笑った。
…しかし1回のブレイクで倒せるほど攻撃力ありませんでね…。それにブラスターだと上昇率はいいもののすぐに下落するから持たない持たない。地味にアフロのアタッカーが効くよ。
でもねぇ、こいつの通常攻撃も結構痛いんだよねぇ。150軽く超えるよ?(ちなみに6章スタート時点でクリスタリウムは上限です)
何より、こいつらにプロテス・シェルがないのが痛い。
相手をデプロテ・デシェルできたってちっとも優位に立った気がしません。それに操作キャラがヴァニラだから、回復役こっちでしょ?ケアルのタイミングとか結構シビアよ?うっかりしてると防戦一方になっちゃうの。
…まあ、そんなこんなでどうにか倒せたんですが、目標タイム4分半くらい?なのに実に10分以上かかりました。(笑
この二人で五つ星で倒してる人、一体どうやったんですか。何やったらそんな素晴らしい成績出せるんですか。
あ、ちなみにちゃんと奇襲成功してこれですから。うん、ヘタレなのはもう百も承知だ。
あとねぇ、こいつ以外のザコもねぇ、結構というかかなり手ごわいですよ。つか、ライトさん&ホープならここは楽勝だと思うんだ。斬り込み隊長がいないとごっさ辛い、ここ。
あのほら、3章でも出てきたカエル魚な?あれの亜種が2種ほど出るんだけど、マッドフロッグとかいうやつが仲間を呼びやがるのよ。それなりにHPある上にんなことされてさ、もおうムカつくこと。1匹だけならまだしも団体で来られるとね、もうフロッグだらけで発狂しそうです。集中攻撃なんてされたらあっという間にピンチ。ヴァニラたん回復オンリーになってしまいます。「踊ってんじゃねぇこのクソガエルが!!(怒」
後にも、グレムリン(4章にも出てきた。ファイア唱えてくるウザい奴。姿かたちが案外ラブリーなだけにムカつく)とかその上位のガルキマセラとかね。必ず3匹以上の団体なのでたまりません。だからここにライトさんがいてくれたらね…!
しかもガルキマセラなんてグレムリンの4倍くらいのHPですよ。しかもファイラ唱えくさるんですよ。速攻倒さねばならんのに、速攻倒せないんですよこの面子だとorz
当然評価は最低です。最初なんてグレムリン5匹に☆獲れませんでした。(思わず目を疑った) くっ…!腐れトマトプリンには五つ星連発なのに…!
エリアが変わって、降雨コントロール端末で晴天・雨天を操作しつつ進むところでは、もう弱い敵オンリーで進みました。ここ来る前は頑張ってワイバーン(強敵その2。飛竜かな?)も倒してやろうと思ってたんですが、もはやそんな気力は残っておりません。
いつもならそれなりに頑張ってCP稼ごうとするんだけど、その気力もない。
トレジャー取り洩らしのないよう注意しながらそこを抜けて(逃げられるとこは逃げた。疲労困憊である)、このステージのボス戦です。
いやもうだからね、この二人でボス戦とかホント勘弁してもらえませんかマジで真剣に。('A`) 大事なことなので叫んでみました。
苦労するのが目に見えているので、できるだけの準備をして臨みました。そうそう、スモークね。もうパワーとバリア両方使っちゃうよ!(余談ですが、つい最近までスモークは1種しか一度に使用できないと思ってました。重ねがけできるんだねー)
ボスはエンキ&エンリル。ぐーすか寝てるところに通りかかって、忍び足で通り過ぎようとしたらお約束通り起きちゃって戦闘開始です。
えーと、確かエンキが水無効でエンリルが雷無効なんだっけか。ライブラスコープも使ったんですが、これ、敵全体を一気にできるんだね!優秀だな!
エンリルの方が多少HPが少なめということなので、じゃあとりあえずこっちから倒すか…とヴァニラのジャマーでデプロテ・デシェル・バイオ。あ、案外すっとかかるな。そんじゃもう一方にもやっとこう。半分以上バイオ頼みです。
…で、どうもそのまま攻撃に入っちゃったみたいで、当初の予定とは逆にエンキから攻めてました。途中単発攻撃とか喰らったりしましたけど、『怒っている』表示の後に来るという範囲攻撃にはほとんどやられることなく…HPもそれほど危なくならず、なんか割りとあっさりエンキ、撃破。
この頃にはエンリルにかけてた弱体も解けてたので(おたけびで強化使われたのもあって)もう一回ジャマーで。その間もアフロがアタッカーやブラスターで着実にダメ与えていってたので、スムーズにブレイクできてつつがなく撃破できました。
…これは…、スモーク使わなくてもそれなりにイケたんじゃ…?だからもう、ボスよりザコに手こずるって間違ってると思うんですよ色々と!ホントに!!(;´д`)

結局ボス戦も合わせて、ここで稼いだCPは4000もなかった。そしてこれが終わるとまたクリスタリウムの成長枠が拡がったわけですが、そろそろまた稼がないとならないような。だって16000↑あったのが全部埋めたら6000↓になっちゃったからねぇ。
ともかくこれで第6章は終わり。あーこんなにスルーしたのは1章以来ですよ。悔しい気もするけど、それ以前にもうあの二人でザコ戦とかしたくないんで。

第6回(5章~6章初め)

