スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘ タ レ 上 等

さて、はぐれ珠コンプリート目指して次なる試練に挑むのです。あと残ってるのは羅城門百鬼夜行とクサナギ伍。
…しんどいのばっか残ってますね。まあでも、アイテムがんがん使えば何とかなるだろ。うん。
というわけで、このときすでに所持金が550万両超えてたので、店にて大量購入しました。『無限墨』『報復のお札』『大破魔札』を上限の99個、『大神骨頂』を70個、あと『鋼のコブシ』とかを適当に。
最初はね、大破魔札連発でいけんじゃねぇの?と考えてたんだわ。でもなにせ百鬼夜行はテキが体力5倍・攻撃力3倍ですから、強敵になるとそれじゃおっつかないかとも思って、墨と報復札もがっつり買ったわけです。
これがアタリでね。破魔札さほど役に立たなかった。まあ、黒天邪鬼系?ファンネル使う奴らですよ(違。あいつらのファンネルをいちいち斬ってたんじゃやってられませんから、それ対策の札だったんだけど、結局は自分でやった方が速かったですわ。
まず百鬼夜行からいったんですけどね。最初の両島原はまあ、主に天邪鬼系でしたから簡単っちゃ簡単でしたが。ワタシ、太鼓持ってる奴苦手なんですよ。でも、対処法(出てるときに筆で一撫でしてやると真っ黒になって右往左往するのでその間にボコす)を知ったのでラクはラクでした。
しかし、なにせ、数が多い!!(;´д`)
10連戦ほぼすべてに赤天邪鬼が大量に湧きますからね。あいつらってほら、琵琶で防御しやがるでしょ。そこをいちいち一閃で…あああ~ウザすぎる~。
ラストの黒天邪鬼10匹もしんどかったですねえ。つってもまあ、報復のお札で無敵状態ですからただの作業ですけどね(笑。

プライド?そんなものとっくにありません。(笑

で、次、両島原・北。前半での、大量の地蔵がウザすぎます。ホントに倒しても倒しても湧いてきますね。しかもあれ、光背地蔵?空飛んでるやつ。天邪鬼だと青か。一閃とかで落とさないといけないのがまたしんどいんですよね。
ここで苦労したのは後半ですね。カマイタチもあれだけど、管キツネどももウザかった。ここで無限墨登場。早墨ヒョウタンじゃ追いつかないというよりも、墨吸われるんで。しかも12匹と数もクソ多いからもうね(;´д`)
そして何よりラストの赤鬼・青鬼!!
…5匹ずつ出てくるんですよ。もう輝玉祭りですよ(笑。それでも直に攻撃当てたときとどっこいかなあ。面を壊すと全方向からの攻撃が有効になるので、そうなったら輝玉と通常攻撃を併用しながら頑張りました。

ちょっとしんどくなってきたな。
しかしまあ、勢いというのは大事なのですよね。というわけで、ラスト・カムイの百鬼夜行いきます。
ここは巷で『最凶』と噂のところですからね。心してかかりますよ。(つまり物資の買い足し)
いやもうホント、ここがやっぱり一番しんどかったわ…。報復のお札で常時無敵状態でもしんどかった。うっかり効果が切れたのに気づかないでいると体力が危なくなっているし。ここでまず苦労したのはなまはげどもの大量襲来。天邪鬼や地蔵より体力ありやがりますからね。あと、埴輪系もしんどかったなあ。埴輪と土偶がセットのときなんて腕痛かったし。土偶がねぇ、恵雨でずっと攻撃を封じていないとしんどいですよ。瞬間移動もだけど、それよりあいつら体力回復してないか?と思いました。群がって来られるとそれまでのターゲットから勝手に違うのにスイッチされちゃったりして、あれどれ殴ってたっけ?とか。
ああ、いや、こいつらの前に手強いのがいたよなあ。牛頭鬼だよ。5匹ですよ('A`) ゾッとします。普通でも体力3万あるんですよあいつら。それが5倍なんてそこらの中ボスよかすごいじゃないですか。アホですか。
無敵状態維持はもちろんのこと、霧隠&輝玉ラッシュですよ。当たり前じゃないですか。たまに爆炎をお見舞いしてやりますよ。それでもだいぶ時間かかりましたねえ。
で、土偶らが来て、そん次は大天狗ですよ…。('A`)('A`)
あ、でも、こいつらは最大3匹くらいしか一度に出なかったんでまだマシだったかな。こいつらも5匹でしたんですけど。変身しちゃうと吹雪で戻したりして。でも真下に潜り込んでジャンピング鏡攻撃であまり苦労はしなかった。
んで、そいつらが終わると今度はウシワカと化けツヅラオのセット。(…)
しかも2連戦。最初は2人ずつで、次はツヅラオが1人増える。これもしんどかったですよ~。でも輝玉がウシワカによく効きまして(笑。むしろツヅラオ相手の方がしんどかった。ちょこまか動き回るからねぇ…。茶色くはなるけどなかなかピヨらないから、一閃してもそれほどのダメは与えられなくて。
そして遂にラスト。イザナギが3人。(…)(…)
…いや、まあ、こいつはむしろやりやすい。輝玉がバツグンに効くので。報復の札?使うに決まってるじゃないですか。それでもしぶとかったですが、まあ、ゴリ押しで勝利しました。

これでようやくはぐれ珠もあと1個のみになりました。いやー疲れた。報復のお札、結局30枚くらい使ったんじゃないかな(笑。いいじゃん別に。だってマトモに相手してられっかって。
お陰で評価もそれなりによろしくて、時間がほとんど『神』だったっすね。痛手は『松』が多かったです。(効果切れてるのに気づかなかったり、もう少しならもういいや!でゴリ押したせいで)

少し休んで、オーラスのクサナギ伍に挑んでみました。お札?使いますよ当たり前じゃないですか。
風神宮の奥だというから、赤カブトと戦ったところかと思ったら脇道に逸れたとこだった。まったく。
伍、だというから5匹かと思ったら結局残りの3匹も参戦するわけだ。4匹→3匹→1匹の3連戦です。攻略に、最初の4匹は大破魔札でさっさと片付けるべし、とあったのでそうしたんですが、やっぱりさほど削れませんで、結局輝玉大バーゲンセールという戦法で行きました(笑。
いや、これが、効くんだ!(笑 1匹ずつ輝玉3個で囲んで削っていく。一閃もだけど、輝玉もぜひ参式まで強化すべしですよ。ボス戦で輝玉大活躍ですからね。損はないです。
これはまあよかったんだけど、次の3匹んときに結構穴に落ちたな…。そしておしっこをひっかけられて墨壷が空になったので無限墨使用。
いいんだよ勝てば何でも。
そして最後の1匹、悌狗。いやぁ、こいつ、他のとはダンチですわ。素早すぎます。しょっちゅう空中にいるから、こっちが裏武器に剣装備してジャンプ→突っ込みがなかなかできないときた。しかも輝玉効かないらしいのでよりやりにくい。
なのでこういうときの霧隠。(何度も言いますけど札&鋼のコブシは当然ですから)常に動きを遅くしつつ攻撃。それでも結構時間かかりました。
ちなみにこれも、評価は時間・神、痛手・松でした。

そんなこんなで、ようやく、ホントにようやく、はぐれ珠コンプリートしました!!\(T▽T)/
なんて美しい光景なのだろう…!
はぐれ珠コンプ
いやーまさか一周目でコンプできるとは思わなかった。やっぱりあれだ、カイポクレースに勝てたことがネックでしたね(笑。あれはゴリ押しじゃどもならんからなあ。いやー、でも、嬉しいっすわ。百鬼夜行&クサナギ伍はドーピングまみれだったけど、でもいいんだ!だってヘタレだから!(笑
スポンサーサイト

ィやったぁぁぁーーー!!

カイポクレースに見事勝利しましたーーー!!!!!
ああこの喜びをどう伝えたら良いものか!もっと大きなフォントが欲しい!(笑
いや~疲れましたよ…。ようつべで映像があったから最初それで練習してたんですけど、どうも残り2分の壁が立ちふさがる。で、もっといいのはないかと探しましたら、ニコ動にとんでもない縛りでやってらっしゃる方がいまして(なんと妖の木未浄化…!)、ようつべのより20秒は速かった。しかも「そんなショートカットが!!」みたいなルートをとってらして。
ようつべのとほぼ逆方向アプローチなんだもんな。なんというか、限りなく直線に近いコースっていうの?「ここって直進できたんだ!」みたいな驚きっていうの?
早速練習ですよ。第3コースの雪玉もねえ、てっきり崖上に行ってやり過ごすのが鉄板かと思ってたら、堂々と正規コースに行くじゃないですか。びっくりですよ。しかもあたかも『雪玉から避けていってる』みたく見えるほど惚れ惚れするコーナリング。すばらしいですよ…!
決まった。ワタシはこの人についていく。(迷惑です)
で、練習すること3日くらい、そろそろ2分30秒が何とか出せるかな~ってなって、じゃあダメモトで挑戦してみるべ、と。
練習がモノを言ったのかどうなのか、第1コースをほぼ30秒で駆け抜ける。カイポクは後ろ。第2コースも順調に引き離す。おおこれはいけるか?しかし第3コースの雪玉にやられる。抜かれる。終わり。(チーン)
次もあまり芳しくありませんで、でも第3コースのラストで並んだんですが抜かれまして…。
次ダメだったら今日はもうやめよう。と、肩の力抜けたのが良かったのかな。終始リードを奪えまして、見事勝利しました。カイポクの姿は見ませんでした。たぶん見えちゃったらもうダメと考えた方がいいんじゃないかな。

もうね、終わってからも手がぶるぶる震えてましたからね(笑。実は今日接骨院行って右腕にテーピングしてもらってたんですよ。そのお陰かな(笑。
勝負が終わってから、道中扇開いて確認しちゃったもんね。No.90、確かにいただきました!^^
嬉しがりなので証拠を晒してみる。
  ↓   ↓   ↓
カイポクからはぐれ珠震える手で撮ったもんだから見苦しい(笑

