スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく行きました

かねてより行かなきゃ~行かなきゃ~と言い続けていたドルムキマイラ戦。ようやく重い重い腰を上げて、行ってまいりました。
真ガル数回行きながらね、FCメンバさんに今度一緒に行きましょ~よ~とコナかけてたんだけど、なんかねーイマイチ「じゃあ今から行こうか!」な感じが薄いのよね(笑。まあ、ドルムキマイラはCFとかじゃなくて一応FATE形式なので、全滅したら各ホームポイントまで飛ばされて再び現地集合みたいなめんどさもあるので…仕方ないのかもしれない。
モードゥナとかでシャウト見るからそれに乗っかるか、いっそ自分で叫んでみたら~とも言われてたんだけど、ほらシャウトなんてやったことない(シャウトに乗っかるのすら尻込みしてたのに)んで躊躇するわけですよ。人見知りちゃんとしては(笑。
一応の予習(文字攻略&動画)はしたのでいつでも行けるっちゃ行けてたので、まあできたら知り合いと行きたかったんだけど、このままうだうだしてても延び延びになるだけだと腹をくくりました。
モードゥナ行ってシャウト待ってたんだけど、バハムートとかの募集ばっかでなかなか見かけなかったので、一番手近なエーテライトのあるドラゴンヘッドにて待つことに。
しかしないんですわ。この前見かけたんだけどなーと思いつつ、ふと、『掲示板』という言葉が飛び交っていることに気づく。
でそれがどうやら新たにメニューに加わった項目(『コミュニケーション』内にあるパーティ募集)と知りまして、開いてみたらばああ確かに掲示板だわこれは。
いわゆるPTメンバー募集を集めたとこなのね。目的とか募集ジョブとかどんな感じのPTかとかまで結構細部にわたって項目が検索できる。ほう。
しかしねー、ここにもなかったんですわ。
そんでまたしばらく待ってみたんだけど来なくて、ええいもういいわだったら自分から行動起こす!
というわけでまず掲示板へ募集要項を載せる。ついでシャウトってみる。
そしたら10分経たずに来た来た。まあ、DPSだけちゃっちゃと集まっちゃうのはもう宿命としか…(笑。
それからしばらく待ってて、DPS枠で来た人が「来ないようなら自分戦士で行きましょうか?」とか言ってくれたり…(ノ∀`)ありがたいよー
それとか「知り合いの学者さん呼んだから!」って言ってくださる人とか。うぅ嬉しい。
結局その後立て続けに回復さんと盾さん来まして、中には「お手伝いに来ましたー」って仰るナイトさんとか…。皆さんいい人ばっかり!
というわけでめでたく8人そろいまして、現地集合と相成ったわけでございます。
クルザス北の聖ダナフェンの落涙って半洞窟的な場所。行ってみると、何だか同じFCな方々がぞろぞろと…w
身内で固めて来はったのね~と思いつつ、何だかぼっちっぽい竜騎士さんとかも見る。
PTメンバーが揃うの待つ間に観察してたんだけど、どうもその竜さん、メンバー募集しようかなとか思ってるみたい…。
そのうちにメンバーも来たのでそろそろ行きますか~と思ってると、ぼっち竜さんからtellが来た…。
ってアナタ、英語じゃないですか。
そういえばこの人、メンバー募集も英語でしてはった。なんで日本語サーバーに来てるんだw
当然だが英語で話しかけられた。
まあ、簡単な文章でしたけども。中学いやたぶん小学生でも判るようなね、だからこっちも何とか返事できたんですけど。

これからFATEに行くのか?って訊かれて 『yes』
パーティはもう定員いっぱいか?って訊かれて 『yes,sorry』
わかった、FATE楽しんでくれ!って言われて 『Thank you!』

どうよこの簡素な会話(笑。これくらいしかできないからしょうがない。
こういうときなんだろうな、英会話習おうかと一瞬真剣に考える瞬間って。
とまあ、そういうこともありつつドルムキマイラ戦がスタートしました。メンバージョブ的には、ワタシ含めて竜二人・詩人・ナイト・戦士・モンク・白・学者という、バランスのとれた構成。
この敵は範囲攻撃の鬼で、特に氷結の咆哮というのが厄介なのでそれをスタンないし沈黙で止めることを最優先とします。しかし他のもそれなりに厄介な範囲があるので、そっちとかにもスタンとかしてるとレジストするようになってしまうので、最小限に留めておかないとならない。
3回くらい全滅して、最後は白いない学者いないなかで何とかミリまで追い詰めたとこに氷結喰らってワタシ死んで(笑、またダメか…ってとこでナイトさんが踏ん張って倒しはった!
お手伝いで来てくれてしかもフィニッシュしてくれた…!なんていい方!!(感謝
「最後HP101とかだった~」とか笑いながら仰ってたアナタはイケメンでした…(ノ∀`)
というわけで、どうにかドルムキマイラ戦終了しました。いや~。長かった、そしていろいろと頑張れた一戦でもありました。


その興奮も冷めやらぬなか、この後アムダ行きました。
レリック武器クエで、ドルムキマイラ終わったらアムダプール行けということなんですよ。
これはまあ、ちょうどFCメンバが手すきだったので行ってもらいました。8人かと思ったら4人だった。ワンダとかと同じなのね。
最初、初見だからCFはちょっと怖いなぁとか言ってたら、パッチ後難易度が下がってるって言われて。そしたらいいかなぁ、とりあえず動画見て予習してから…と思ってたらメンバの人が今から行こうよ~って。その人かなり酔っぱらってたけど(笑。
そんで向かったんですが、中ボスとかろくに説明されないまま「まあ行って一度死んだら判るからw」だけで突撃。
親切なメンバ持って幸せだよあたしゃ(笑
それでも特に死なずこれたのは、やっぱり難易度が下がってるせいもあったのかなぁ。初見のワタシでも、道中の敵の少なさは感じたので。
ラストのボスでは流石に一回死にましたけど。攻撃がちょっとよく判らないなこいつ。
死んだまま終わってなかなか蘇生してもらえなかったので「たしけてー」とお願いして生き返らせてもらいました。
ここでゲットできる武器はダークライトなのでワンダと同じ。もういらないです。
ここまで来てようやく、ゲロルトのおっちゃんは槍をそれっぽい形にしてくれました。でもまだ何かが足りない、そこらへんはおまえの竜騎士の勘で何とかしろ、まずは試しに使ってみろやとか無責任なこと言われましたが、一応ゲイボルグの形した槍をもらいました。
その名も『未完のゲイボルグ』。
形になるということはいいことですね。あーゲイボルグ背負ったらこんな感じなんや…!
ちょっと写真撮ろうかと思ったけど、どうせならちゃんとした完成品をお披露目したいので我慢しました(笑。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chimosan

Author:chimosan
かゆいところに手の届く人生って理想じゃないですか?


連絡先:kaorumarginal☆yahoo.co.jp(☆→@)

最新記事
名言

地球の名言 -名言集-

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

クリックでエサをあげられます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。