それでは続きです。
えーとどこまで行ったんだっけかな。樹林の中ほどまでだったかな。ええと、少し行くと回想イベントがありまして、ライトさんの誕生会(笑 でのいきなりの婚約発表&ルシ告白でした。「何の冗談だ」とライトさん、うんそれはすごく同意です。爆弾発言2連発はキビシイんじゃないかねキミたち。信じてもらえなくて飛び出してったセラを追いかける際に、スノウってば「なら俺がセラを守る!」って、あのね、言われる方のこと全然考えてないだろお前ら。
後のニュース速報にて、ルシ告白がどうやらマジらしいと悟るライトさんですが…「独りにしたのは私なんだな」とちと自嘲気味。
それから次のイベントで、ホープの目的がスノウへの復讐だと判明、その象徴的な意味合いになってるらしい例のナイフ。渡したのは完璧に間違いだったかもしれない、そう後悔するも時すでに遅し。
報われない人だなライトさん…。
でもホープのことは、少年が自分で理解するしかないことだからね。セラのことだって、ライトさんに非はないと思うんだがなぁ。
樹林の最奥部ではボス戦があるんで、クリスタリウムはいじれないけどまあ、今後のことを考えて飽きるまで往復します。今更入口まで戻ってみたりして。ひたすらバトル繰り返してるだけなんだけど、どういうわけか微妙に与ダメが上昇してる不思議。まあ、何かがうまく作用したんじゃないかな。判んないけど。
ベヒーモス剛より強いらしいベヒーモス(付録はつかない)もザコとしてうろついてます。こいつ一匹だけならいいんだけども、何か他のと一緒だとしんどいな。ヴェスペ葉穏の発展系らしいドレイナーとやらも毒攻撃してきたりとかでイヤン。
途中、ベヒーモスとシルバリオ×3とかいて、うゎなにこれ絶対無理とかってわざわざスニーク使って近づいてみたら、勝手にケンカしてる最中だったという罠。速攻リスタートしてやりました。100%奇襲成功するじゃねぇか。
こんなんばっかだとラクなんだけどなー。そういやベヒーモスのしゃくりあげ、一回喰らいましたがプロテスかけてたら大したことなかった。なんだ。
ぐるぐるうろついてるうちに、素材(牙系)が50個とか超えてきたので、ちまちま改造するのです。機械系がそろそろ欲しくなってきた。ただ今グラディウスLv.6。それと坊ちゃんのも一応しておいた。ホークアイが後々良さそうなので、それをとりあえずLv.2まで。いや3だっけかな?
進みまして、新顔が出てきました。警備軍巡視兵+射手と快速機ミーラン。またバイク系ですよ…、案の定手ごわい。兵士どもが何気にウザい。
ここを抜けたらボス戦会場なんですけどね、できればTP温存しときたいんだけどね、でも初見の敵とあらばライブラしないわけにはいかないじゃないか!
結局TPが5→2になったんで、また戻りまーす…。λλλ.......「戻るんですか?」Σ(゚Д゚;by坊ちゃん
…あの~、何度もそう『なんで戻るの?』みたいなこと訊かないでくれますか坊ちゃん。地味にイラつきます。
念のためと2階層ほど戻ったんだけど、このエリアに戻るまでに満タンになってました。ここを行ったり来たりでも良かったかな…でもこいつら手ごわいから☆あんまし獲れなかったらアレだしね…。
てなわけで、ボス・試作騎ユイジンシャン戦です。
こいつは結構手ごわいと聞いてまして、何でも属性を変えてくるとか?あとフラワースクリューとかいう物理攻撃がかなり痛いとか?聞きますので…あとHPも12万以上とパネェのでやる前からうんざりです。攻略サイトには『ある程度削ったら召喚でおk』とかあったのでTP貯めてきたわけですが、でもあるサイトさんで召喚なしでやってはる動画を見たんですよ。このバトルって目標タイムが10分弱あったんだけど、確か5分くらいで五つ星獲ってらしたのね。オプティマを駆使して、結構二人ともHP赤くなったりもしてたけど。
できれば召喚は使いたくないなぁと思ってまして(いや、よく判らんからさ…)まあでもマジでヤバくなったら使うかな、という気持ちでトライしました。
でもチキンなのでパワースモーク使って(笑、いや最初はバリア使おうかと思ったんだけど、ライブラしてる間に多分坊ちゃんがプロテスとかかけてくれるだろと思ったんで。
しかし最初ライブラ忘れてて、慌ててかけた(笑。一回じゃ情報全部は出ないので、2回。しかし2回目はライブラスコープを使うという…だっていざという時のためにTP残しておかないとさ…。
スクリュー使われたり、どっちかのHPが黄色になったらすかさずアタッカー+ヒーラーで。そんなこんなでまあ順調にブレイクさせれまして、おお打ち上がるぞこいつ(笑。残り6分の1くらいのとこで切れたんだけど、そこからはちまちま削って、勝利☆
なんだ、召喚使わなかったな。んで結果見たら、3分45秒くらいで五つ星でしたヽ(´▽`)ノ" まぁパワースモーク使ってたからだろうけどな。いいんだよ勝てば何でも。
さらに奥へと進むと、いきなり樹林は途切れて海?川?の向こうにパルムポルムが見えました。てなところで第5章は終了。

場面変わってスノウサイド。『ルシ狩り』なる作戦に参加させられてるスノウ。回想シーンにて、セラが下界のファルシに捕獲されちゃいました。セラが言い残した「コクーンを護って」という言葉を拠りどころにしてるわけかい。セラ至上主義もいいけど、他人に迷惑かけんなよ、というか言い訳にすんなよスノウ?

それから第6章を少しだけ。ヴァニラ&アフロに話は移ります…てか、またこいつらか~('A`) しかも今度はヴァニラがリーダーかよ。大丈夫なのか。
場所はサンレス水郷という、自然保護区?みたいなところ。すごいな、緑が一杯だ。新鮮だ。
…で、えー、第5章のボス戦を終えるとクリスタリウムが進められるんですが、もう早速進めちゃいました。
だってボス戦前ですでに17000超えてたし(笑。 どんだけ貯めこんでんだ!貯めすぎだろ!
案の定、この時点で成長MAX行ってもまだ13000超残ってるし(笑。いやいや、まだまだ貯めますよ!(`・ω・´)
当然の如く初見の敵ばっかなのでライブラしつつ。途中、ヴァニラ専用武器『ベラドンナワンド』が手に入ったので、早速改造。もうこれ伸ばしてくことに決めてますので。
でも機械系素材が不足してるんでLv.2までで我慢。…いいんだけど、バトルのときのヴァニラのセリフがちょっとイラっときました。アフロがリーダーのときより明らかに喋っている(当然か)。うん、初めてウザいなと思った(笑。