ラスボス並み

さて続きです。進むとなんか広場?みたいな処に出ました。床がなんか…時計みたいな。そしてそこに双魔神の片割れ・コタネチクが出現。おうおうなんだいやろうってのかい…そして今にもバトルが始まろうとしたそのとき、突然白野威が出現!なんと共闘!?
これね…はっきり言ってものっそいラクでした。ほとんど白野威が倒してくれたんじゃないかという…(笑。それでも少々喰らっちゃったんで痛手が松でしたけどね。
コタネチクにトドメさせるか?ってとこに片割れ出現。オキクルミも合流したんだけど、何やら時間を止めてきましたよ奴ら。で、オキクルミ絶体絶命ってとこに白野威が身体張って助けて…でもあれぐっさりやられたよな…?落ちそうになるのを必死で止めるアマたん。今なら双魔神にトドメをさせる、が、それだとアマたんたちが…!迷ったオキクルミは、それでもアマたんたちを助けるのを選択。するとクトネシリカが輝きだした。
まあお約束な感じですが。この後、白野威は自分が見ているからおまえたちは先に行け、とオキクルミ。
で、行くわけですが。そうそう、コタネチクが落とした歯車?も忘れちゃいけません。
まずは妖怪大砲ずらりな処へ。こっちにも大砲があるんで、使えるのを操作して潰すんですが、一基しか壊せませんで。氷の床を出して進むついでに、霧隠→一閃で葬ってやりました。(何度も落ちたことは内緒だ)
扉横の氷塊を溶かすと、氷の玉が。疾風で転がして次なる部屋へ。あ~また燃えてる歯車大回転ですよ…。ああ、だから氷の玉か。凍らせて止めつつ、宝箱と破魔矢鍵をゲット。
錠前お化けを壊した先で、セーブと商人。進むとボス戦です。今度は2体相手だ。
オキクルミとの共闘になります。しかしこれ、最初よく判らんくて、相手の攻撃を弾いてピヨピヨさせるとオキクルミが「自分を弓で飛ばせ」つってくるんでがじがじやってもらう。そのときに一閃すると落ちてくるんで、二人してタコ殴り。これを繰り返せばいいんですけどね…。
時間かかったなー。で、一体をそうやってボコそうとするともう一体が攻撃してくるから厄介なんだ。まあ評価は総合梅だったかな・・・うん、まあ、いいさ別にどうでも。
こうして双魔神をやっつけまして、宝剣クトネシリカにより箱舟ヤマトが浮上しました。虹の橋が架かって、これ渡っちゃうともう戻れないのでまだ渡るもんかい(笑。
そういうわけで遣り残した寄り道をやるのです。妖怪面相書も終わらせて、カイポクレースに挑んでみました。
これはコース上の妖の木が激しく邪魔なので、まずはイッスンに案内してもらいながら周って桜花していきます。あらかた終わったかなというところで、レッツトライ。
…何回挑んだかな。うん、たぶん10回じゃきかないよね。うま~く行っても最初のコースでついてくのがやっと。カイポクの走りを見ていると、いかにアマたんに無駄な動きが多いのかが判ります。しかもこっちがコース熟知してないから余計な(笑。
何が嫌って雪玉だなあ。松明とかあるから紅蓮で溶かせるんだけど、そんなんやってたらとても勝てない。よく見たらカイポクも結構無駄なコース走ってるから追い越せるんだけど、滑る床とかキレイにこなしますからね奴は。こっちがあわあわしてる間にすいすい~っと行っちゃうんだよ。ムカつくなあ。
これはもう無理かな~…これクリアできたら百鬼夜行頑張ろうかなと思えるんだけど(笑。まあ、はぐれ珠コンプでもらえるってのが『唯我独尊の数珠』で、確か攻撃力10倍・体力&墨無限っていうとってもチートなアイテムなんですよ。でもこれもらっちゃうとつまんなくなるだろうな(笑。コンプ魂はくすぐられますが、達成しちゃうと「もういいや」ってなるのは目に見えているな…。うん、負け惜しみですけど(笑。

気が狂うかと

また甥っ子どもが遊びに来てるんですよ。なんかね、こっちがゲームしてるのを見るのが楽しいらしい。で、しょうがないので続き行きました。えーどこからだっけな…そう、凍神ゲットしてからか。さっきの広場へ至る道で、タギリグモ3匹いたところにはぐれ珠があるとかってんで回収しに行きました。いやぁ、しかしこれがなかなかムズい。上下移動してるやつを凍らせたらいいだけかと思ったら、微妙に高さが届かないの。下に止めすぎても宝箱まで上がれないし、上すぎても今度はクモに乗れないし。うーんと考えて、じゃあ左右移動してる奴を踏み台にしたらどうかなと。何度かの試行錯誤の後、何とかゲットできました。やれやれ…。
そしてセーブのとこまで戻って、タギリグモを使って上へと進みます。んですが…、もうね、ここね、発狂しそうなほど落っこちましたよ。まず橋みたいなとこに上がるのからしんどい。ほんっとにこのゲームは奥行き感を狂わせるのが天才的にうまいよ、本当に!!(怒
一番下で凍らせると上まで届かないので、霧隠で遅くしつつちょうどいい位置をモサクする。で、何とか上がれたら次はですね…これも上下運動クモなんだけど、上がった先にははぐれ珠なのね。しかしどうやらそれは寄り道ルートらしく、そこ行かなくても先には進めるっぽい。道、途切れてますけどね。ちょっと助走して神空ジャンプ+空中ダッシュくらいで渡れるけど。(攻略本には『腕に自信があるならどうぞ』って書いてあったけど、結構余裕でしたが)ただ、渡った先にも凍らせる用の氷柱があるわけですよ。
これはどういうことなのかな…?いやもうね、橋上がって素直にクモ使って上に行こうとしてもできないんですよ。おそらくは視点の問題かと。(半分以上はワタシの腕の足りなさ)とにかく一番下で凍らせても届かないから、ほんのちょっとだけ上げてすかさず凍らせてジャンプしてみるんですが、目測誤って落っこちるんです…。
そしたらまた橋んとこのクモからやり直しだからもうね、これ何十回やったかな!!
正直投げようかと何度も思いました。ただこれって順路じゃないからお目こぼしもないのね。だから自力でやるしかないんですよ。
それでも何度も何度も失敗すると心も萎えてきまして、とりあえず先へ進もうかな~とジャンプで渡って、その先を攻略しようとしたときにですね、ふと、「こっちにも氷柱があるなら、もしかするとあのクモを凍らせてこっちからも行けないことはないということでは?」と思いまして。それも、何かで元のところに戻ろうとしてジャンプしたときに、降りてきたクモに引っかかったからなんです。こっちからでも接触が可能なら、凍らせて乗れるんじゃないかと。
これがね!ドンピシャだったんですよ!(嬉
クモが奥にいるお陰で奥行きが掴めて、見事に上の段に上がれましたー!ヽ(´▽`)ノ" いや~長い道程でした…。
さて、じゃあ先へ進みましょうか。しかしさっき以上に遥かな空間が目の前に。何度かトライしましたが、絶対届かねぇあんなの。対岸には壁足像と、何やら氷塊が。松明もあるので溶かしてみると、あら!桃コノハナが出てきたよ!そうかそうかそういうことか…。さっさとコノハナで渡って、壁足で上って、またしてもタギリグモです…。ここでも大分手こずりました。1段目はまあさほど苦労はないんだけど、次がね…距離感が掴めねー!でも何度かここで落っこちると、しまいには2段目からできるようになります(笑。ありがとう親切設計。
やれやれようやくタギリグモとお別れだよ…と扉を開けると、どでかい歯車が猛スピードで回ってる部屋に出ました。
一難去ってまた一難かよ。ハハハh。(乾いた笑い)
これどうしようなあ、また霧隠か?でも距離もあるしなあ、落ちたらめんどいだろうなあ。凍らせたら動きが止まらないかな。ちょうどほら、氷漬けの宝箱あるし。で、うまいこと渡りまして、宝箱からここの地図をゲット。いつも思うんですが、最初に欲しいよねこういうのはさ。
次の部屋を越えると、また外か?でも通路がないんですけど。ただ、下からキラキラと雪の結晶?が上がってきていて、向こうには氷柱。まあ何か出るかも、と吹雪で引っ張ってみると、あら氷の道ができた!へえ楽しいなぁ~、とどんどん進みます。妖の木桜花しつつ。
そんで扉から入ると今度は炎を巻き上げる装置の廊下。しかもここ、奥に妖怪大砲が潜んでいるらしい。いやらしいなあまったく!最初の装置を疾風で消して、霧隠→一閃。炎のせいで視界が悪くて一回喰らっちゃった。くそう。
次なる部屋はまたしても大砲、そして壊れやすい氷の床。しかも天井からはつらら。どんだけー!中央に丈夫な床があるので、そこまで何とか進んでから大砲に逝ってもらいます。それでも何度か落ちたよチクショウ。だって中継地点のはずのところが滑るってどんなイヤガラセだ!!
そこを抜けるとようやくセーブポイント。ここってセーブ少ないよね?しんどすぎるわ~('A`)

なんか怒涛

もうそろそろ終盤が近いんでしょうね。
さて、続きいくか…。えーと、百年前の神木村から十六夜の祠へ。入るとすぐにボス・真ヤマタノオロチ戦です。以前戦ったのより体力とか増えてるんですが、はっきり言って戦法とかまったく同じなので苦労はありません。体力増えてるから、中央の鐘は大破魔札一枚で大丈夫かなと思ってたんですが、全然平気でした。前と同じくして時間・神、痛手・松で終了。
祠が崩れ落ちるよ、てとこでの頭上から落ちてきた岩からイザナギを庇ったのは…
なんとわんこ!?…いや、これはひょっとして本物の白野威!?(ん?でもアマたんも本物?ンン?)
イザナギは何か感じるところがあったらしく、白野威抱えて避難していきました。(うーんもう少し見ていたかったんだが…背負ってる神器とか)(イッシャクじいさんイッスンにそっくり)
ピリカを背負ってこっちも脱出です。あ、ちなみにオキクルミもいたんですがオロチに「ぺいっ」されてどっか行っちゃいました(笑。
ピリカを村に送り届け、祈祷のためにエゾフジへ。イリワク神殿の門扉が開いていて、そこから猛烈な吹雪が。オキクルミの仕業らしいなあ…ということは神殿に行ったわけか。
なんだか引き返して釣りやりたいなんて言おうものならどつかれそうな雰囲気なので、先へ進みます…。
イリワク神殿。中へ入ると、いきなり妖怪大砲のお出迎えです。速い!弾が速い!!
なので霧隠で遅くして弾を一閃で弾くと壊せるのです。ははは。
すいませ~ん、お邪魔します…。正面にお化け錠前。破魔矢鍵を探さないといけません…あからさまに右手に脇道があるのでそちらへ。足元が氷の床で滑るので厄介です。しかものんびりしてると崩れますよこの床。逆向きのつらら?に触れると凍るし。まったく。
出た先はでっかい天秤があります。重りの反対側には氷塊が乗っていますが釣り合ってないみたい。傍らに盆栽…の苗木が二つ。
あと、氷の丸塊?が乗っかった板?があるんですが、その先にスイッチらしきものが。…つまり、板というか足場?を出現させて、氷塊をスイッチの上に乗せろ、と。そのための天秤かな?これは。
まあ、要するに氷をどけて盆栽(成長済み)を乗せて均等にしろ、と。成長とくれば桜花だな。でも乗せる前に成長させてしまうと運べないので、苗木をくわえて載せてから桜花。スイッチを押すと破魔矢鍵出現。
錠前を壊した先は、なんか丸い広場?真ん中に氷塊。溶かしてみると水場になって中央に水柱。乗っかって上がるとらせん状の廊下?壁足でさらに上の段に上がる。
その先は、なんだこりゃあ!超高速で回る羽根?の足場?と、またしても妖怪大砲!あ~どうせ霧隠だな、と大砲を壊しつつ足場の回転を遅くして進む。移ってる途中でまた霧隠しないとダメですねこれは。
で、進むと…あぁ!鳥居だー!(嬉 そしてセーブポイントだー!(踊
しかしここからどう進んだらいいのか途方に暮れる。右側にはタギリグモ(高熱というか燃えてるクモ。火避けの石簡は効き目なし)だけだし、ということは左側か…と扉を開けると、これまた超高速な歯車。まあー、当然普通に行っても弾かれて痛手負うのが関の山だな。ちなみにここの上段に宝箱あり。
結局霧隠で行きまして、すると外に出た。進める方向へ進んでいくと、タギリグモの集団が…('A`) 仕方ないので霧隠連続ですり抜ける。
また開けた場所に出まして、奥に何やら妙な装置が。これは…てか何この蓄音機みたいなの(笑。でもこれで吹雪を発生させているらしい。壊せ壊せこんなもん。
すると邪魔をするように新たな敵。大天狗だと?強そうじゃないか(泣。こいつも青入道と同じく真下からの攻撃がいいらしいので、ドーピングして鏡装備で叩く。結構あっさり終わっちゃった。
さてこの蓄音機(違、スロットマシンみたいな構造らしい。まず凍ってるレバーを解かして、霧隠で三つの回転してるやつの目玉を対応する位置に合わせてすかさずレバーを一閃。で、止まった。
すると機械に封印されていた?法螺貝?が飛び出してきて空に…て、これは恒例の星座!
遂にラスト・十三番目の筆神、凍神の『吹雪』をゲットです。そしてこれですべて揃ったからか?なんと新たな武器・八咫鏡(やたのかがみ)をゲット!おおお!なんとこれまでのデフォだった真経津鏡に代わってこれになった。わぁ…なんか最強武器って感じでいいですねぇ。これ、属性が火なのでここから紅蓮が引けるみたい。あと、真ヤマタノオロチを倒したときに天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)は雷だから迅雷が引ける、と。…スバラシイ。
余談ですが吹雪を止めた後、すぐ傍に輝玉で壊せる壁があったので入ってみると、なんか図案がありました。邪魔してるのをどけてみると、さっきのスロットの種明かしが…。
もう遅いよ…。
とりあえず凍神ゲットしたので、タギリグモを凍らせて足場にしつつセーブポイントまで戻りました。
とりあえず今日はここまで~。

ひどい目に遭った

さて続きいきましょうかね。ポンコタンでの略奪探索もあらかた終了したので、一応じいさんに挨拶を…と行ってみたらば、じいさんアマたん何も言わないのに幽門扉のこと当てやがった(笑。話聞いてると、どうやらイッスンは勘当されたっぽい?結局それ以上のことは聞けず…。
ここにいてももう何もないよね。出ようか。外でイッスンと合流したところへ、ミヤビだっけ?が追いかけてきた。口ゲンカして別れちゃったけど、いいのかイッスン?
ともあれ、次なる目的地は決まった。ヨシペタイ奥地から行けるらしい。イッスンが道案内してくれるそうなので、行く。…しかしこれ、ここまでの道程よりはるかにしんどいんですけど。なんだこの妖の木!つらら!雪玉!!ヽ(`Д´)ノ あちこちにオイシイ宝箱があるんだけど、できるだけ拾いはするもののコンプなど不可能。しかもな、同じように3パターンあるのにタイムがリセットされないって!!(これが一番堪えた)
あちこちに時間が増やせるアイテムがあって、抜かりなく拾いはするんですがそれでもかなり苦しい。で、お約束のように脇道のどんつきにはぐれ珠とかね…。
ちょっと迷ったんだけど、タイムアウトになっちゃったらまた最初からだろうし、はぐれ珠があるってことは何度でも来れるってことだからってことで、まずゴール目指すことにしました。
もうね…、ここの何が嫌ってね、妖の木もそうなんだけど、あの茨ですよ。穴の位置が刻々と変わっていく…焦って高い場所にあるのを飛び越えるより、低い位置に来るのを待って越えた方が結果的にいいかも。もちろんそれだけ時間がかかるから、寄り道なんてできませんがね。
しかしそれよりなにより一番嫌だったのが、ラスト近くの壁足で越えてくとこ。
誰だよあんなの考えた奴(`皿´) 普通に越えようとしたらどんどん下がっていっちゃうからアウトになる。しかし上へ行くとなかなか進めない。それも上には印がないから下手したらジャンプの勢いで落ちる。
途中の休憩ポイント?にはぐれ珠があったので、そこは根性出しました(笑。
一度タイムアウトになったかな。イッスンに「いきなりぶっ倒れるな、どれだけ苦労して引きずってきたと思ってンだ」と怒られました。引きずってこれたのがすごいよイッスン。
抜けた先には噂の幽門扉。ほほぉ。実は一旦ここで終了して、再開したときに「…そういえばさっきのラストんとこの脇道に『太陽のかけら』があったんだっけな…直前だったから、引き返したらすぐってのは無理かな」と思って引き返してみたら、…やっぱりスタートからでした…。
まあしょうがない。ちょうどいいからはぐれ珠回収しようか。というわけで回収しつつラストの太陽のかけらだけ残してタイムアウトになって、リトライ。今度はかけら狙いですので速いです。1分半くらい余裕残してゴール。
さて、イッスンに開けてもらっていざ扉の向こうへ…行こうとしたら、なぜかそこにオキクルミが。どう~もこの人、例の剣にとり憑かれてる感があるな。仮にも神剣と銘打たれたものが、ただ妖怪を斬るだけで真価を発揮するとも思えないんだが…。
さっさと光の中へ行ってしまったオキクルミを追うように、アマたんたちも行きます。
…そして出た先は神木村でした。ん?何故ここに?
どういうことかねぇ、と歩を進めると、サクヤ姫の神木のあるはずの場所に、小さな苗木が。これは…賽の芽だよ、な…?これが成長したら神木になって…って、あら?そこにいるのは誰かな?「あたし、シャクヤ!」まるでサクヤ姫を小さくしたような、ってそうなのかよ!!(笑
村に下りてみると一層顕著に。みんなアマたんのこと白野威だと思ってるよ。クシナダかと思ったお姉ちゃんはイザナミだというし、スサノオにそっくりのおっさんはイザナギだというし…。(余談ですがミカン爺そっくりの爺さんはハッサク爺らしい)
イザナギもこっちを誤解してきて、バトルになりました。めんどかったんで報復のお札使って輝玉バンバンで勝ちました。時間・神、痛手・松でした。ははは。
どうやらここは百年前の神木村のようですよ。オロチ最盛期じゃねえか(笑。神話の通り、イザナミが生贄に選ばれます。しかしそれを助けるはずのイザナギは気絶したまんま。どうすんの!どうすんのよ!
しょうがないからお膳立てをする。水浴びしてるイザナミの傍にある白装束をそろ~りと近づいてかっぱらいます。くわえたらそれでオッケーかと思ったらダメなのね。くわえて引き返してある程度離れたらヨシ。
おっさんに着せて、背中に乗せて神州平原へ。
出たと思ったらいきなりバトルだよ。なに?埴輪戦士?別に苦労はしません。イッスン飛ばし放題です。
平原にはこれでもかってくらいクローバーが。幸玉700超えなんて初めてですよ(笑。もう強化するのは異袋くらいなんで、張り合いがありません。
妖怪札と戯れたりしながら十六夜の祠に入ったところで、とりあえず終了。


恐るべしヨシペタイ…。
まあでも後半(奥地)にもう用はないので、あとは前半を攻めなくては。あとカムイの妖怪面相書きとー、また釣りしないとね!待っててコカリ!(笑

ウエケペレ~ポンコタン

カムイの探索も大体終わったかな…ということで、奥のウエペケレという村へ行きました。しかし家々の扉は固く閉ざされたまま。動物を餌付けたり宝箱をどついたりしつつ巡ってみると、サマイクルというなんかオキクルミとよく似た人がえらいブリブリしつつ立っていました。村の長老を守っているんだとか。あ、この人も狼に変身するんだ。じゃあここってオイナ族?の村なのね。
しかしこれ以上ここにいてもどもならん。一旦村を出るか、と入口まで戻ると、鹿の面をつけた狼?カイポクという女の子が追いかけてきまして、事情を話すから私の家に来てってことで行きました。どうやら、彼女の妹のピリカという少女が行方不明になっていて、どころかこの子が長老をも凌ぐ才能の持ち主で、長老の代わりに祈祷をしないと日蝕=玄冬の蝕?が始まってカムイは氷漬けになってしまう…のだとか。
…つまり手伝えと。(またか)
どうやら長老に会えるそうなので行ってみる。…タヌキの面か。寝てますけど。あの~もしもし?と近づいてみたら、いきなりガバァと起き上がって殴りかかってきたぞ!(驚
音楽まであれだ、神木村の大根バトルじゃねぇか!(笑 うっかりしてたら殴られますよ。このジジイどうしてくれようか…一閃でもしてみるか、とやってみたら正気に返ったらしい。どうも寝ぼけていた模様。
長老にも頼まれて、警戒を緩めてもらえたので巡ってみる。なんかー、ヨシペタイって森?を探して欲しいとかで。でもそこに入るにはエゾフジ山麓のふもとにいるトゥスクルって人に会って、セワポロロってのを貰わないとダメらしい。
そういうわけで行ってみる。あ、余談ですがカムイとこのエゾフジ山麓にて『輝玉 参式』『一閃 参式』がゲットできました。ようやくねー。いつものように金をむしり取られましたが。
無事通行証ももらえて、さぁ一路ヨシペタイへ…行くわけはない(笑。
妖怪面相書とか(最後の一匹がどうしても見つからん…)、ダイヤの岩とか、あとはあれですよ、妖怪牙交換で『スリの手袋』。これを装備すると、イッスンと敵を結んでお宝ゲットできるんだけど、それだけじゃなくてダメージも与えてくれるんですよ。何でも初期値は100で、一回ごとに2ずつ増えていくらしいんだけど。むろん最初は微々たるダメなんだけど、最高で確か70000超になるとかで…アマたんより強くなるらしくて、そこらのボスクラスだと一撃で倒せるらしい。
マジっすか!(キラキラしい笑顔で)
…まあ、3万5千回も飛ばさないと最強にはなれないからねぇ、遥か遠い道のりですけどねえ。でもはぐれ珠をコンプリートしようと思ったら、百鬼夜行の穴を避けては通れないわけで。クサナギ伍も待ち構えているわけですから。
地道にやっていこうと思います。それにアイテムも骨董品だけじゃなくて破魔札とか無限墨とかオイシイのをパチってきてくれるしな。
で、牙集めてゲットして、ザコ戦こなしつついよいよヨシペタイに入ろうとしたら…、新しい妖怪のお出迎えです。
なに?牛頭鬼?ちょ、何このごついの。これも正面からの攻撃無効タイプか。めんどいなあ~って霧隠でちまちまやってたんですけど全然減りませんがな…しかしそのうちピヨピヨしたので一閃で削ってってようやく倒せました。きつい。
実はこの後、カムイうろついてたら普通に遭遇しましたよしかも2匹!それがデフォらしいですが。あんなん2匹同時なんてどんだけだよ。1匹でもおなか一杯なのに!
なので大破魔札をお見舞いしました。瞬殺でした。倒してから「あっ、イッスン飛ばせば良かった!」と後悔しました(笑。
百鬼夜行ではこれが5匹同時とか…しかも体力5倍とか…どんだけぇ(大破魔札何枚要るの?)
で、ヨシペタイです。
案内してくれるカイポクについていくのはいいんだけど、どうしてタイムアタックなんですか?(泣
しかも妖の木が邪魔をする。適当に桜花しつつ進みますけど、しかも3パターンてもうね…最初のは簡単ですが、2つ目のつるつる床とか3つ目の雪玉とか、ホンマにケンカ売っとんかワリャァ!(怒
さっさと行けばいいんですけど、あちこちに置かれている宝箱を無視などできない悲しい性。
そうして辿り着いた先はコロポックルの村──ポンコタンでした。イッスンの故郷らしい、が、イッスンは同行を拒みます。入口も小さいしねぇ、どうすんのこれ?と思ってたらなぜかどこからともなく打出の小槌が。
そういうわけでミクロの世界アゲイン。
ピリカの情報を掴んで、宝箱とかゲットして、ついでにイッカン婆に落款作ってもらいました。図案…できれば『天』て入れたかったんで、頑張って頑張って『天晴』って書きました。何とか読めるやつができるまでどれだけ没ったかな…。一時はひらがなにしようかと思ったんだけど、漢字より難しいわ。
なんでもこの図案がエンディングで出てくるとか…どんな羞恥プレイですか(笑。