ダウーン

風邪ひきました。
昨日の昼間からなんかヤバいなーと思ってて、そしたらどんどん辛くなって、こりゃ絶対熱あるよな、でもあと少しだから頑張ろうって残業こなして帰ってきて、計ってみたら38.2℃\(^o^)/
それを見て思ったこと→38℃以上の熱なんておたふく風邪以来だな!(○十年前)
…なので今日、病院行って来ました。ちくしょー今日会社の新年会だったのに…!(タダ飯が!タダ酒が!)
そしたらお医者さんに、「一応インフルエンザの検査させてねー」とか言われて、やらされました。
鼻水を採取するんですけど、たまたま出てなくて、だから検査綿棒?を鼻の奥まで突っ込まれましてね…、それなりに痛かったです。涙が出たぞ。
それから検査結果が出るまで別室に隔離ですよ(笑。いや、判るんだけどね…。
結果はシロでした。いや良かった良かった。だって新型だったらヤバいもんねえ。あれ、猫にも伝染るとかって聞くし。
咳と微熱が続くようならまたいらっしゃい、ということでした。

休日に図ったように風邪ひくってなんなんですかねホントに。いや、仕事休めないからいいっちゃいいんだが…、なんか割り切れないものを感じるのはどうしてでしょうね。

第5回(5章前半)

ここから第5章です。
ライトさんとホープに移ります。下がっていろというライトさんに、ホープは前衛を買って出ました。坊ちゃん(´∀`*)
強くならなきゃ、と懸命に自分を奮い立たせる。うむ、がんがれ。…駄菓子菓子、本当に前衛に行っちゃったんですね。つまり操作キャラがホープ。…いや、これは、確か第2章だったか?のヴァニラ&ホープに次ぐ不安…。いやまあ、相棒がライトさんだからまだ心強いんだけどね。
しかし4章でのオーディン戦の前にがしがしCP稼いでクリスタリウム進めたせいで、ただCP貯めるだけになっちゃってるんすよ。5章開始ちょいあたりで既に1400とかありますよ(笑。
…で、ステータスとか見てて気づいたんですけど、ライトさん打ち上げ覚えてるよ!(゚∀゚*) でも今まで見たことないのはどうして?と思ったら、どうもこれまでは打ち上げできない敵ばっかだった模様。あれはオートだからブレイクしたら見られるはずなので、期待しつつ先を進むのです。
場所はガプラ樹林という、聖府管轄の生態実験場、らしい。なんか機械チックな樹林て感じ。野生の魔物や機械系が混在してる。初見の敵もいるぞ。きっちりライブラしつつ戦います。なんか、カタツムリみたいなのがいるんだけど、こいつは簡単に背後を取れるのでラクでした。ゲパルト系はなかなか後ろ向いてくれんからイヤだな…でもここにいるのは比較的奇襲しやすいような?
あとベヒーモスもいる。こいつは簡単に奇襲できるんだけど、なかにはずーっとこっち向いたままの奴もいてすごくイヤンです。
あ、でも、ここでようやくライトさんの打ち上げ見れました!^^ おおかっこいいぞ!画面から切れるくらい高く打ちあがるので気持ちいいですね!(笑
途中のトレジャーで毒消しがありました…ということは、毒攻撃してくる敵が出るってことだね…。そしたら案の定ですよ。シルバリオとかいう…こいつ、確か12にもいたな。12では狼みたいな感じだったけど、今回のはなんか…妙にリアルで可愛くないです。毒攻撃はこいつがしてくる。最初焦って毒消し使っちゃったんだけど、どうやらバトルが終わったら状態異常も治るみたいだな。ち、使うんじゃなかった…。
道中いくつかムービーがあるんですが、ライトさんが「お守りだ」といってナイフをホープに渡す。何でもセラからの誕生日プレゼントらしいですな。
…箱開けた中身がナイフて。(´Д`;)
しかし、その気遣いもホープにとってはあまりいい方向に行かなかったようで…。ますますスノウへの憎しみを強める少年に、ライトさんちと戸惑い気味?『強くなる』ことの意味を取り違えてるホープ、さてどうしたもんか。
進むうちにベヒーモスと同じ檻の中(笑 で強制バトルとか。途中、『パワー充填25%』とか表示されるとすげービビる。しゃくりあげが来るからねぇ。幸い100%にはまだ行ったことはないですけども…。
そう、CP稼げどもクリスタリウムいじれないので、別の方向の底上げってことで、ライトさんの武器をちまちま改造していってます。とりあえずグラディウスをLv上げすることに決めた。最初動物系素材でボーナスつけて、それから機械系でウハウハです。ちまちまやってって、ただ今Lv.4。
これやってくと、地道に与ダメが上がるんだ。AIが操作するライトさんは、ヘタレプレイヤーのときよりも華麗に動いてはります(笑。
しかしやっぱり早く成長させたいんだぜ…。でもこの先のボス戦をクリアしないと次の段階にはいけないようなのでがっくりです。地道にやるしかないか…。
とりあえず、操作キャラがライトさんに戻ったところで終了。CPはすでに4千に迫る勢い(笑。でももっともっと欲しいので、もっかい引き返してみようかなとか。(何気にカタツムリ系はCP高い)

買っちまったァー…

何をって、これです→FINAL FANTASY XIII オリジナル・サウンドトラック(初回限定盤)

うーむ…通常盤もあったんですけども、限定盤だとおまけCD(ドラマCD)が付いてくるというんでね…1200円くらい違うんですけどもね…。まあ、4千円も5千円も変わらんばい、ということでポチってしまいました。
なんか…ワタシやっぱ、『限定』に弱いのかもしれない…。さすがアイラブTが限定版なだけあるな(笑。

でもバトルの曲とかすごい好みだし、フィールドの曲もいいし…うん、12のより気に入ったかもしれない。気に入った、といえばなんか、あれだけウゼェと思ってたキャラクターたちに愛着が湧きつつある。おかしいな?
予想ではまず一番ウザかろうと思ってたヴァニラが思いのほかウザくなくて(笑、全然許容範囲だったのでまずびっくりしました(自分に)。まあアフロは元から大丈夫だろうと思ってたのでいいとして、ツンデレどころかツンツンなんじゃないかと思ってたライトさんにデレな部分を発見してアラ?となって、最初めっちゃウジウジくんだったホープなんか特に今すごく『頑張れ坊ちゃん!』て思ってる(笑。
ファングさんはまだ仲間になってないんでなんとも言えないけど、残るスノウもね、あの回想シーンで甲斐性を感じたので(笑 …なんだ、(ほぼ)全員オッケーなんじゃないか(´∀`*)
まあまだ物語は序盤のうちなので、これからどう傾くか判りませんがね。