本日はとりあえずここまで。

いざ、北の地へ

…の前に、こなせるミニゲームはこなしてきましょう。
えーとまず…そう、あれいこう。水郷の新たな筆しらべ『恵雨』。雨を降らせるやつですね。ヒミコの神殿裏にあるテラスみたいな?ところの水たまりから、4つの石碑かな?に水郷するとゲット。この後、庶民街へ行って呉服屋の前にいる姉妹に奇跡を見せると幸玉&はぐれ珠。
それからスリの早蔵ラストね。うわ~最後は5人ですよ…。できるかなあ。しかも迅雷も入ってくるからなあ。とりあえず挑戦です。
…えー、最初は失敗しました。何回か。あれですよ、コース的に初めの方に迅雷が来ると辛い。三太がいるところって後半だからねえ。それでも成功したのは確か…迅雷→紅蓮→水郷→一閃→水郷?だったかな?3つ目まで三太んとこで賄いました。松明に火点けといて正解だ。
で、アベノの穏得仮面だったか?を返してもらいました。これからは岡っ引きでやってくそうです。それにしても…普通くわえるよな?わんこ、仮面を装着しております(笑。女王様とお呼び!(笑
それから神州平原に行って、イダテンとラスト競争。なんだけど…えらい天気悪いな。雷ゴロゴロ鳴ってるよ。イダテン、いないんだけど。あれ~?もしかして次のところへの道を開かないとダメなの?
…と思ったら、いた。良かったーじゃあ早速…でもこれがなかなかうまくいかぬ。最初の橋んとこですでに追い越せるんだけど、そっからが難しい。これは…橋のところで決着をつけないと終わらんな。つーことでめげずに何度もトライ。橋のとこで追い越して、アタリをつけて振り向いて頭突き!で何とかうまくいきました。
これで『カラクリ歯車』が手に入ったので、西安京貴族街にいるゲンナイに会いに行きまして、めでたく『雷光』ゲットです。しかし何気に描きにくいなこれ。いいけど。ついでにはぐれ珠もゲト。
カラクリって何のことかと思ったら、時計だったのね。
…こんなもんかな?あそうだ、あれ忘れてた。妖怪牙が100本超えたので、水捌けの石簡もらったんですよ。早速両島原の沖とか関所のとことか走り回りました。ウハウハです。
さて…、そろそろ次なる場所に向かいましょうか。
神州平原での壁足像から、遺跡?へ。雷から迅雷を引く。するとごろごろと回って入口オープン。トンネルを出るとそこは雪国でした。
しかしここも一面タタリ場かよ。行ける場所へ行く。するとザコ戦。なまはげ、ねぇ…。特に苦労はしなかった。
そして一軒の家に入る。ようやく暖が取れた、とほっとするのも束の間、先客がいるよ。しかも何か不穏な雰囲気だよ。一触即発…しかし仮面の男(オキクルミというらしい)は外へ出て行った。つーか、『顔貸せや』だな、これは。
予想通り、外へ出るとバトルです。氷系の攻撃をしてきますが、こいつ、一旦倒してもまた復活してきます。最初は人形態なのに次は狼。しかも分身してきやがる!分身はすぐ倒せますが、その間に本体が突っ込んでくる。
あ~どれだけつららとかで凍らされましたかねぇ…。攻略サイトには勾玉とかどうのと書いてあったけど、どえりゃー苦労しましたよ。評価なんて時間が梅でダメが凡。総合・凡。超イケてなーい。
とても悔しかったので、攻略本を参考にしてみました。すると、『輝玉が有効』とか書いてあります。狼形態なんて5発も当てりゃ勝てる、とか。マジか。
やってみた。…超速攻で終わった(笑。輝玉万歳。評価は時間・神、痛手・松で総合松でした。ハハハ。
先へ進みます。あれ。ヨイチがいるよ。相変わらず弓を射てますね。きっと何かあるんでしょうね。やれそうなのは迅雷かな。タイミングを合わせて、雷と矢を繋いでみる。すると命中した的から賽の芽が!
さっそく大神おろしです。久しぶりだな!^^
ヨイチは何かを悟って、いずこかへ去って行きました。
さてタタリ場がなくなって、探索可能になったのでうろつきます。あれ?あそこに見えるのは梅太郎じゃないの?てことは隣にいるのはコカリ?
ああ、カムイで釣りしてるのってこの子かあ。早速声をかけました。ちょ、コカリ、カムイな服着てる!めっちゃ可愛い!!やっぱ可愛いわコカリ。
…そして今熱中してるのは相方です(笑。
カムイの魚は個性的ですなあ。そして顔が怖い(笑。ちょっと衝撃的だったので、画像あげておきましょうか。興味ある方は続きからどぞ。

続きを読む

二度と行きたくない(注:長いですよ)

ボス戦前には某動画サイトで見て対策を練るんですが(←ずるい)、まあ今回もそうしまして、案外楽そうだなと思いました。
ただ、問題はそこに辿り着くまででね…。
この鬼が島。終わった後だから言える、『一大アトラクション島』。ただし楽しくないです。製作者がサドだってのが判る仕様になっております(笑。
所々で強制戦闘がある。…まあ、これはいい。雰囲気出るし。しかしここのメインは妖怪『疾飛丸』との勝負。なんと9番勝負まであるんですよ…(ウンザリ。最初と最後は簡単なんだけどもね…一番苦労したのは5戦目かなぁ…棘付きの輪?が2個揃ってごろんごろん。しかも左折してもまだあるから、視点の切り替えも重要…というかそんなもんする暇がない。そしてラストは階段なんですが、タイムが遅い(つまり負ける)と滑り台になってるの(笑。なんかドリフの大爆笑であったな~ああいうの。(古いですか)
せっかくだから順番に解説してみようか。もしこれからやるって人は何かの参考にしてください。
1番勝負。
直線なので簡単。総じて言えることですが、疾飛丸が浮かんでる足元にあるボタン?を踏むとスタートの合図なので、二段階ダッシュでそこを通過できるようにすればいいですね。(そのためにスタート地点がやたら広い)
2番勝負。
ここは怖いですよ~。針の山地獄かね。吊られている板の上をジャンプしてゴールを目指すんですが、まあ落ちたら負けね。判りやすいですね。何度も落ちましたよ。うっかり二段ジャンプしちゃうんだなぁ。で、これまたゴールが奥にあるもんですから、距離感がね、うん、いつものことですけど。
何度かチャレンジするうちに、心なしか板が大きくなってジャンプの必要がなくなっていたような…(笑。
3番勝負。
これも似た感じかなぁ…。段差のある廊下?を行くんですがね。まず上に行ってそれから下へ…なんですけど、一番下に壁足の猫像があるのね。だから素直に上から行ってもよし、下に降りて壁を伝ってもよし。とりあえず上から行ってみました。まあ何度も負けましたけども。その度にスピード落としてくれるんで、慣れてくるのと同時に勝機も増えるわけです。ああ親切設計。
4番勝負。
いわゆるハードル競争です。棘付きですけど。高さが違うので、普通のジャンプと二段を使い分けて。そんなに難しくはない。
5番は上に書きましたね。もうここでどんだけ太陽器減らしましたか自分。神骨頂を2つくらい消費してしまった。
6番勝負。
これも1番と同じく、ゴールはすぐそこ。でも手前の部屋に入るとバトルが始まっちゃいます。つまり、とっとと片付けないと負けると。でもですね…スタートの手前に宝箱があって、『中破魔札』が入ってるんですよ(笑。素直に使わせてもらいました。楽勝でした。
で。
7番勝負会場までにですね、勝負とは関係ない仕掛け部屋が続くんですよ。まずは熱線武者部屋。なんと熱線(当然だが触れたらダメージ)を発射してる武者人形が置かれてます。あ…悪趣味な…!
一閃するとちょっとだけ熱線が止まるので、それやりながら足場を伝って先へ。途中の宝箱もできるだけ。一回当たっちゃったかな…あと奥行きの距離感が(ry なので下にも落ちましたよ何度も…。落ちる直前のところからやり直せるから助かったけどね、これスタートに戻されたら発狂してるね。(大げさ)
ここを抜けますと、7番勝負。
ただの廊下に見せかけて、下から横から棘がバンバン出てきます。まあでも、廊下の真ん中をジャンプしつつ行けば余裕なんですけど。(そしてヘタレは一回では勝てない)
出口の先にある亀裂を輝玉で壊して、穴から出ると屋根の上。一段上に破魔矢鍵。ジャンプしても届かないので、右方向に行って壁足像から延ばしてゲット。…そういえば7番会場廊下手前にお化け錠前がいたな。
錠前壊して先へ進む。すると何やら弓を引いた虎の彫像。面白いな!尻尾で弓を引いてる。けど肝心の矢がないよ。…はい。画龍の出番ですね。
番えた矢が飛んでって、雲を晴らしたら…おっとキタぁ12番目の筆神・撃神!
…いきなり矢で狙われました。しかも3回。おまえもか…。しかしまあそういうわけで『迅雷』をゲットです。
で、えーと、その先の歯車を雷引いてきて起動させて…速度が速いので霧隠で遅くして…また奥行き間違って落ちましたがヘタレの仕様(ry
通路の先には電気を帯びた鍵みたいな…デンデン太鼓?これを使ってコノハナ伝っていった先の鍵を開けるのか?余談ですがこれをくわえる前に、イッスンに「ビリッって感電するかもよォ」と脅かされました。感電させてやろうかこのゴムマリが。
先へ進むと、『障子迷路』てなとこに出ました。ここはお宝天国。あっちこっち開けまくって宝箱をどついていきます。適当ですが。網羅はしてないな、多分…。輝玉で壊す壁が出口なんですよね。迷ったけどね。
すると入口(1階)へ戻ってきた。正面の入れない扉をデンデン太鼓で開けます。で、奥にある剣を掲げた仁王像?に迅雷。すると像が壊れて地下への階段?が現れた。何も考えずに降りていくと、何やら灯篭?がある通路。何だこれ?と先へ進むといきなり警告音が!そして足元から溶岩流が!!
また!またこういう心臓に悪い仕掛けを!!!(叫
とと、灯篭だろ?目玉灯篭だな?じゃあ一閃すりゃいいんだな?と目の前の4つをざくざくやるんだけど、まだ足りないらしい。えええ嘘!?まだあるのどこにあるのいやああああ!と溺れてしまいました…。
…よし、今度は慎重に行こう。とふと入ってすぐの壁を見ると、…あったよこんなとこに…。灯篭は全部で5つ。今度は落ち着いて成功。やれやれ。
先へ進むと、視点が横からのに固定された。何ですか嫌な予感がしますよ。
案の定、歯車が並んでいます。要は歯車に着いた板を渡っていけ、と…。そしてお約束のように、中には竹槍のついたトラップ歯車があったりして…。しかもその前に壁足像?
つまり竹槍歯車を伝わないと行けないということですか。どんだけ鬼畜ですか。
あ、でも、ここは比較的ぽんぽんと行けたんですよ。で、奥へ進むとデンデン太鼓。これどこで使うの?
…もしかしてスタート地点ですか。そこまでまた戻れってことですか。
しょうがないんで行きます…が、ちょっと待って。奥に宝箱!大破魔札だからゲットしとかなきゃ!といそいそ行ったら、
落とし穴に嵌りました。
ずるーっと落ちてって、止まった先は壁足像の足元…。そうですか、またここからですか…。
今度は落ちませんぞ!よく見ると床の色がちょっと違うので、ダッシュでスルー。ハハハやったな。宝箱は目の前だ!…と走ってったら、
また落とされましたよ今度は下に竹槍(プラスそれまでに落ちたであろう人骨?)が待ち構えてました。
…また壁足像からやり直(ry
残る一つの宝箱は諦めました。(真珠だったし)
デンデン太鼓で仕掛けを開くと、またぐるぐる回る…なんですか、回転扉の床版というか…。しかも上に行くにつれてスピードが上がっています。イヤガラセですねわかります。
ふん、でもこういうタイミング勝負は強い方だからな。ほぼ一発で通り抜けてやったわ!
ここから4階です。もう飽きてきたなあー
ここにもデンデン太鼓がありまして、消える床?を伝って行きます。もう奥行きが怪しいのはこのゲームの仕様ですから。クサリグモをスルーして、行き止まりで一旦太鼓を離すと下に落ちて破魔矢鍵をゲット。輝玉で壊せる壁の向こうの錠前お化けを退治して、まだ先へは行かずに一旦戻る。太鼓をまたくわえて(落とした場所にあるかと思ったら元の場所に戻ってやがった)再び来た道をゆく。んですが、ここでちょっと迷った。だってどっちの通路にも武者像があってさ…いや言い訳ですけど。
しかしこの戻るところ、コノハナがあるのはいいんだけど、太鼓通路の下は毒の沼ですよ。怖ぁ~。ちょっと見、コノハナが下向きなので落ちやしないかとブルります。大丈夫なんだけどね。むしろ太鼓通路のが怖いわジャンプ失敗したらと思うと。
で、と。この先は8番勝負会場なんだっけか。太鼓通路の先にクサリグモがいるので、スタート直前に霧隠で遅くしておく。2つの階段があるんだけど、その前に竹槍トラップ。普通ジャンプで充分越せる。何故か順路に小判が落ちている。
そんでもって、これを抜けると広い部屋で…また強制戦闘かい!また赤鬼青鬼かい!!こいつら時間かかるから嫌だ!でも太鼓のお陰でトドメに迅雷できて牙5本ゲットしたので赦す!(笑
何でも一番右の障子から出ないとまたしても竹槍トラップらしいので慎重に…あれなんか見覚えある鳥居が…ってこっちじゃねぇよ!来た方向だよ!
出ますと、どんつきにはいやらしい光景が。垂直の壁(壁足像付き)+壁面に棘トラップ+下は毒沼地('A`)('A`)
まあ、やるしかないわけだが。
像から棘のない壁に満遍なく伸ばして…ジャンプダッシュで壁に貼り付いて…上る!上る!
成功しました。(実は一回落ちた)
そしてその先は…また貴様かトウセンボウ!(答選坊?)今度は鬼孔5つですか。そろそろ覚えられなくなりそうです。2回目で成功しましたが。
でもってこの先で、ようやく、ようやくラスト勝負です。
これね…簡単なんですよ。一見ジャンプしても届かないの、対岸が。でも壁に輝玉亀裂があってね、その先にコノハナがあるのね。だから先に壁を壊して置けば楽勝なんですよ。スタート地点から蔦引けるから。
まあ、輝玉を落とさずに出せるかってのがカギですけどね(笑。
そうして勝負も終わりまして。疾飛丸とのお別れはうるりときました。花束の代わりに、なんて…!妖怪にしとくのは惜しいよ、こいつ…!
はあ~。ようやくボス・キュウビ戦ですよ。てか、もう疲れ果ててるんですけど。(笑
でもしょうがないからやります。登場からナメてますね。筆神星座とは…!テメエなんぞを分神に持った覚えはネェ!!(怒
しかもこいつ、もたもたしてると朱墨でバッテンしてきますよ。赤ペン先生か!(笑
剣を掲げたときに迅雷を引くと小狐に分散するので、面倒なので大破魔札で叩いていきます。(一度タイミングが速すぎて一枚無駄にした。くそう)速攻です。そして遂に尻尾一本になったので、こうなると通常攻撃や一閃が効いて向こうの朱墨も無効になります。
しかしそれよりも進路に輝玉置いた方が早かった。(笑 
だってゆっくり近づいてくるんだも~ん。どっかんどっかんですばらしく早く終わりましたよ。時間・神!まあ少々ダメ喰らったんで痛手こそ松でしたけどね。
こうしてようやく鬼が島攻略は幕を下ろしたのでした。



あ~疲れた…。
あとは龍宮城に行って宝箱とかはぐれ珠とか。穴掘り場にあるはぐれ珠は、段差を画龍で修復するってのに気づけて良かった。
後は…そう、ハヤテとのラスト勝負をやりました。手強かった~!5回くらいリトライしました。追いついた!と思ってもやや前目に頭突かないとダメみたいですね。
とりあえずこれで中断~。相方に「釣りできるよ~」と教えたら喜んでました(笑。

龍宮~水龍の体内~鬼が島

週末ですので、話を進めました。えー、まず、天望岬(台って書いてたな、そういや)にて流れ星生産しまして、すると天の渦出現。ふむふむ、これを回せばいいんだな。いつぞやの風車だよな、とやってみるも、風が吹いただけでした。あれ?おかしいな、と方向を変えたり渦巻きしたりしてもだめ。ん?…あ、もしかして岬の先端でやらないかんのかな、と行ってみるとどうもそうだったようで。3回疾風したら海の渦出現。(だから正式名称をね)
早速シャチ丸に乗って向かいます。渦に飲まれて、着いた先は龍宮城。わぁ~、イッスンの声も滲んでるよ(笑。オトヒメさまに会う前にあちこちうろつく。行けないところ以外で、壁に輝玉の亀裂が。いそいそと壊して穴に飛び込むと、そこには癒しの空間が…(要するに宝箱・クローバー・動物もろもろ)
じゃあオトヒメさまに会いましょうか。オトヒメもイッスンにかかるとワカメ姉か(笑。えーつまり、水龍を制御するには『龍玉』が必要で、それは水龍の体内にある、と。
…つまり行って来い、と。
ここでも恒例・渋るイッスン。でもアマたんは即決。まあ、そうしないと話が進まないからな。
あ~んぐりとあけた口から飛び込もうか。(ちょっと勇気が要る)中は意外と広い。点々とある小島?にも宝箱。でもなかなか行き辛いよな~…また奥行きの距離感が微妙でなあ…。何度もドボンしたけど、噴水がいっぱいあって助かりました。そうやって進んで、奥には錠前お化け。…体内だよな、ここ?
破魔矢鍵は水面奥の小島にありました。中空じゃないから見つかりにくい。蓮で行けます。
奥へ進むと、なんかどっくんどっくん言ってる…玉?ははぁ、これか。でも取り出せそうにないな。ん?まだ奥に部屋があるよ。行ってみよう。
おおお何ですかこの怪しい赤い液体は。しかも天井で丸い肉塊?がどくんどくん。イッスンによると、どうやらあれが赤い液体を堰きとめているらしい…じゃあ破れたらどうなるんだろー?
…とても怖いことになりそうです。しかし他に方法はなし。やればいいんだろうやれば!
赤い液体を水郷で3回掛けると破れました。液体が溢れ出したよー。水蓮で戻れってか。ちょ、じゅうじゅう言ってるんですけど!(笑 急いで戻ります。するとさっきの龍玉あるとこにも液体が。同じように掛けて溶かして…はい、龍玉ゲット。
すると出口が塞がれた。敵か!狐火だと?なんかたくさんあるんですけど。『管ギツネ』とかいうらしいぞ。なかなか素早いので、霧隠でとろくしてタコ殴り。気絶したら一閃。これ繰り返してればいいんだけど、数が多いんだよ…。しかも最後の2匹、墨を吸い取ってしまうのか?白わんこから回復しません。ヤバイ!しょうがないから無限墨使用。それでまあ、何とか時間・松、痛手・神で終われました。
出口の結界も解けまして、それはいいんだけど、お約束のように時間制限脱出。しかも天井から赤い液体がボトボト落ちてきて触れるとダメージ?やめてもうこういうの!(でも避けるわんこが可愛い)
親切にも矢印が出てるので、急いで出ます。何度か液体を喰らう…。そして小島渡りでも下にドボン…。まあでもどうにか戻れました。やれやれ。
あっと、そういえば管ギツネ倒したら『キツネ管』ゲットしました。龍宮に戻るとき、これは水中なのかなぁ…ああ慌てるわんこが可愛い…何やら誰かが話しかけてきます。え?龍王ワダツミ?オトヒメの旦那さん?
つまりこの方が水龍だと。しかも龍玉をもいじゃったからもう死んじゃうって!
なんかすごい罪悪感。
龍宮に戻りました。するといきなりツヅラオ登場。はあ?なんでここにいるの?
キツネ管を見せたらすげー食いつき。おい…怪しいよやっぱり…。いつの間にか『神器』じゃなくて『妖器』になってるじゃまいか。でもアマたん、ひょいって渡しちゃった!おい!何すんだわんこ!
こんな怪しい奴に渡しちゃダメだろ!
それを受け取ったツヅラオ、大喜びでどっか行っちゃったよ…。どうーすんだ。
まあしょうがないので、オトヒメに会って事情を話す。しかしオトヒメはすべて承知の上だと。そうですか…、なみなみならぬ覚悟だったと…。
そのとき、龍玉に龍王の託宣が。なんかツヅラオが襲われてるっぽいな。さっきのキツネ管のせい?
とりあえず急ごう!ということで、餡刻寺に向かう。するとツヅラオの幻影?が手招きをする。行き着いたのは岩壁、でもどっかに繋がってるっぽい。行ってみると、なんとヒミコの神殿に出た。ヒミコの従者が倒れてるし、なんかヤバイぞと行ってみると、そこにはこと切れたヒミコが。
一体誰が?するとツヅラオ。だから怪しいよこいつ怪しいって。ほら、アマたんも唸ってるよ。
…案の定正体現してバトルだよ。『化け九十九尾』ですかそうですか。えーとこいつには…霧隠→通常攻撃・一閃ね。でもあんまり効き目ないなあ。何気に喰らうじゃないか!それなりに苦戦しました。ううーこいつでこんな苦労してたらボス戦どうなるんだ…!
戦闘後、ホントの正体現します。まあ、要するにキュウビなんだな。九尾の狐、か…。うしとら思い出すなあ(笑。
アマたんを怯ませますが、部屋が狭いとかって(笑 根城に引き揚げたっぽい。
どうやら鬼が島ですか。
ここで注釈(笑 入りまして、どうやらヒミコは鬼が島の位置を特定するためにいろいろ画策していたらしい。わざと…でもないのかな、殺されて?自らの力をあの水晶玉に封じ込め、力を取り戻した妖魔(キュウビ)に取り込まれてその妖力を利用するために…で、アマたんが偽ツヅラオにあっさりキツネ管を渡したのもそのため、とか。
・・・いつの間にそんな密約が。
そして場所は特定できた。天望岬のすぐ傍らしいが、それは日の入りまでだとのこと。つまり、それまでに行かないといかんよ、と…。
またかよ。
しょうがないんで走りまして、シャチ丸に乗ろうと桟橋に行ってみるもいなくて、うを~じゃあ岬に行けばいいんかと行ってる途中で夜になりました(笑。
やり直しですか。今度は両島原・北に来た入口からなので、早かったです(笑。岬にはオトヒメがいて、自ら水龍に変じて架け橋になってくれました。…くっ、この夫婦、どこまでも…!(泣
そういうわけでやってきました鬼が島。
はぁ~、最初から溶岩の噴水ですか。これねぇ、火避けの石簡のお陰でダメは喰らわないんですが、水蓮描けないんですよ。おぶおぶするしかないんですよ。入口付近に宝箱あってもさ、小島まで遠いんですよ。だから一個だけゲットして先に行きました。もう黄金の桃は要らん。
…で、正面玄関から入ろうとしたら、強制戦闘ですよ。なに?赤鬼青鬼?…ほんっとに鬼が島だな!(笑
こいつら強いよ。正面からだと筆しらべも無効なので、霧隠でとろくしつつ背後から攻める。輝玉有効らしいけど、ヘタレなのでうまく当てられません。しょうがないんでゴリ押し。殴ってると面が取れて?まあ倒しやすくなる…かな?固いけど。
玄関入るとセーブポイントあったんで、とりあえずここまで。


あ~疲れた疲れた…。化け九十九尾戦は散々でしたよ…時間・梅、痛手・竹てどんなだ。時間はともかく、どんだけダメ喰らってんだ。武器は表・鏡、裏・剣で行ったんですけど、剣と勾玉の方が良かったのかな。うーん。まあ次のボス戦に備えていろいろモサクせねば。鬼が島もしんどそうなとこみたいだしな…(憂鬱。