…で、そういえばアルティマニアも同じ頃に出るとか聞いたなあ、とふらふら探してみたら、とあるところではなんか予約終了とかになってて予約できなくて、そうすると何か妙に悔しくなって(?)、ついつい楽天でポチってしまいました…。
うーん…前作のなんてすべてネットで情報収集したのに。(でもオメガ買ったけど)
ただ今回の方がやりこみ要素ありそうでね、武器の改造とかね…敵の情報とかね…。
まあ、ありていに言えばファ○通買うのがもったいないってだけなんだが(´∀`) だって380円週刊なんだぜ…一回の攻略がせいぜい1、2章分しかないのにだぜ…一ヶ月分出してすべての攻略が手に入るなら安いもんじゃないか!(思う壺)
そういうわけなので、サントラ&アルティマニアが来るまではまた~りやります。それこそネット頼りで。
何だかんだ言って結構楽しんでるなあ、ワタシ。

第4回(4章続き)

はい続きいきましょう。
前回の続きからですな。引き続きライトさん&ホープ。えーと、クリスタリウムがまだ上限じゃないので、それを目指してひたすらザコ戦を繰り返します。いやー、そろそろ進むのにも最初の倍とか3倍とかのCPが必要になってきて大変です。道の途中でポイント足らなくて足止め喰らったときの悲しさといったら、もうね。
なんとか各ロール上限まで来まして、すると二人ともアクセ枠が一つ増えてました。なのでオーディン戦に備え、ライトさんはシルバーバングル&雷の指輪、ホープは同じくシルバーバングル&マジシャンサインで。ホープも雷の指輪にしようかと思ったんだけど、少しでも魔力上げた方が何かといいかなと思いまして。
さて、ではオーディン戦です。巷で聞くのは序盤最大の難敵、だとか。瞬殺されたとかいう話もよく聞きます。一応ライブラして、するとチェーンボーナス&仲間を癒す相手を主と認めますとか何とか。なのでまずはヒーラー&エンハンサーで底上げ。それからブラスター&ヒーラー…なんだけど、どういうわけかオーディンさんてばホープくんばっか狙ってくるんだ。サンダラとかさ、きっついな噂に違わず。
なのでライトさんヒーラーで頑張ります。ホープ自分で回復する暇ありゃしない。苛烈だ。
で、ようやくオーディンさん盾構えてくれまして、そりゃ今だ~と二人ともブラスターで攻撃。盾引っ込めたらすかさずブラスター&ヒーラー。やばそうなら二人ともヒーラーにしようと思ってましたが、案外大丈夫でした。時折ポーションも混ぜつつ…ち、こういうことならアフロに着けてた医術の心得外しておくんだった。
幸いHPが赤くなることなくドライブゲージ満タンになりまして、つつがなくオーディンゲットです。
いや良かった良かった。絶対一度は全滅喰らうと思ってたからな。
タイムも目標18分に対し3分超と優秀でした~もちろん五つ星!^^
それにしてもこのオーディン…登場はバラの花びら撒き散らしながらですか(笑。どこぞの悪魔狩人思い出すじゃないか!(´∀`) しかしすっかりイメージついちゃったなおっさん。恐るべしルシフェル。
で、奥に進むとまた強制バトル。召喚獣のチュートリアルです。貴重なTKゲージ消費しながら使ってみました。
…あり?こんなもんなの?(´д`)
てっきり一撃でなぎ倒してくれるもんだとばかり…。ゲージがある間はいろいろ技を出せるんですが、3種類ほどやったんだけどさほど…なダメージしか与えられず。なんだ、てっきりブレイクしたときくらいのが繰り出せるものだと思ってたよ。
結局ゲージ消費してザコが残っちゃって、しかも手ごわい奴が(確か機甲兵ウーラン)2匹残っちゃって、ひいひい言いながら倒しました。イケてないな。
とりあえず山場は脱した。というわけで、次はアフロ&ヴァニラのターンです。
別ルートから進むことにした二人ですが、はっきり言ってうんざりです。またこの二人ですかぃ…('A`) 苦労するのが目に見えています。やる前からがっくりきます。
とか言ってても話は進まないので、先を行きましょう。…いきなり初見の敵がいるよ。ボムだって。えぇ~…←苦手
あいつ自爆しやがるんだよな。困るんだよそんなことされたらさ…。しかし今回のボム、なんか八角形ボックスみたいだな(笑。しかもだ、それにバルバロイが加わるとなるともうね('A`) 軽く死ねるな。実際死んだよ何度も。もう~、自爆されてヴァニラが死んじゃうんだよ。ケアル間に合わないんだよ。一度なんてピンピンしたバルバロイ残してヴァニラ死んじゃって、アフロでちまちまちまちま削って、もうさ…5分以上かけて倒しましたよ。ポーションも結構使っちゃったなもったいない。次からはもうあっさり死ぬことにしました。実際その方が建設的だし。
できるだけ奇襲を狙う。できればボムをさっさと始末してからバルバロイにかかりたいんでね。
途中、行くことのできない場所がありまして、どうやら奥のスイッチ(4つある)を起動させると橋を掛けられるらしく。当然、そのスイッチポイントには敵がうろついているわけですよ。('A`)超ウンザリ
…まあじっとしてても敵はいなくなってはくれんので、ひとつひとつこなしていきます。どうにかスイッチを全部起動させて、そしたらどうも行けなかったところへも行けるようになったらしく。
じゃあ引き返してみようか、ということで戻ってみます。なかなか良さげな素材が入ったトレジャーが2つ、別々の場所にあるんですがね…一方はバルバロイ×3という鬼畜なラインナップだったので泣く泣く断念して、もう一つのところのをゲット。(ここもボムが3匹もいたのでキツかったが)
はひ~これでようやく次へ進めますよ…。最後にバルバロイ×2、ボム×2を頑張ってやっつけて、ようやく…。
とりあえずここらで休憩ということで、野宿ってことになりました。ここでのヴァニラがなんかいじらしいな。うん、この二人、コンビはいいんだけどバトルではあんまりなのよねぇ…。