出し惜しみ

話を進めるのは週末だと相方に約束してしまったので、それまで適当にうろついてみました。
というのも、妖怪牙を集めるのが大変だとこぼしてましたが、ちょっと効率のいい方法を発見したのです。いや、攻略本をよく読んだら書いてあったんですよ(笑。ザコ戦のとき、敵が光りながらスローモーションで浮かぶときありますよね。あるんですけど、そのときにその敵に応じた筆しらべをお見舞いしてやると、規定数の牙を出すんですって。
今までは『神業 無礼』でおしっこをチャーと引っ掛けていただいてたんですが、これだとちゃんと近くに行かないとならんから逆に効率が悪かったのね。しかしこの方法だと楽じゃないかと。(200万両出せば『必ず牙を2本出す』というのも覚えられるんですが、さすがにビジュアル的に赦せんので覚えない。だってうん○なんて…)
しかし敵ごとに違う筆しらべだったりするので、覚えるのが大変だな。まあでも、これまで全然出せなかった姑獲鳥に、対応する霧隠やると2本ですから。これで一挙にペースアップしまして、ただ今78本。フヒヒヒ。
あとは…そうそう、例の百鬼夜行の穴。あれ、最初に入ると『袋狢』って妖怪とバトルなのね。こいつはあれですよ、女郎蜘蛛ですよ。まったく同じなの。また蔦コノハナの恐怖ですよ。しかしあのときのワタシとは違うのさ!(笑 とばかりに挑戦してみたんですが、うん…、人間そうすぐには変われないんだなって実感しました(笑。
女郎蜘蛛はしょっちゅう気絶させられたんだけどな。難度が低かっただけか?それにこいつ、コノハナと繋ぐのが3つやらないと開かないんですよ。ノオー!
どんだけ走り回りましたかネェ。どうにかこうにか開かせられたら、目玉ならぬ提灯?がずらり。がんがん一閃しまくりましたが、なかなか死にやがらねぇので破魔札使いました。小ですが。そしたら速かったな。
結局ダメは喰らわなかったもんの、時間が凡ですよ。やっぱりこのタイプは鬼門なんだな、うん。両島原・北の小島と、あとカムイにも同じようなのがあって、段々強くなってくるらしいですが。まあ…、ラスト直前くらいにチャレンジするよ(笑。百鬼夜行にもな。
ご褒美に太陽のかけらを貰って帰りました。これで太陽器が14かな?あと、ウミネコ亭の傍に固い岩があったので斬ってみたらクローバーでした。幸玉40もらいました。これで墨を強化したら、カンストしました(笑。中盤越えてないのに…(笑。

週末までに相方に釣りで稼いでもらいます。この前なんか一度に40万両稼いでくれました。(やりすぎです)
チョウザメ20匹とか、ムダに上手くなってます。イベントのカジキマグロも楽々だったねそういえば。

中休み

いつの間にか、両島原・北での海釣りができるようになっていました。何がフラグだったのかな?展望台にちろりと行ってみた(行ってみただけ)なのが良かったのかな?
てなわけで、今、相方がいそいそと海釣りに興じています。ここでもNo.1のカジキマグロがなかなか出ない。No.2のオニイトマキエイはもう何匹も釣り上げたというのに…と悔しがっております。
うんまあ、頑張れ。そしてワタシの財布を満たしてく(ry

で、ワタシはというと、ヘタに話を進めちゃうとまた後戻り不可という状況になりそうだったので、とりあえず心残りをナントカしようということになりまして。
ほらあれ、難破船。あそこの海入道ね。あれをトゲ付き樽で轢き殺すと幸玉50だったんですよ。難破船にははぐれ珠があったので、再来が可なのね。というわけで、いそいそと行ってみた。入ってすぐ、幽霊が邪魔しますが構わず進むのです。ははあ、いたぞ。…潮が引いてるときは寝てやがんのか、こいつ。早速樽に乗りますが、結構難しいぞ!ただ単に上に乗ってってだけじゃ動いてくれません。てっぺんより少し下あたりに陣取ってコロコロコロ…ザシュ!ドシュ!てな音を立てつつ轢いていきますよ。そして何度かぐりぐりやったらどうやら死んだのかな?
めでたく幸玉50をゲットです。(文だけ読むとどんだけ残忍だとか思われそうだな…)
これで難破船での心残りはなくなったな!(笑
あとは、この両島原(北ではなく)にも点々と岩とか小島があるんだけど、シャチ丸で行けないんだよね。うーんこれはもう、水捌けの石簡をゲットするしかないんだろうか。そういえば、関所の川のはぐれ珠も、これ使わないと無理だよね?
しかしな、これって妖怪牙100本要るんだよな。今まだ40本くらいか。『霧禁ビョウタン』貰っちゃったもんでね、すっからかんですよもう。
しかしあれだ、龍宮行っちゃったら話がぐんと進むだろうから、しばらくは牙稼ぎでうろうろしようか。相方も釣りやりたがってるしな…。

カジキマグロから猫から

さて、ヒミコから砦の鍵をもらったので早速両島原・北へ。するといきなりあのピンクな人と遭遇。イッスンに関しての疑惑?を提起してどっか行きました。なんか、『大神おろし』もやっといたから!とか?ありがたいのか迷惑なのか…あのシーン大好きなのに損した気分だな。
いろいろと散策、かと思いきやいきなり強制バトル。輪入道か…今度は鼻かよ。えらく高速で動くらしいので、霧隠でとろくしてちょいちょいっとな。
敵はニューフェイスも増えてますねぇ。地蔵系多し。あと輪入道ペアとか。そうそう、浜辺で二郎丸・三郎丸(=一郎丸)が出たよ!難破船でのボスもここではザコですか。一郎丸になったらフィールド水浸しにしてくれちゃって。でもこいつ、普通に一閃で大ダメージなのな。それに早く気づけワタシ。お陰で久々にザコ戦で時間・凡喰らったよ。
そしてミニゲームもいくつか。ヨイチの矢再び…弓につがえてる間は無効っていやらしいな。幸玉は離れた場所にいてもオッケーだと思ってたら、ある程度近づかないと無理でした。(賽の実落とさないとなので)
宝箱とかをあらかたサルベージしてからシャチ丸を呼び出す。桟橋にやってきたシャチ丸を見つけて、ウラシマが駆け寄ると「ああ、オマエじゃないから」みたく尻尾でべっしーん!彼方に飛んでったウラシマがちょっと、いやかなりかわいそうでした(笑。なかなかイイ性格をしている海獣です。
いくつもある小島に順番に訪れてクローバーだの宝箱だのを漁る。一番西?の島の桟橋で、漁師さんのお手伝い。ぬかりなく竿を買っていたのですぐにトライ。頑張ってカジキマグロゲットして、ウミネコ亭にて『疾風』奥義をゲット。
…はいいんだけど、それ以来漁師さんの姿が見えないのね…。釣りできないじゃん!昼行っても夜行っても誰もいないの。おっかしーなー。
まあいいや。とりあえず保留しとこう。
えーと…確かここの小島に、一閃と輝玉を強化できる金浄泉とやらがあるらしいので行ってみる。段階があるものの、結局最高額をしかも3回も寄付しないとダメらしい。業突く張りだな!
2段階目の強化に、一閃は6万両、輝玉は12万両かかりましたよ!まあ100万両越えてたから良かったけどさ…。ともあれこれで、一閃は固い岩も斬れて、輝玉は玉を複数出せるようになりました。
さて。後は猫鳴きの塔だね。
事前にですね、この塔をてっぺんまで休憩なしに登ったらはぐれ珠が出現という情報を得ていたので、頑張ります。壁神の紋様のあるところを×ボタンつまりジャンプしつつ進む。壁にぺったり張り付いて進んでいくんですが、お約束のように紋様がない場所もあるのよね。微妙に位置を調整しつつ、休憩などせずに一気にてっぺんまで登りきりました!!ヤター
疲れた~!しかも途中何個も宝箱が見えて、どんだけ降りたかったか(笑。でも頑張ったですよ。頂上にはなぜか一匹の猫がいました。おまえ…どうやってここまで来たんだ?でもお腹空かせてるだろうから、とごはんあげました。すると星座が光って、恒例・筆神登場。今回は猫だね。壁神だね。
登場シーンが最高です。イッスンがまさにゴムマリ。アマたんも一緒になって追っかけっこ。うううあああたまらん悶絶悶絶。
そういうわけで、筆しらべ・『壁足』ゲットです。猫の像から筆しらべで延ばすと紋様が現れて、壁をのぼれるという。ううーん便利。これまでのいろいろな場所を巡り倒さなくては。
この塔、てっぺんにでっかい猫の像があるんだけど、猫がいた反対側に宝箱があるのね。それ最初知らなくて人魚泉で出ちゃったもんで、また行ったんですよ。いや~もう高い場所は怖いわ!(笑 ほんっとに高いんだよここ。バーチャルな世界なのにケツがぞくぞくします。まあどうにかゲットしましたけど。
途中の宝箱とかまだ全然なので、これからまた行きます。

そういえば攻略本に、釣りのできる場所が書いてあって、『両島原・北』ではなくて『両島原』になってたことを思い出しました。両島原の浜辺にも、確か漁師がいたよなあ?てことはあの人に話しかければ釣りができたのかな?また確認しとかないと。

ズッキュンv(byイッスン)

さぁそろそろ話を進めようか。というのも、イダテンと勝負しに神州平原に行ってて、まあ2戦目をクリアして、…そういやもう神木祭って終わってるよなぁと一応村に行ってみて、終わってたんで、じゃあコカリも森に戻ってまた釣りやってっかなと思って行ってみたら『旅に出た』って親父さんが言ってて、そのまま高島平に出てふとマップを見たら笹部郷に○が入っててそういやカグヤ追いかけてたんだっけ、と思い出しました(長い。
しかしその前に気になることを検証してから。
何かと申しますと、例の関所の川ね。あそこ、もう一箇所はぐれ珠があるところがあって、それはどうやら上流の方らしいのね。とある攻略に『川に飛び込んで』どうのと書かれてたんで、じゃあ水蓮で行けるんじゃん、とやってみました。
…しかし予想以上に流れが急でね…。矢継ぎ早に風を吹かせてないとすぐ流される。いくら早墨ヒョウタンがあってもこりゃ無理だ、と無限墨使用。結果ですか?無限墨3個使ってもほとんど進みませんでした。こりゃ疾風の上位じゃないと無理じゃないの?風どころか台風が要るよこれ。
そういうわけでリセットしまして、新たに始めるのです。
えーと。そうだ、カグヤを追っかけてたんだっけな。笹部郷の最奥に行くと、今まさにじいさんとカグヤの別れのシーン?ちょっとうるりときました。で、地面の下に何やら埋まってるから手伝えって…。
また穴掘りですか。(嫌な顔
ここの、結構時間的に厳しいと聞いていたので、無限墨使おうかなぁとか思ってたんですが、イベントからそのまま穴掘りに行っちゃったんで、しょうがないんでレッツトライです。
でもこの穴掘り、いつも思うことですが、攻略とか見て配列をちゃんと覚えておかないととんでもないですね。視点が固定(わんこ中心)になるんで、せいぜい1ブロック分しか見えないんだな。しかもだ、順路を覚えても順調に同行者がついてこないとまた戻って連れ戻して…ってなりかねんから困る。順路の都合上でトゲ岩の上を通らないとならんときとかもな…タイミングよく風で運ぶのもあれだ、強弱で左右されるし。
やっぱり1ブロックずつ確認しつつ進むのが結局効率的ですね。そうやってホオズキも取ることなくゴールできました。
そして出てきたのはタケノコ型ロケット(笑。カグヤは自分のことが判ったら必ず帰ってくると言い残して飛び立っていきました。
で。このとき『火避けの石簡』をもらいまして、そのまま西安京のヒミコの屋敷へ。門番をやり過ごすのに霧隠を使って中へ。宝箱を抜かりなくゲットしながら(いつもながらはぐれ珠は判り難い)エレベーターに乗っていきます。すると溶岩の海が!(なぜ屋内にそんなものが!)
しかし石簡のお陰でダメージ喰らうことなく渡れます。…蓮が出せないのでおぶおぶで…大変危なっかしいです。しかもそれなりに距離あるから。
奥には御簾の向こうにヒミコが座していました。顔を見せやがれィ、というイッスンのリクエストに応えて御簾が上がると、お約束のように美人が。
イッスン、思わずアマたんの頭から転げ落ちました(笑。そんなに好みだったか。つんつんするアマたんが可愛いぞ。
ヒミコの話では、災いの元である鬼が島への架け橋に水龍の力が必要で、それには龍神族?の手助けが要るとのこと。両島原北へ行くための『カンモン砦の鍵』を託されました。
というわけで、次からはそっち方面です。

回収作業

…なぁんて、まだ物語の折り返しも過ぎてないのにね。相変わらずうろうろしてます。今日のメインは釣りでした。といっても、主にやってたのは相方ですが。奴め、西安京No.2まで釣り上げやがった。残すは太刀魚のみ!やるなぁ。アガタの森でリベンジできなかったイトウにリベンジできて嬉しそうにしてましたよ(笑。
ワタシの方はというと、蓮の葉舟のラストとか早蔵とか。早蔵は3回戦までやりましたよ!いや~4人はきついわ。順番覚えるのも大変だわ。ラストはまだ条件が整わないのでできませんがね。
あとは…そうそう、両島原に来た当初より少しは話が進んだと思われるので、もっかい道場行ってきました。案の定項目が増えていた。なので、まだだったやつを早速習得するのです。
今回新たに覚えたのは、『勾玉 烈魂』『神業 鏡鳴』『剣業 参斬』。3つもあるよ。魚売りさばいてそれなりにお金があったので、一挙に覚えてしまいました。とくに鏡鳴は嬉しかった。だって裏表鏡装備で攻撃力1.5倍はすごいですよ?で、このときって練習するじゃないですか。烈魂のときは腕が死ぬかと思いましたよ(笑。そして剣に少々目覚めそうな昨今。溜めてる間に敵に近づいたりできるかなとか。試しに剣を表装備してバトってみたら、それなりによろしかったですよ。ずっと表は鏡だったんだけど、ちょっと練習してみるのもいいやね。
あ、あとたまたま、海岸で飛脚のハヤテに出会ったんで勝負してみた。しかしだ、こいつってイガグリ落としていきやがんのな!当然触れたらダメージ。それに海岸って妖怪札が異様に多いんだ。いちいち捕まっていました(笑。それでも根性で頭突いてやったが。
そうなんだ、ハヤテで思い出したんだが、神州平原にイダテンと勝負しに行くところだったんだ。
妖怪目録もゲットしたので、2件ばかし手配犯を成敗しました。ん~もうついでだからコンプしてから平原に戻るかな。

次の目的?うん、忘れてますよ(笑。いやまあ、そのうち行きますそのうち。

相方がどうしてもというので↓

続きを読む

ミニゲーム三昧

目の前にミニゲームがぶら下がってたら、やるでしょ普通。(何を偉そうに)
そういうわけで、ミニゲームばっかやってました。ときどき宝探し。
まずは『流行に敏感な女の子』。流行りそうな内掛けの模様を筆しらべするんですが、これ、まず女の子に木炭をあげてからの話なのね。で、その子はどこにいるのよ…何?大工の家の前?行ってみたんですがいないんすよ。ってあれ?宮大工ナグリのとこじゃなくて?もう一軒あったらしい。いたので、渡して、…ふむふむ、まずは『V』ですね。呉服屋へ行って旦那を躍らせてみる。最初ここから始めてたんですよ。でも何も起こらないしおかしいな~って。そりゃそうだわな。でもいい練習になりました(笑。で、幸玉もらいながら次にハート→☆→クローバー→天の字でラストだったんだけど、クローバーがね!何がいけなかったのか、女の子がなかなか認めてくれませんで。3回くらいやり直したよ…。でも最後、天のときに女の子が「これは大神さまのしるしなの!」って言ったときにはちょっとうるっときた。…目の前にいるんだけどね(笑。まぁめでたくはぐれ珠もゲットしました。
後はー、スリの早蔵かな。これ最初よく判ってなくて、分身の術で2人に分かれるんだけど、どうも順番通りに筆しらべしないとならんらしいのね。いやそれは判るんだよ、どの筆しらべしたらいいのか表示される順番なんだなとわかるからね。筆しらべの種類は絵で示されるんだけど、それがちょっと判りづらくて順番を示す数字をそれだと勘違いしてました(笑。(『1』は縦一本線だから水郷の水柱かなとか…『2』が小文字のzみたいに見えて、そんな筆しらべあったか!?とか)でもどうも違うと気づいて、そのとき1番が一閃で2番が水郷?らしかったので、水路近くに来たときにやってみたらうまいこと成功して、ああやっぱりそういうことかと…(笑。
これ、4回戦まであるんですってね。最後なんて5人らしいですよ。できるか!しかしこれもラスト報酬がはぐれ珠。いいよ判ったよやってやるよやればいいんだろうやれば。
でもとりあえず今日はやめとく。
後は渡し舟ですかね。どうーも時間がかかるなあ。なんか、何度もトライできるけど、ご褒美は最初だけなのね。あと一人残ってる(しかも一番難しいやつ)ので、練習してから行こうかなと(笑。
そういや早蔵のとき、灯台に炎を灯して…ってのもよく判らんくて、点いてないやつ2個とも点けないとならんということにちょっと気づきませんでした。で、あちこちある燭台に全部灯しておけば後々ラクだろう、と思ったんだけど、ある程度やるといくつかは消えるのね。画面から外れたらそうなるのかな…面倒だな。
あとは宝探しか。貴族街の水路にもいくつか宝箱が沈んでるんですな。あの九十九折れ橋のある広い池?にもぽつーんとあって、行ってみたんですけどね。最初、上陸できるとこがないと嫌だなと思ったんだけどそれは大丈夫だったんで、じゃあってんでいそいそと行ってみたんですよ。かなーり離れた場所にありましたよ。なかなか見つからなかったんで、しょうもないもんなら諦めるかなと思って攻略本見たらはぐれ珠だったんで、こりゃ根性出すべと(笑。んでめでたく見つかりまして、一閃して、珠浮かんできたんで飛び込んでおぶおぶしつつゲット…しようとしたんだけど、どうやらかなり離れた場所に浮いてくれちゃったみたいで、アマたん、溺れました…orz
うーむ。なら蓮を大量生産してやるべ、とやってみたんだが、これも無限に出せるわけじゃないんだね。3つか4つ出したら最初のが消えちゃうよ。しょうがないな…じゃあ宝箱を囲むように蓮を出して…それ一閃。出た。おぶおぶ。…溺れた(笑。だから奥行きの距離感が怪しいゲームだと(ry
…3回目でようやくゲットしました。いいんだゲットできればそれで。

まだまだやりますとも!釣りもな!(笑

宝帝の屋敷後半(VSエキビョウ~ミニゲーム)

さて続き行きましょう。えーと、奥に向かうんだっけか。どうしても通れなかった箒に霧隠を使って進む。ちょ…箒だけじゃなくて足も邪魔してくるじゃないか!踏まれたじゃないか!(とろいだけです)
先へ進むと鹿おどし。ああこれあれだよ、かぽーん言わせて飛び移るんだよ。な?しかし紫色の水は使えないときた。でも落水はいけるらしいのでそれを使う。ははん、簡単だな!…一回落ちたけどな!(笑
すると寝室?へ出た。蚊帳の向こうで宝帝が寝ているらしい。そしてその口から例の霧が。どうやら元凶はおっさんの身体の中なモヨウ。
しかしさすがに蚊帳をすり抜けるのは無理。なので天井から攻めてみよう。
おっと、その前に2枚ばかしある妖怪札触れてからね。何でもここでしか戦えない奴らなんだと。今だとイッスンを飛ばしてお宝ゲットできるので、積極的にやるのですよ。(やらなくてもアイテムもらえるらしいが)
ワタリグモを伝って天井の梁の上へ。鳥居をくぐっておくと落ちても直前からやり直せるので便利。おや?青いワタリグモがいるよ。乗るけど。…ってなんだこの高速!?速い速い速い!まあ霧隠使えば一発なんだけどさ。
そうして、振り子状に揺れてるクサリグモをかわしながら進んで、お宝もゲットしてったのはいいんだけど、クモの巣で邪魔されてる向こうへは行けないんですか?行けないよ。なにこれ。どうしたもんかなと思ったんですがめんどかったんで(…)諦めました。だってやり方判らないしー。
でも良く考えたら、ここってはぐれ珠ないから一回こっきりダンジョンだったわけで…。『また後で来よう』なんて甘く考えてたよ…。しまったー、3つも宝箱損したー。
だってどうやったら行けるか判らなかったんだもん!!後の祭りだけど!
気を取り直して、宝帝の体内です。どんつきに元凶・エキビョウがいました。正体は金釘という青い刀。8本の刀を飛ばしてくる攻撃のときに一閃すると気絶するので、刀を攻撃するのです。それまではたぶん何やっても無駄だと…思ったんだけど、あれ?少しずつではあるけどダメ与えられるな。ちなみに上記の攻撃のときにイッスンを飛ばすとアイテムゲットです。それにこだわったせいか結構時間かかった。だってこの攻撃してこないと始まらないわけですからね?しかも気絶時に殴るんだけど、なんかいつもより手間がかかるような…これってイッスンが殴ってるんですか?
てなわけで倒しまして、後は宝帝を操ってカグヤを助けるわけです。ちなみに成績は竹でした…。痛手は松だったんだが時間が梅でな…。どうやったら手早く倒せるんだよあれ。
霧が晴れまして、西安京も元通り。さあ!ミニゲームの時間ですよ!(笑
今回やったのは渡り舟ならぬ渡り蓮ひとつと、病気の父親を心配する娘と、ヤマネコ亭の炎の料理人です。ヤマネコ亭のでようやく『黄金のマツタケ』が使えたんだっけな。そして『紅蓮』奥義『爆炎』もゲットです。これで火種がなくても紅蓮が使えますよ!嬉しいな。
後は、貴族街で釣りができるようになってたんでそれを。新顔の魚をゲットですよ~。うなぎに錦鯉にブラックバス(笑、そして大ナマズ!←これは3回も一閃しないとダメでしたよ。疲れたよ!いや~、釣りはハマるわ。
しかし、宝帝の屋敷にあるはずの宝箱(絵巻)が見当たらないときた…。おっかしいなあ。まあもっかい行ってみよう。そうそう、妖怪牙交換で早墨ヒョウタンをもらいました。霧禁と迷ったんだけども。ホントは水捌けの石簡が欲しかったんだけどなかったからさ…。しかしこれで牙が18本になっちゃったんで、またせっせと集めます。

貧乏人根性(宝帝の屋敷・前半)

打出の小槌で小さくなったアマテラス、ビクビクしつつミクロの決死圏に挑みます。先へ行くと紫の水の池がありまして、何やら泣き声が。どうやら牢屋の前に出た様子。そういえば誰か娘さんが捕まってるとか言ってたなぁ。イッスンは「こういうのに限って、振り向いたら不細工とかだから」と無視を決め込む。道なりに進むといきなりバトル。轟雷雲外鏡とかいう…唇だか目だかついてた車輪野郎の親戚ですか?なかなか素早い奴だったんだけど、(そしてちくりとやられたけど)試しにイッスンと結んでみたら、『木彫りの熊』をゲットしました。ほほぅ~
奥の鳥居をくぐると広い空間に出ました。っと、うわぁ!?いきなりクソでかい足が!危ないなぁもう!…と思ったらふたりともすっ飛ばされて壁に当たってぺそっと。か、カワイイ…!ぺそっ。たまらん(悶絶。
どうやら二人ほど人間がいるらしく。一人は箒持って掃除してるみたいで、箒に邪魔されて奥へは行けません。壁に水が染み出してる穴がありまして、ふたつかな?どちらも奥に輝玉で壊せる壁があるのね。1つはそのままジャンプでいけるんだけど、もうひとつは届かないから人間の足を利用して(踏み台になってもらう)行きます。ここで破魔矢鍵ゲット。入口から見えていたお化け錠前をそれで開ける。すると輝玉で開く地下への扉。降りていきますと、奥から霧が出ている穴が。
中へ入ると、でっかい瓢箪がぶら下がってる。
紐を一閃で切って、瓢箪の中へ入ってみる。…何もないんですけど。ええ?どうすんのこれ?(『呼んだ?』と攻略本)なるほど、疾風で中の霧を外へ…。するといきなり星座出現。今回描き込んだ☆は4つ。だんだん増えていくな。
新たな筆しらべは幽神『霧穏』。なんと、時間の流れを遅くするという…なんかあったなこういうの…あれか?DMC3のクイックシルバーか?(笑 
ちょうど、出入り口のとこにクサリグモが降りてきて邪魔してくれてます。時間を遅くして…、楽々スルーできました。ただちょっと、効果中は画面が見にくいかもだな。
筆神出現は酔拳か!みたいな感じで面白かったな。酔っ払い羊。