さて場面変わってスノウです。軍艦?に連行されたスノウの前に現れたのは、シド・レインズ准将。ほほぉ~、今回のシドはこんなんか。若いな(笑。10でも12でもおっちゃんだったからなあ。しかもかっこいいね。
それからスノウの回想?になりまして、あ、ここトレーラーで見たとこだ~。セラがルシであることをスノウに告白するシーンですね。
驚いたことにスノウ操作・可(笑。まあ歩き回ってセラを探すことしかできませんが。
この後のシーン、ワタシの中でちょっとスノウの株が上がった(笑。いやーああいうふうに言ってもらえたら彼女冥利につきるなあ、なんてな。
というところで、第4章は終わり。

第3回(4章)

さて、ビルジ湖を抜けて先へと進みます。一行が来たのはヴァイルピークスという、なんか瓦礫の山。なんでも、ファルシがコクーンに新しく居住区を作るときに出たゴミの山、らしい。材料の中に異跡のファルシ?が混ざってたとか何とか?よく判りませんが。
ちょっと休もうよう、とアフロたちが弱音吐いてる隙にライトさん先に行っちゃました。ホープが頑張ってついてって、アフロとヴァニラは少しお休み。
あ~またパーティが分かれちゃったよ…('A`) どっちのもなんか不安。とりあえずクリスタリウムは上限行ってるんで、先へ進むしかないのです。(いや、将来考えてCP貯めといてもいいんだけど、めんどいんだよ)
ライト&ホープはまあいいとして、問題はアフロ&ヴァニラなんですよ。ただでさえ2人パーティで火力不足のうえ、主な攻撃役がアフロでそ?…不安だ。
それを考えてあったかのように、アフロたちのルートは『三つ巴』バトルになっておりました。これ、軍と下界が戦ってるところに参戦するというもの。奇襲が必ず成功するというまあオイシイバトルなわけですが、でもどれを攻撃するかちゃんと考えないと痛い目にあう。
最初、どれが軍のでどれが下界のか判らなかったのね。確か機甲兵ヴァッヘ×3・ゲバルト猛牙×3・バルバロイ×1のとき、うっかりバルバロイを先に倒しちゃってさ。そしたら残りが一斉にこっち向かってきて、あえなくアフロ、昇天=ゲームオーバー。ああそう…うっかり苦手なのを先に倒しちゃってエライ目に遭った。
リスタートして、今度はほぼ均等にダメージ与えつつ。ラストはやっぱバルバロイ残っちゃうんだよな…。
ただねえ、2人パーティってさ、ブレイク値が低い奴相手でも苦労しませんか。チェーンゲージすぐ下がりませんか。こんなんブレイク狙うどころじゃないよホント。バルバロイなんてブレイクさせたら攻撃し放題なのにくそう!
しかもな、初見の敵にはライブラしとかないと弱点攻撃してくんないからね。で、なかなか☆獲得できないからTKの回復が思わしくないんだ。どうなのよこの負のスパイラル。
奇襲が成功すればある程度高評価狙えるんだがなー…しやすい敵としにくい敵がいる。当たり前ですが。
道なりに進んでいくと、ホープが一人ぽつんといました。…ああそういえば、「ここどうやって進むの?」みたいな瓦礫の山の前に出たとき、ライトさんホープ放って先に行っちゃったんだっけ。(不憫な子や)
ここでようやく3人パーティに。いや、2人よりはまだましだけど、アフロ&ヴァニラ&ホープか…。打たれ弱い奴ばっかじゃねえかよ。攻撃の決め手に欠けまくりだよ。
まあしょうがないんで進みますけどね。
兵器の墓場とかいうところを3人で進む。途中、初見の敵が出る。お、これまで機械ばっかでしたがなんかいかにもモンスターてな感じ。インキュバスとかサキュバスとか…うわ、こいつら結構手ごわい。でも結構奇襲成功するな♪
ここで結構☆いただけました。
先を進むと、あ、ライトさんがいたー!(嬉しい)
これで元の4人に戻ります。パーティ編成も…あれ?アフロがリーダーなの?へー。アフロ&ライトさん&ヴァニラで。
…しかしホッとしたのも束の間、ボス戦が待ち構えておりましてね…('A`)
ドレッドノート、とかいうでっかい機械。これも2連戦で、2戦目に強力な火属性の攻撃?をしてくるそうなので、一応アフロに『医術の心得』っていうアクセ(ポーション効果2倍)を装備。
エンハンサー&ジャマーでこっち強化&敵弱体化してからブラスター×3とかラッシュアサルトでたたみかける。なんか来そうになったらヒーラー入れたやつでしのぐ。ポーションも使いました。
それでまあ、さほどピンチにはならずに倒せまして、そうするとライトさんのヒーラーとアフロのアタッカーが解禁に。
…なんか、ザコ戦の方がよっぽど苦戦してるよなあ…。
結構CP溜まってたんですけど、でもだんだんと消費CPも上がってきてます。すぐなくなっちゃうよ…。とりあえず上げられるところまで上げて、ちょっと戻って雑魚で稼ごうかと思ったんですけど、よく考えたらドレッドノート戦の2戦目でどっかに落っこちたんだよね。てことは戻れないのよね。
まあしょうがないか…。
とりあえず先へ進もう、とか思ったらまた2手に分かれちゃったYO!('A`) しかも合流できないように道が塞がれた…。
またですか~もう勘弁してよ…。
うんざりしてもどうにもならないので、先へ行きます。またライトさん&ホープ。長い道程ですねぇ…瓦礫の山です。もうずーっと同じような光景です。飽きてきました。
途中、あれこれさっき戦ったボスじゃね?な機械に乗れまして、群がる兵士どもをなぎ倒しながら進めました。
そこは大変楽しかったです!(笑
「ははははは、人がゴミのようだ!」←危ない人です
この先は結構トレジャーがありました。でも、ひとつ解せんことがあった。攻略には『雷の指輪』が2箇所あると書かれてるんですが、うちひとつは素材だったんですよ。何かの皮20個。何コレ?どういうこと?星の獲得数によってトレジャーの中身に変化があるとかそういうことなの?訳判んない!(怒
それとも雷の指輪すでに持ってたから?いやそんなことないだろ、それだってトレジャーからゲットしたやつなんだし。
実はこれまでにも一度あったんすよ、こういうことが。一回だけなら何かの間違いで済むかもだけど、2回もってことはどうも判らない。どういうことなんだろう。(いや、価値が同じくらいなら構わないけどさ)
中身が変わる条件なんてあるのかな?今までと違うといえば、そういや改造してみたんすよ、武器の。ライトさんのグラディウスLv.1をLv.2にしてみた。
これ、最初よく判んなくて、てっきり特定の素材が必要数要るんだと思ってて。でもそういうわけでもないのね。必要EXP分を色んな素材で賄えばいいわけで。しかもある程度いくとボーナスになってより少ない数の素材で済むみたいで。もちろん、レアな素材の方が高いポイントというわけでね。
しかしこの素材もな、☆をたくさんもらわないと出にくくなるわけでね…。
辛いわー。だって成長が制限されてるなかではいくら戦術うまくやってもさ、攻撃力が及ばないとどうしようもないじゃん。ATB早く溜めれたらいいけど、そうするにはヘイストとかが必要になってくる。でもまだ覚えられてないし、スモーク使うにしても数に限りがあるわけで。
ザコ戦闘を果てしなく繰り返していけばいいのかもしれないけどもね。それもしんどいんですよ…。どんだけ一本道往復せないかんのかと思うと、もうね。
ライトさんは初期装備のブレイズエッジもあったんですが、ワンランクあげるだけならグラディウスの方が効果的だったのでそうしました。
クリスタリウム、次の段階が開放されたのはいいんですけども、いっぱいありすぎてCP全然足りません。なのでしばらくは歩き回ってザコ戦繰り返します…。
この先のオーディン戦に備えて、上限まで上げとかんと。

トレジャー中身違いの件、判明~。

続きを読む

第2回目(3章~4章初め)

はい続きです。
異跡から墜落した一行は、クリスタル化したビルジ湖という場所に降り立ちました。てか、なんであんな高所から落ちてな…、それもルシの力ですか?便利ですねぇ。
んで、この章からオプティマだのクリスタリウムだのがいじれるらしいんですが。最初はもうなんのこっちゃらですよ。特にオプティマ…これ、あらかじめ用意されてんのかと思ったら自分で組み合わせろってですか!不親切な!
そんなもん攻略サイトに頼りますよ。とはいえ今のところはロールも限られてるので、組み合わせ自体は少ないですがね。しかしこのオプティマ、1~3人用であるのね。3章は3人パーティなので3人用のを組み合わせます。まあ適当ですよ適当…大体使うってもライト+スノウ+ヴァニラだとアタッカー、ブラスターくらいだもの。最初は。いやヒーラーもあるのかな?スノウがいたらディフェンダーもありか。
そやって進んでて発見したんですが、この長い一本道。引き返したら敵が復活してるんですね!(゚∀゚*)
よっしゃこれでCP貯めよう。だって一度ゲームオーバーになっちゃったからさ…。これまでならずに進んできたのに!なんだっけ、ビルジパス?とかいう、カエルと魚が合体したような…団体で出るうえに結構HPあったりして手ごわいの。最初普通にラッシュアサルトでやってて、ライトさんのHPがいつの間にかヤバくなってて、慌てて勝利への決意?にしたんだけど、間に合わなくてさ…。
しかしこれって簡単にリスタートできるんだねぇ~こりゃ楽だ。だったらこんなシステムにしなきゃいいのに…まあ、あそこでああすりゃ良かったってのを修正できるからいいのかなあ。
うーん、でもこりゃオプティマって結構くるくる変えないといけないっぽいな。忙しな…。
そうやって何往復しましたかね、そのうちCPもそこそこ溜まったのでクリスタリウムにていろいろと開放していきますよ。4章までは開放できる上限が決まってるらしいので、できるところまで。各自それなりにたくさんあるんですが、スノウのがすぐに埋まっちゃって笑った。す、少な…!なので一人CP溜まりまくる。ライトさんが一番不足気味かな。
兵士の強いヤツとかカエル魚とか戦って、貯めて、そろそろ上限かな~てとこで次のボス戦。第1章にての初戦、マナスヴィンの2戦目です。
…あの~正直一回目、負けました。クリスタルレイン前の回復が間に合わんくてな。くそう。2回目で撃破しましたが、ええどうせ星は2つほどしか獲れませんでしたよ!
なんか、ライブラで敵の弱点を見てそれを突くといいとか言うけど、確かチュートリアルまだだったんじゃね?ライトさんで敵の弱点をつけといわれてもさ、できるのかそれ?やろうにもライトさんアタッカーだと魔法使わねーじゃんね?
…まあいいよ。ドロップアイテムはちゃんとゲットしたからさ。フン!
そんで、この後クリスタル化したセラを見つけて、スノウがどうしてもここに残るってきかないから別行動になりました。仲悪いわーホンマこいつら協調性ないわ。
ああでもディフェンダースノウいなくなったら心細いな…。