えーさて。輝玉の穴から降りてきたこの地下、クローバーが3つもあります。ワタリグモを乗り継いでいくわけですが、赤いのは乗り放題で黄色いのはすぐに落とされるらしい。これがね…、2つは簡単だったんだけどね、3つ目(一番高いところ)がね…!
まずきのこ伝いに黄色ワタリグモを経由して上の段に行って、横に動く赤ワタリグモから黄色ワタリグモを経由してさらに上の段、という道程なんですけどね。まずきのこ→黄色ワタリグモがね、まず難しくてね。微妙な距離なんですよこれが。しかもクモに乗れてもすぐ落とそうとするからすばやくやらないとダメだし。そんでそこをクリアしても次の赤→黄色がねぇ…!このゲーム、奥行きの距離感がめっちゃ怪しいからもう苦労したした。まず赤のに移ろうとしても、一番近づいたときの距離のつもりで行くと足りない(すでに離れているから)。で、うまく赤に乗れても次の黄色への距離がまた、微妙に遠いんだこれが。離れてるつもりで二段ジャンプ→空中ダッシュすると行き過ぎたりね。もう何度やり直したか!それでもどう~にかゲットしました。諦めようかなとか思ったんだけどな…、難破船で幸玉50獲り損ねてたから根性出しました(笑。

牢屋に入れられてたのはカグヤだと判明。そしてやっぱりイッスンは美人に弱かった。(判りきったことである)
なんか疲れちゃったので今回はここまで。



そうそう。
C1048590.jpg『大神 オリジナル・サウンドトラック』
またぽちっちゃいました。いや~、フィールドのもボス戦のもすごくいい曲ばっかなもんでね~。そうだ、公式サイトにも行ってみたんですがね、テーマソングなんてあったのね。平原綾香だとか!(結構好き)さわりだけちらっと聴いてもイイ曲だったので。いやーこれがラストとか流れたらたぶん、泣くな…。
そういえばDSで9月30日に『大神伝』て発売されるんですね。これ…この小ちゃいの…なに?チビテラス?
か…
可愛いじゃないか…!
プロモ映像とか見てみたら、激萌でした…。
いや、でも、一番はアマたんなのよ。でもチビも可愛い。可愛すぎる。
ああまあ、たぶん、買うなこれは…(笑。

鮫の悪夢再び

うろうろするのもやり尽くした感があるので、しょうがないので先へ進みます。難破船か…どうせしんどいんだろうな…。
さて、まず月見櫓で月夜にして潮を引かせてから乗り込みます。ツヅラオもやってきました…乳揺らして(笑。その様が印象的だったのか、わんこ、乳をガン見(笑。
入口が封印されてますが、ツヅラオの札でイチコロです。どうやってついてくんのかなと思ったら背中に乗りやがった。重いんですけど。(実際スピード遅くなる)
扉の封印を解くと、青白い幽霊?みたいなのがふあ~っとやってきます。まとわりついてくるんだ。そこで札を奴らを筆しらべで結ぶと退治できます。妖怪牙落とすのね!ウハウハです。
宝箱を回収…なんだけど、おい…中にミミックが紛れてるじゃねぇか!一閃するとはした金を落とします。小判くらい落とせよくそう。その先の通路は罠だらけ。ちょっと!竹槍が飛び出してくるじゃないか!(怖 先端がちらっと見えてるからいいものの、爆走したら確実に串刺しですよ。危ないな!なのでそろりそろりと進みます。すると広い部屋に出ました。真ん中に骨が山のように積み上げられてます。…すると、いきなり出てきた妖怪と強制戦闘。二郎丸・三郎丸という…ザリガニ系?(笑 でもこいつらそれなりに強い。ツヅラオの札で結構ダメージ与えられるんだけど、それに気づくまでにそれなりに喰らった。くっそぅ…ザコ相手にダメ喰らうってそうないのにな。
やれやれと先へ進むと、天井に穴が空いた部屋に出ました。星空が覗いています。クローバーもあったんでいそいそと掘る。しかしここで行き止まり。どうすんべ…(と攻略を見る)ああ、夜空に光明を使うのか。て、水が戻っちゃうんだけど。いいのかな。
潮が満ちてあちこち水没。来た道を戻ります。するとさっき戦闘になった部屋にて、また出てきたよこいつら。あれ?なんだその某特撮モノのような合体ポーズは?
ってこれって鮫!?
…一郎丸というそうです。ちょっと~聞いてないわよ~(マ○コ・デラックス風に)
しかし不利だよ!足場が危ういよ!樽は3個浮いてるんだけど、無論それで足りるわけはないので急いで蓮を出す。しかしその間にも鮫のタックルで結構ダメを喰らう。ここでもツヅラオの札が有効だということに(ry
…討伐時間が『凡』喰らいました。くそう…。
最初の宝箱があった部屋に戻ると、樽がぷかぷか浮かんでます。そこから上に上がると隣の部屋に。大砲があるけどね。とりあえず今は関係ないので、その奥の通路へと進みます。道中の宝箱も逃さずゲットする。そしてさらに奥に行くと、なぜか大入道が襲ってくるんですよ!!
ここかなりびっくりしたというか、「ちょ、待てオイコラ!!」な部屋でした。一度落ちたんだっけか。それでも容赦なくでかい手が襲ってくるもんで、かなり焦りましたよ。しまいには手を足場にジャンプする始末(笑。蓮に乗ってても手に触れると消えちゃうんだもんなー。それでもまあどうにか通路に上がれまして、とりあえず奥に進めばいいんだけど、最奥まで行っちゃうと行きすぎなのね。途中、縄に下がってる樽があるのですが、その縄を切って、樽をフックに引っ掛けないといけない。要するに隣の部屋にある樽と同じ状態にするんですよ。天秤ですよ。
しょうがないので襲われつつ戻って(一度通れば避けるのは簡単だけど、でも心臓に悪い)樽を落として乗って、まあ玉乗りの要領ね。でめでたくフックに繋げまして。
そして隣の部屋に行って、月光で再び夜にして水を引かせて。余談ですが、この後また隣に戻って棘のある樽でさっきの大入道(顔だけになっている)を轢き殺すと幸玉50貰えたそうな…。
ここ、宝箱にはぐれ珠があったからまた来れるんだろうけど、もういやだな…(本音。まあ強くなってからまた来ます…。
で、つりあった樽に乗って上の通路に上がるわけですが。ここでやたら苦労したのはワタシだけですか。
天秤だからね。一方に乗ったら沈むんだよ。そこからジャンプしても届かないんだよ。何度かやって、こちら側の樽が一番高くなった瞬間を狙って飛び乗ってすぐにジャンプしてどうーにか上がれました。
で、また隣に戻って大砲のあった部屋を目指す。的の扉が3つありますが、無論全部に当てていきます。紋章のあるところに輝玉置いてどっかん。砲身に乗って角度を調整。まあ上から行きましょうか。命中させて、そこへ上がるわけですが…これでもまた苦労しました。足場がね~!水郷で鳥居のあるとこまで上がって、そこからやや離れた足場へ移るんですが、距離感が掴めなくて苦労しました。奥行きが判りにくいよなぁ。
で、真ん中。これもねぇ…、普通に上がれなくて苦労しましたですよ。あれだね、『神空』での二段ジャンプは壁とかに近づきすぎると失敗するね。
一番下に破魔矢鍵がありまして、お化け錠前を壊して先に進む。封印を解くとまた幽霊?そういえば一番最初もなぁんか見覚えのある奴がこっちの邪魔してくれたな。あれって女郎蜘蛛だよな?でもってここではヤマタノオロチ?
めでたく宝物庫に到着したわけですが、ここでもミミック多し。ムカつくので一閃する。宝箱には『打ち出の小槌』が入っておりました。ツヅラオの求めるものはなかったわけね。
さぁじゃあ帰ろうかねと外に出た。ツヅラオ乗せておぶおぶ泳ぐわんこがカワイイ。するとそこへ水龍来襲!さっさかと逃げてったツヅラオ(ひどい)、取り残されたわんこは水龍にぱっくんちょされました…。
でも気がつくと浜辺に。飛び出した小槌を追いかけて西安京貴族街・宝帝の屋敷まで来ました。門の右手に空いていた小さな穴に、小さくなったわんこが飛び込んでいきました。
小さくなったわんこ(1/1000)の前に、逆にでかくなったイッスン。まあわんこが小さくなっただけなんだけど、紹介んとこに『(倍率1000)』だっけかな?ってあって笑いました。

というところで今回は終わり。

ぼいん

取りこぼしはないかな~ないかな~とうろうろしております。賽の芽付近に宝箱『太陽のかけら』があるらしいので行ってみたら、穴掘り大名地面でした。貰った!と思ったら何やら紫色の煙がもわもわ…すっげ怪しいんですけど。これ、どうやら寄り道らしい。なになに…羅城門10ラッシュ??百連戦?これもはぐれ珠ですか。ちょ…少なくとも今達成できる気がまったくしないんですけど。判った、保留だな。
うーん…じゃあ話を進めるか。竿を買ったのでベンケイのとこへ戻るのです。また釣りゲームか。待てよ…生きた刀?で、釣り?ひょっとしてそれって、太刀魚?(笑
そしたらその通りでしたよ。しかしベンケイは釣りに目覚めたモヨウ。そしたらここで釣りができるようになるのかな?
橋も架かったので先へ。貴族街か。女王ヒミコに代わり、摂政のツヅラオという尼僧が説法を説いているらしい。会いに行ってみると、とても尼僧とは思えない格好の女性がいました。いや、頭巾とかいいんだけど、そのダイナマイツな胸元(笑 イッスンも思わずガン見(多分。
わんこがアマテラス大神だと言っても信用しないので、適当に筆しらべ(燃やしてもよかったんだけど普通に一閃)。信用してくれたようだ。何やら頼みごとしたそうだけど。さりげなく探し物を口にしたりして、うまいなこのオネエチャン。
魔除け札?はてどこにあるんでしょうかね。とりあえず先に進んでみましょうかね。
突き当たりの建物(ヒミコ在住)へは通してもらえない。しばらくうろついて、右手に怪しい霧が出てきてる屋敷があったので入ってみる。するとそこは宝帝の屋敷らしい。門番の話から、カグヤという娘が捕らえられていることが判る。カグヤ…竹取爺さんの話に出てきたな。
札は門の右手にちょこんとありました。くわえて戻ると、ツヅラオさんから難破船に宝探しに行かないかと持ちかけられる。ヒミコのために、神器『キツネ管』を探したいらしい。
…キツネ管?が神器??そんな神器聞いたことない。怪しいと思うのは思い過ごしですか。
ともあれ、また月見櫓に登って月夜にせなならん。そういえば、イッスンにさんざん馬鹿にされて悔しかったので練習しました(笑。最初の位置からやるとすこぶる簡単に上がれました。近づきすぎてたんだね…orz


もうしばらくうろついてから難破船行きます。まだまだ掘ってない地面が多すぎる!
プロフィール

chimosan

Author:chimosan
かゆいところに手の届く人生って理想じゃないですか?


連絡先:kaorumarginal☆yahoo.co.jp(☆→@)

最新記事
名言

地球の名言 -名言集-

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

クリックでエサをあげられます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。