そういうわけでここからはライトさん+アフロ+ヴァニラで進みます。オプティマがリセットされちゃったのでまた組み直し。めんどくさい。
先へ進みつつ、トレジャーゲットしたりCP稼いだりしてクリスタリウム上限まで。ザコ戦は基本奇襲狙いでいくんですが、あんまり成功しません。ただ、視界の広いゲバルト烈爪にそれ成功するとやたら嬉しい。…でもこいつら相手だと奇襲しなくても五つ星いくんだけどね(笑。
カエル魚もバージョン違いのヤツが出てきたり。だんだん、奇襲かけなくても星もらえるようになってきた。
でもこれねえ、やっぱステータス上げて強くなると時間短縮できるから星も多く貰えるんですよね。そうなんだ。戦術あれこれじゃなくてやっぱ強さですよ。強けりゃ与ダメージも大きいんだからその分早く倒せるよな。
さてまたボス戦です。ベヒーモス剛とかいう…第1章でもベヒーモスと戦ったけど、あれより大分大きいですよ…。奇襲したいな~と思ってスニークスモーク使ってみたけど、効いてたのかなこれ…。
えーと、なんでもパワーがフルになると強烈な攻撃をしてくるらしいので、その前にブレイクさせろということで…て、ここでようやくライブラのチュートリアルですよ。…遅くないか?マナスヴィンのときにやってくれよ!
火属性が弱点とはいうものの、魔法耐性が高いらしいのでライトさんはアタッカーで。つまりいつものラッシュアサルトで。やばくなったら勝利へのなんたらで。
しかしね、いやもうこれ、チェーン溜まらんがね!!(´д`) 途切れさせないようにって1個でもゲージ溜まったら即攻撃させてるんですが、それでもなかなかね…まあでも、強烈らしい『殲滅モード』とやらが発動する前にブレイクできたので良かったかな…。それでもしんどかったすよ。HP高い高い…。ブレイクさえさせりゃいいけど、それまではもうちまちまちまちまとね…苛々するわマジで。まあ、ずっとその調子よりはマシですけどね。
一度ね、ATB速度をノーマルにしてみたんですよ。確かに速くはなったけど、その分評価も厳しくなりますた(´д`) なのでもうゆっくりに戻しました。いいんだ、もう。
先を進みますよ。このあたりからまた新しい敵が出てきます。機械が増えるかな…結構手強いんだこれが。なんだ、あのバイク。強いんですけど。倒しはするものの、星もらえないとかね、もう、ため息しか出ませんよorz
そのうちに風景が変わりました。放棄都市…だそうな。なんと、炎までクリスタル化してますよ。なんともはや…珍しい光景ですよな。でもキレイだねぇ…。あの湖(というか波?)といい、操作画面なのにあの美しさ。すげぇですよホントに。
もうこのあたりまで来るとクリスタリウムもとっくに上限なので、ザコとの再戦はほとんどせずに先に進みました。トレジャーゲットしつつ(余談ですかここでゲットできるライブラスコープってアイテムなんだね。てっきりアクセだとばかり…)進みまして、またボス戦です。
戦闘爆撃騎カルラとかいう、鳥型…らしきヤツ。(でも顔はドラゴンチック)これねえ、2回連続でバトルんですって。2回目はバリア使ってくるらしいんですが、まあやってみるさ。
まずライブラして弱点を探す。で、ブレイクさせるのに全員ブラスターでやってみる。1回戦はこれでかなり早めにブレイクしまして、次。次はなかなかしませんが、めげずにやるのです。ラッシュアサルトか全員ブラスターオプティマで。そやってブレイクさせまして、まあ少々時間かかったけど、撃破。☆の数?聞くな。
すると奥に用意されたかのように戦闘機?があったのでゲットして脱出。
で、場面変わりまして、スノウサイド。
諦めきれずにセラを掘り出そうとしてると、追っ手に見つかってしまいました。…ちょっと~、バトルになるのはいいけどさ、こいつら強い方の兵士じゃんか…。こっちスノウ一人なのに。まあ、地道にやりましょうか。ポーションで回復しながら片付けて、すると何やら出てきましたよ。おっと、これはまさか…
キタ!召喚獣・シヴァ!
群がる兵士をなぎ払って、スノウと対峙。お初の召喚獣バトルです。…まあ、攻略にしっかり書いてあるんでそれを参考にしつつ…。
つっても、ディフェンダーにしてガードしてるだけなんだけどねー。攻撃せずにただひたすらガード。ガード。
向こうがでかい攻撃してくるかな…?と思ったらすかさずガード技。ははは。これですばらしく順調にゲージが溜まっていって、満タンになったらすかさず□ボタン。
はい、終了~。ヽ(^∀^ )ノ
これさ、目標タイムは28分くらい?だったらしいのね。でもこの裏技的な戦法のお陰で、5分かそこらで終わっちゃってさ(笑。見事に☆5つですよ。ワハハハ
まあ、ラクなのはこれくらいなんだろうけどな…。
この後、スノウは追ってにとっ捕まって、第3章・終了。


ふう~。ホントはもう少し行ったんだけど、キリのいいところでってことで。
キャラたちの印象はさほど変わらず…というか、馴れてきたのかな。スノウもそれほどウザくなくなってきた。(アホだなーとは思うけど)ホープはまだこれからだな。そしてヴァニラたんがなんか、可愛い。意外だ…やる前は絶対ウゼェぞこの女と思ってたのに(笑。人によっては言動がちとブリっぽいのでイラっとするみたいですが、いや…許容範囲ですね。うん。
不思議なんだ、1章とか2章だと「こいつら全員ウゼェ」と思ってて全然面白くなかったのに。今では「どうなるのかな」ってのが強い。不思議ですね。

始動

はい、というわけで始めましたFF13。ファミ通買ったりネットで攻略見たりしてはいますが、やっぱりさっぱり訳が判りません。まあ、とりあえずやってみるさ。
ニューゲームでスタートする前に、抜かりなくコンフィグでATBをノーマルからゆっくりへ変更しておく。FF12でもこれで切り抜けたしな!(笑
オープニングムービー、何やら空中のレールを走る列車…ここに乗っている人たちは『下界』に『パージ』される人たちのようです…っていきなり専門用語かよ。要するにちょっとした囚人ぽいみたいな?そこに紛れて、本編の主人公+1が。すばやく起こした行動で、列車は脱線。んでいきなりバトルですか~いや、あのね、映画のような始まり方はいいんですけどね、さっぱり訳が判らないのはどうなんでしょうかね。
チュートリアル見ながら戦闘です。あのー、いきなり『重攻撃騎マナスヴィン』とかいう、いかにも小ボス的なのが出てきたんですけど。て、これが初戦闘てマジですか。波動砲てなんすか。
…もうね、しばらくRPGやってなかったからね、つい左スティックをぐりぐりやって動かしたくなるんですよ。でもって、「回避!回避コマンドどれ!?」って(笑 ねーよ
おまけにリーダーだけしか操作できないときたもんだ。でも普通に『たたかう』しかないのかと思ったら、なんか『エリアブラスト』とかいう技を持ってはります、このお姐さん。要するに複数の敵に攻撃を当てるのね…しかもどういうオートかしらんが、勝手に選んでくれてますよ。
でも結構すぐにHP危なくなるなあ。ポーションを惜しんでたらすぐ死んじゃいそうだったので、やべえと思ったら使って(味方全員回復は助かる)、どうにかやっつけました。あー…なんか判らんうちに終わってしまったような。
後は歩兵とバトりながら進むわけですが、戦闘が終わるたびに評価がでるのね。要するに撃破タイムが短ければ短いほど評価は高くなるのか…最高五つ星。初戦闘は三ツ星でした(なんか悔しい)
うーん…なんか、ATB溜まる速度が遅いような気がする…でもこれ、味方だけのアレじゃないよね?こっちが速くなれば敵のも速くなるんだよね?連打してれば早く溜まるってわけでもないのかな。
あとなんか、ブレイク状態ってのにすれば、こっちが与えるダメージが跳ね上がるとか…いやそれは判るんだけど、ブレイクさせてもこっちのATB溜まらないと攻撃できねーじゃねえかよ。そうしてる間にゲージ下がるじゃん。
しかもまあ、一本道(それはもうすばらしく)だわアイテム少ないわでもう…しかもなんか、ころころプレイヤーキャラが変わる。姐さん&アフロから金髪能天気にチェンジしたら、なんか強そうなボスが出てきました。うわ、ベヒーモスだって。HPたっかー…勝てるの?
とはいえ、操作キャラのスノウくんの技は殴るか手榴弾しかないので、地道~に叩いていきます。まあ勝てましたが。このパートでは仲間が回復とかマメにしてくれるのでラクでした。
ここらあたりかな?ホープくんとヴァニラたん登場。なんか、巷ではヴァニラの評判があまりよろしくないとか聞きますが、ワタシ的にはそれほどでもなかったです。なんかみんなやったら深刻でこっちまで気が滅入ってたので、これくらい豪胆(笑 な方がいいです。
スノウに文句言いたいホープくんですけど、いや…スノウはたぶん別に悪くないと思うのよ。だってあれはお母さんが勝手に突っ走っちゃっただけじゃんね?
姐さんとスノウの目的は異跡に囚われた?セラを助けることらしいですが…ああもう専門用語の嵐でもう…
で、ここで第1章終わり。
…なんというか…やってて全然面白くない。戦闘チュートリアルはいいんだけど、1本道だからそこに出現する敵の数も種類も限られてるんで楽しくない。
FF12でも最初に行ける範囲は限られてますが、少なくとも1本道じゃなかったよ。最初の砂漠をうろつくだけでもかなり違ってたし、レベルアップも金稼ぎもできたしなあ。そこそこ装備とか整えてから次へ行けたもん。
今回はそうはいかなそうだなあ…。しかも複数パーティとはいえ、操作キャラが死んだらゲームオーバーでしょ?きっついわそれ。12というか今までは前衛が全滅してもストックで切り抜けられたのになあ。基本でしょうよRPGの…。
あー、で、続きですが。第2章。下界の異跡。
ここでもまたプレイヤーキャラがころころ変わりますよ。いやだもう。…しかもだ、姐さん&アフロ、スノウはいいとしても、ヴァニラ&ホープて!あのめっちゃ心細いんですけど!
…ヴァニラたんたちのパートにて、「確かここに…」とかって武器出してるヴァニラたんにもですが、いつの間にかブーメラン(武器らしい)持ってたホープくんにもすっごく突っ込みたかったんですけど(笑。
しかしな、それなりにちゃんと戦えてるんですわ。まあ敵も弱いんだろうけどさ。なんか、ツヴェルク探査型とかいう四角い輪っかの赤袋みたいな敵、結構奇襲が成功するんですわ。
そう、奇襲攻撃。これいいわ~、開始早々いきなりブレイク状態から入れるしね!これだと戦闘にかかる時間が全然違いますもん。ゲバルト烈爪は視界広いみたいでダメですけど、グールとかガストとか、結構成功する敵がいました。
今回、オートトークとかって、わざわざ話しかけなくても近くにいるだけで聞こえてくるんですよね。ヴァニラを操作してるとき、ホープくんが「道判ってるんですか?」ってすっげ不安そうに言ってたのがなんかね(笑 うん、わかってないよ!って思わずヴァニラたんになって呟いてみたり。
くるくる操作キャラ変わってって、そのうち合流できたようで…そしたらボス戦ですよ。ファルシ=アニマとかいう。これは本体じゃなく、両腕を攻撃します。で、どっちも潰してから本体を…て、こういうのってお馴染みだよなあ…まあ、うん、何とか撃破しましてね。そしたらまたムービーですよー。
ファルシに吸い込まれてったんですかね?てことはこれで皆さん仲良く揃ってルシですな。ああそうこういう展開なのね…。
そういうわけで、第2章終了。
続きまして第3章です。結晶化したビルジ湖から。
ここで、オプティマとかクリスタリウムとかが解禁になるらしく。オプティマってなんぞやと思ったら、要するに『さくせん』なわけね。ああそう。クリスタリウムは10でのスフィア盤だね。なんか、チュートリアル受けると強制的に成長させられるらしいのでとりあえずご辞退願ってですね…ここまでで約2時間弱ですか?
セーブして、一旦終了です。はい。


いや、終わりましたよ第一回目。はぁ~…疲れた。しんどい。
ムービー観るのがしんどい。
キャラの口許を見てると、どうやら日本語喋ってるぽいですよね。ね?
…こんだけ日本人離れしてるキャラばっかで、それはねぇよな(笑。いや、これまでDMCとかバイオとか、英語喋ってるのばっかやってたから余計にそう思う。
まあ、とりあえず頑張りますよ。せっかく買ったんだしな。
プロフィール

chimosan

Author:chimosan
かゆいところに手の届く人生って理想じゃないですか?


連絡先:kaorumarginal☆yahoo.co.jp(☆→@)

最新記事
名言

地球の名言 -名言集-

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

クリックでエサをあげられます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。